2017年4月19日 (水)

4月15日(土)  秦野戸川公園チューリップフエア

 

        秦野戸川公園チューリップフェア  10万株

        平成29年4月10日~17日

 

Dsc_0311

 

 昨年(平成28年11月) 多くの小学生がチューリップ球根の根付けに協力

  秦野市北小学校   11月2日   5年     145名

                 11月4日  4年 6年 276名

        西小学校   11月8日  6年     122名

       渋沢小学校   11月8日  2年    147名

       堀川 小学校  11月9日  3年 4年 150名

 

Dsc_0273_2
 この農園だけで5万5千株のチューリップが植えられている

Dsc_0245

Dsc_0303

Dsc_0231

Dsc_0235_3

Dsc_0309

Dsc_0261

Dsc_0238

2017年4月15日 (土)

4月10日 弘法山公園散策

  弘法山公園

 

"弘法山公園"は弘法山、権現山、浅間山の3つの山で構成されている。

 権現山の山頂には展望台があり、ここからのの視野がすばらしい。
秦野市の夜景、平塚や横浜、東京方面の夜景を眺めることができる。

Map_koubouyamakouenenter1

 

権現山 散策

 

個人的に大倉高原に行けない事情が続き

天候も悪く、しばらく大倉高原テント場に行けませんでした。

その間近くの 権現山、弘法山を歩いています。

Img_1152

自宅からバイクで10分。 河原町交差点近くの
駐車場で駐車。 

時間に余裕のある時 電動アシスト自転車にも
挑戦してみよう。 

Dsc_0206

 途中バイクから見える権現山展望台

Dsc_0213

河原町交差点。 奥に浅間山が見える

Dsc_0216

河原町交差点のすぐ目の前に
弘法山公園への入り口がある

Img_1060

弘法山公園への案内表示。
浅間山まで0.5km
権現山展望台まで0.9km
弘法山まで1.7km

Dsc_0222

権現山展望台への登山道入り口
最初から、急な坂が続く

Img_1094_3

細い登山道、厳しい勾配が続く

Img_1148_2

約20分で浅間山へ到着

非常に良く整備されている

 

    4月10日(月)

 

 

  浅間山(せんげんやま)

 

Img_1271

浅間山は桜満開

Img_1302

浅間山駐車場  桜が満開

Img_1084_2

浅間山  夜になるとライトアップ

Img_1291

桜のライトアップ 当初4月10日までだったが

4月16日まで延長

Img_1310_2
浅間山駐車場から少し登ると
権現山展望台が見えてくる

 

  権現山  展望台 桜満開

 

Img_1316

権現山展望台

Img_1235

権現山展望台

Fullsizerender

月曜日にかかわらずたくさんの人が桜を楽しむ
桜 この日がピーク。
翌日は雨になり 桜が散り始める。

Img_1059

晴れの日は 富士山が目の前に

Pic_koubouyamatenbou07
  秦野市夜景

2017年4月 4日 (火)

3月23日(木)~28日(火)  第11 回 俺の丹沢写真展

 

俺の丹沢写真展

 

 期日  3月23日(木)~28日(火)

Dsc_0305_2

場所

ぎゃらりーぜん プロフィール

http://www.hadanogalleryzen.com/index.html

四季を通じてその峻厳な姿が美しい丹沢の山なみを背景に、
日赤病院に隣接する数店の薬局。
ぎゃらりーぜんは、15周年をむかえる十全堂薬局南が丘店
の2階にあります。
再開発で、都市部や周辺地域から移住された方々や、日赤へ
通院の方々、市内及び周辺市町村の方々に様々なアート
をお楽しみ頂いております。

全ての人々が、自身の心のフィルターを通して、発見する喜びを体感し日常の中の非日常のひとときに心を開放してほしい。
そして、新しい何かを得て帰路に着く。
日常の中の非日常のひとときに心を開放してほしい。
そして、新しい何かを得て帰路に着く。
そんな出会いと発見の場となることを願っています。

その思いをテーマに、下記、様々な展覧会を企画、開催してまいりました

                                                                                                                                        
展覧会開催例
  絵画作品個展、グループ展 (油彩、水彩、水墨画、絵手紙、ミクスト
     メ デ ィア等)  彫刻展 
 
  写真展 (丹沢、世界の山、日本の山々、世界の波、Mexico、
  工芸展 (陶芸、木工、漆芸、染織、硝子、金工等)
  民芸展 (Mexico)
  植物展 (植物造形、山野草、苔球
  古美術展
  蚤の市
                            
  〒257-0017
秦野市立野台1-2-5 十全堂薬局ビル2F 
0463-83-4031

Dsc_0334_2

Dsc_0018

     写真展見る人達

Dsc_0153
    
写真展を見る人達

    参加者          

                                                                     

  

原永昌 ・ プロフィール 
1932 山梨県に生まれる。 茅ヶ崎市在住
1998 山岳写真家の岩橋崇至写真自然塾に入門
北アルプスや丹沢を中心に撮影している
2006 写真集「丹沢四季光彩」(山と渓谷社)
2012 銀座の写真弘社で丹沢写真展を開催
2013 二冊目の写真集「丹沢夢風景」(山と渓谷社) を刊行

 

Dsc_0119_2

        トウゴクミツバツツジ

             塔の岳 北西斜面

          2005年6月

                                                                       

 

 

山口喜博 ・ プロフィール
1932 千葉県在住
現在、山岳写真集団   「檜」 の会長
メンバーの中では一番精力的に山を歩き、撮影山行でも
誰よりも早く起床
夜明け前の星空を撮りに行くこだわり派
登山、撮影と同じくらい   「化石掘り」 にもはまって、年間に
度々   「久慈」 へ足を運び、三束のわらじ・・・で活躍中

Dsc_0036

        満月と富士山

                                                                                                                   

 

 

荻野和好・プロフィール
1940年 愛知県新庄市に生まれる。 平塚市在住
故郷は、小学校、中学校全校生徒50人に満たない山で育つ
カリキュラムの中には、炭焼きの授業もあった
この山が、私に強い足腰と、強靭な精神を育んでくれた
山は、医療では治らなかった糖尿病を治してくれた。 山さん、ありがとう
山育ちの私は、小、中学時代に薪背負い等で鍛えた足に多少自信があった
現在の住まいの近くには丹沢山があり、、年間50回は登った
山の魅力にはまり込んでいったのには、子供の頃の故郷での日々が重複している
仕事を持っているので、登山は常に1人旅
山行は、私にとって60才過ぎての青春でした
山に向き合い、写真を撮り始めて10年。作品発表は初めての経験です
山は青春   山は心の栄養  山は故郷

Dsc_0114
    俺の、私の、丹沢

鍋割山稜   1340m
この美しい山稜 多くの登山者の心を癒したことだろう

    2016年 11月

 

加藤靖夫・プロフィール

 

1939年 東京に生まれる。

座間市在住

1963年 東京大学工学部電子工学科卒業

日立製作所入社、中央研究所にて

電子顕微鏡、電子線応用、電子回路等の研究に従事

工学博士

1999年 定年退職の後、神奈川大学工学部、神奈川工科大学等の

非常勤講師

2004年 岡本美知子氏(写真家)に師事して風景写真を始める

 

主な撮影地 

丹沢、上高地、尾瀬等

「俺の丹沢」には第7回から出展

Dsc_0133
    丹沢湖  秋

  山北超 玄倉 秦野峠林道

 

                                                                                                                   
  平野栄三 ・ プロフィール
1940 神奈川県に生まれる。 茅ヶ崎市在住
題名 丹沢塊の空
撮影 湘南銀河大橋付近の土手
コメント 朝夕の散歩時に、丹沢塊に現れる感動的な雲等を
身近に撮り続けたいと思います

Dsc_0108

 

小田久美子・プロフィール 

 

 神奈川県在住

 丹沢の達人S氏の下で、丹沢のマイナールートを歩き始める

 その後は、山小屋のサポートを勤め、数年前に引退

 現在も、自然公園指導員として丹沢山中を徘徊中

Dsc_0094

      要塞    つつじ新道

      2010年 5月

 

草苅誠蔵・プロフィール

 

1944 (S19)  台湾の高雄市に生まれる。

寒川町  在住

活動歴 

秦野市

  ぎゃらりーぜんにてグループ展     

秦野市

 ぎゃらりーぜんにて個展   

開成町

 あしかり郷瀬戸屋敷にて個展

Dsc_0102

       丹沢遠望
        吾妻山
菜の花がまぶしい、気持ち良い 冬晴れの一刻
吾妻やまからの素晴らし眺望を楽しむ
    2015年 1月

 

                 

 

頼兼一徳・プロフィール  
1945年  福岡県に生まれる。 秦野市在住
2003年  丹沢・大倉御屋根、堀山の家へ荷揚げボランティアを開始 
       カメラ片手に、四季折々の丹沢の風景を撮影
       年に数回、素晴らしい瞬間に出会う
2005年  堀山の家のHPを開設。毎週配信を継続して現在に至る
2011年   大倉高原山の家のブログを開設
       テント場に集う人々との出会いを毎週配信している
 
 

Dsc_0182

        新緑の一本松 

                大倉尾根 一本松  
 雨が上り   霧で幻想的な世界 が生まれる
        2006年 5月                                                                                          

 

 
 

 

 

 

 

 

 

                                                                                               

                                                                                           

     
 
 
 
 
 
 
 
                     
 

2017年3月24日 (金)

3月19日(日) 高原テント場

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

      3月19日(日)

 

 

              登山道入り口 

 

Dsc_0007

Dsc_0005

    サクラの仲間が花開く

 

 

      大倉高原テント場

 

 

     屋根付きベンチ

     初めてのお客さま ?

 

Dsc_0033

丸山さん ここ利用したのは初めて。
横山さんと一緒。

「 ブログ見ています。
  丹沢は行先に困ったら?来ます(笑い)
 ヤビツ峠から表尾根経由で大倉に下ります         」 横山さん

Dsc_0026

   料理を作りながら会話を楽しむ

Dsc_0030
 今日は ゴボウが入った柳川風すき焼き

Dsc_0064
 「  お隣の方にも おすそわけ  」  丸山さん

 

 

 「 どうぞ !」  すき焼きおすそ分け

 

Dsc_0057
    陽一さん

 「 こんなにいただいていいんですか?
     ありがとうございます  」

Dsc_0062
  「 おいしくいただいています 」

Dsc_0077

日本酒大好き。 しっかりお燗しています。
下北沢に住んでいます。 生まれは石川県.。 

「 今日はバスが混んでいて 渋沢駅から大倉まで
  1時間くらい歩いてきました。
            」
  9時半に高原に着いて丹沢山まで行ってきました。
  みやま山荘前は雪で真っ白。当分雪が残りそう。
  去年から山登り始めました。
  丹沢だけでなく、奥多摩も楽しんでいます  」 陽一さん

 

 

 

丹沢はよく来るんですがここのテント場は
初めてです。

「 これほどいいところとは思わなかった 」 

Dsc_0098
「 テントですが 非自立型のテントです。

  持ち運びの軽さを重視。
  寝るスペースは狭いですが、とにかく軽いです」

Dsc_0102_3
組み立てにストックが使われている。

 

 

 

 奇遇です

 私も相模大野に住んでいました

Dsc_0106
        高野さん 

「 鎌倉に住んでいます。 実家は相模大野です」  高野さん

「 実は私も 中学2年の時父親の転勤で福岡県から来て
  2年ほど相模大野に住んでいまし た。
  当時家の周りは畑と森しかありませんでした。
  20年ほど前、懐かしくなって見に行った時, 畑は全くなくなって、
  すっかり住宅地なっていました。
  自分達が住んでいたところ全く分りませんでした 」        頼兼

「 今は 市が管理して森の一部を残し、周りの住民の
  憩いの場になっています   」                高野さん

 

   アルファ米で炊いたワカメご飯

Dsc_0131

 「 ここのテント場は何回か利用しています。
  今日は会社の仲間4名と一緒に塔ノ岳に登ってきました。
  雪解けで道が悪く丹沢山まで行けませんでした。
  彼らは帰って私一人が泊まりです。
  明日朝 妻が登ってきます。 明日また登ります   」  

  今 食事今終わったところです。
  アルファ米で炊いたワカメご飯に干しホタテとサケ茶漬けです 」

 

 

 

今年も

第11回 俺の丹沢写真展

           開催しています

 

期日  3月23日(木)~28日(火)

時間  10時~17時

場所  ギャラリーぜん

 

 山男+山女 8人衆 丹沢を撮る

 

石原永昌  萩野和好   小田久美子  加藤靖夫

草刈誠蔵  平野栄三   山口喜博   頼兼 一徳

 

 

Dsc_0305

Dsc_0334

 

今年は8点 出展 いずれも荷揚げした時に撮影した写真です

 

170_200526_010

2005年 1月 吹雪の時に撮った写真です  一本松

     (8作品の内の一点です)

1703232_1024x770

3月23日(木) 会場で展示写真の前で
大津さんが撮影してくれました。           頼兼

2017年3月17日 (金)

3月11日(土)  高原テント場

 

  写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

        3月11日(土)

 

Dsc_0230

大倉高原山の家
小屋前 丹沢の門のすぐ下にある
ヤブツバキが花開き始める

 

   高原テント場

 

 

北海道の山へ行きます

 

Dsc_0247
登山グループの男女4人

北海道で初めての縦走登山を計画 
経験を積むためテント張りにきました。

Dsc_0231
それぞれ持ち寄り、いろんな料理を作る。

Dsc_0250
男性が作って持ってきたマカロニポテトサラダ。

Dsc_0263
うどんも持ってきました。後で煮込みに。

Dsc_0266

「 私達のテント。 まだ経験が浅く
  張り方に慣れていません    」男女4人組

 

 

向こうに見えるテントは素晴らしい

 

Dsc_0270

「 向こうに見えるテントの張り方はプロなみ。

 経験豊かな人。あのように張りたい 」 男女4人組

 

テントまで歩いていくと

 

Dsc_0297_2

タープとテントの組み合わせ。
張ったのは、実は小泉さんでした。

「 小泉さん 向こうの方達がテントの
  張り方がすごい! と言っていますよ 」 頼兼

小泉さん 話を聞いて恐縮、
「 いろんな所に張って、確かに慣れています 」と苦笑い。

 

クラッシック音楽聞きながら楽しそうに料理作り。

小泉さん 今日はパスタ作り

 

Dsc_0277

騰しているお湯に、パスタを入れます。
入れる時は放射線状に広げて。
「 折って持ってきたほうが楽なんだでど
  パスタらしくなくなるから ! 」
パスタどうしがくっつかないようにかき混ぜます。

Dsc_0282

茹でたお湯を注ぐ。 しっかり道具を持参。

Dsc_0294

デミグラスソースのハンバーグを入れる

Dsc_0299

バターで仕上げたポテト&スイートコーン付きです。

 

 

今年も

第11回 俺の丹沢写真展

           開催します

 

期日  3月23日(木)~28日(火)

時間  10時~17時

場所  ギャラリーぜん

 

 山男+山女 8人衆 丹沢を撮る

 

石原永昌  萩野和好   小田久美子  加藤靖夫

草刈誠蔵  平野栄三   山口喜博   頼兼 一徳

<

 

 

Dsc_0305

Dsc_0334

2017年3月 9日 (木)

3月4日(土)  高原テント場

 

   写真クリックすると、画像大きくなります  

 

       3月4日(土)

 

丹沢ベースを過ぎて観音茶屋手前

 

 

17030476_1024x681 
若林さんと大津さんにお会いました。
「 観音茶屋で待ってたんだよ!  」  大津さん撮影  

 

2月11日付のブログに以下の書き込みがありました。

 

高原テント場へ行く途中、お会いしました

Dsc_0007

友人と高原へ向かう 斉間さん 

 

「 どちらに?                             」   頼兼
「 大倉高原山の家に予約しています   」  斉間
「 ひょっとしたら ブログに書き込みされた方ですか?
                ブログ担当の頼兼です    」 頼兼

「 そうです。 仲間6人と一緒にテント場で宴会します。
  テント泊は4人、 私達二人は小屋に泊まります」  斉間

 

 

      高原テント場

 

Dsc_0024
佐藤さん親子   カナブン(金井)夫妻

カナブン夫妻に会うのは久しぶりです。

「 今 山小屋「 花立山荘 」を手伝っているので
  普段は土・日は高原に来れないです。
  初めてテントを購入。初テント張りで高原にきました 」 カナブン

「 今年もボッカ駅伝出場?  」    頼兼

「  ボッカ駅伝今年から出ません。

  花立山荘の 「 チーム花立 」 も不参加
  30回連続出場した高橋 守さんも引退するそうです 

  守さんには 花立山荘への荷揚げでは今でも勝てない  」  カナブン

 

Dsc_0032

「 どうぞ !  」 
 カナブンが焼いてくれた焼肉 おいしくいただきました。 頼兼

「 大津さんに会いました?       」  、カナブン

「 先ほどこちらに来る途中で会いました」  頼兼
  テント張っているので、明日もきてくださいと伝えてください」カナブン
「 メールしておくけど 大津さん明日仕事じゅないかな?」 頼兼

 

   狸に食材取られた人 ?

 

Dsc_0038

「 この間 テントで狸に食材取られて
  具のないラーメン食べたんだって?
  大変だったね。 ブログで見たよ!      」 斉間さん

 初対面、斉間さんの突然の問いかけに、びっくり慧君。 苦笑い。
「 慧君 一気に有名人、全国区だね!     」  頼兼

 

         宴会

 

去年の11月に初めて会った、同じ趣味のツイッター仲間です。
今日は高原で宴会やることになりました。 

Dsc_0083

斉間さん達も到着。 寒さ対策。
冷たい風を防ぐ防寒シートに包まる 

Dsc_0068

先に到着した仲間は山のべゲラン。
いろんな料理を作って、準備していました。         

Dsc_0069
鶏ガラ かつおでダシをとり

キムチ鍋 を作ります 

Dsc_0103
火力アップのため ガスに圧力かけています。
中味は ホワイトガソリン。
精製された純度の高いガソリン。
氷点下でも火力が落ちない。
6~7時間は持つ。冬など鍋をやるときの力強い味方。

Dsc_0187_5

早く来てお昼頃から焼肉やっていました。
食べきらないお肉がまだ一杯。

Dsc_0130

たくさんの魚介類の入った豪華なアヒージョ。
オリーブオイルを入れてニンニク風味。

Dsc_0150

ワインもあります。ウイスキーもウオッカも。
コップ代わりのお茶碗で。

        「 乾杯 ! 

Dsc_0159

 ブログを通じて知り合った仲間、初対面の人も。

Dsc_0125_2

      キムチを入れる

Dsc_0135

キムチの出来上がり。

「 ニラ セロリも持ってきています。薬味でミントも」

Dsc_0169  

「 おいしそう!
 早速いただきます  」 斉間さん

Dsc_0218

  もう一人のブログ仲間が到着 。

 

 

  飯能から来ました

 

Dsc_0216

「 ここのテント場を調べている時、このブログ
 インターネットで見たことあります」 松田さん

Dsc_0200
   松田さん

埼玉県 飯能から来ました。
西部池袋線で2時間くらいかけて。
午後3時過ぎに高原テント場に到着。

「 二年前にヤビツ峠から塔ノ岳に登り
  帰りに高原寄ったことあります。
  当時はテント持っていなかったので
  ここでのテントは今日が初めてです。

  生まれは大阪。富田林、金剛山のあるところです。
  二十歳ぐらいに上京。 6年ほどになります     

「 周囲は山には興味あるけど 装備揃えるに大変だと
  登山仲間は少なく、単独行が多いです       」  松田さん

Dsc_0207
慧君が現れる。

「 この子、この間テントで狸に食料盗まれたんですよ!」 頼兼
「 狸捕まえる罠を家に忘れてきた。今度は忘れない 」 
                         リベンジに燃える慧君。
「 捕まえて 狸鍋だね !  」      頼兼

     アニメ    「  やまのすすめ  」

「 登山は3年前から始めました  」 松田さん

「 もともと山は好きだったんですが、 たまたま見た
  アニメ 「ヤマノススメ 」に影響受けました。
  女の子達が山の基本から始める登山アニメです」

      注
      人気イラストレター”しろ”による
      女子高生による登山をテーマにしたアウトドアアニメ

 「 登山回数まだ少ないですが 北アルプス 一番初めに劔岳に
     登りました。 厳しかったですが今まで見た山の風景と違って
     素晴らしかった。
    一緒に登った大阪の友友達は レインジャー部隊員で
  めちゃくちゃ早く後に付いて行くのが大変でした       」  松田さん

2017年2月28日 (火)

田口さん3000回登頂記念写真

所要で2週間 大倉高原テント場に行けませんでした。

  田口さんの塔ノ岳登頂3000回お祝い写真を作りました  

                                        頼兼

過去配信

       田口さん塔ノ岳1000回登頂記念

 クリック  http://www.horiyamanoie.com/topics/taguti%201000/inforep.htm

       田口さん塔ノ岳2000回登頂記念

 クリック  http://www.horiyamanoie.com/topics/taguti%202000/inforep.htm

 

 

3000

 

 

              この写真は3月4日以降

                            堀山の家通路側外で掲示

                            観音茶屋内に保管します

2017年2月16日 (木)

2月11日(土)  高原テント場

  

 

  写真クリックすると、画像大きくなります  

 

        2月11日(土)

 

       丹沢ベース

 

Dsc_0003

塔の岳から下りてきた若林さんにお会いしました。

「 頂上よかったですよ。 雪2㎝ほど積もっていました 」  

「 登頂時間 大倉バス停から頂上まで2時間25分。
  2時間半切ったのは初めてです                         」

「 途中 日高さんにお会いしました。元気でしたよ.。
  病気等、いろいろあったそうです。
  30分ほどお話しました                         」        

  お互い健康のための山登り確認。

Dsc_0007
表尾根が白く輝く

 

     大倉高原

 

Dsc_0041
テントは6張。 先週の雪がまだ少し残る

Dsc_0036_2
千葉県からこられた横山さん

「 50歳の節目を迎える前に、自分の体力が不安で
  山に登るようになりました。千葉県の舟橋山岳会に所属
  登り始めて2年ほどになります                」

「 今日到着、高原でのテントは2回目です。
  明日はここにテントを置いて 蛭ガ岳まで行く予定です。
  丹沢方面、雪でラッセルが必要だったら塔までで戻ります 」

「 ネットで屋根付きベンチが作られたのを見て
  どうなったんだろうと楽しみに来ました      」

Dsc_0016
 昨年12月10日に作られた屋根付きベンチ。
 雨の時に活用してください。

「 夏山で北アルプスや南アルプス長期縦走の時、
  テント泊することあります。
  危険な箇所があるところは山小屋で。       」

 「山のいいところは 全く知らない人と話せるところです。
  別れる時 またどこかの山でお会いしましょうと
  名前も聞いていないのに (笑い)           」

「 今の世の中すれ違う人とこんにちはと言うのは
  山でぐらいでしょうか?                   」

 「 丹沢はトレーニングコースです。今回のテント泊は
   寒さ対策のいい経験になります             」
   
   再来週 八ヶ岳に行く予定です 山岳会リーダーの判断で
   危険だと引き返します。 私は参加しなかったんですが
   1月に硫黄岳に行った時 風が強くてリーダーの
   判断で引き返したそうです                」

Dsc_0047_2
16:49

Dsc_0053

岩田さん       丸山さん  横山さん

初めての横山さんにいろいろ質問しながら楽しい食事。

「 丸山さんとはバスで一緒になりました 」 横山さん

「 今日もモンベルの会員券で観音茶屋でお汁粉と
  コーヒー飲んできました。

  モンベルで買い物して会員権券をもらい
  確か1000円 ほど払うと利用」できますよ    」 岩田さん

Dsc_0062
佐藤さん親子到着

「 今日マラソン大会に出たよ」  聡君(1年生)

 1年生と2年生のグループは40人ほど出場。
 順位は11位。 距離は2km 6年生は4kmを走る」 聡君

Dsc_0073
佐藤さんさっそくテントの設営に入る

 

     

     狸に食材盗られた

Dsc_0089

2月5日(日) 未明

「 テント内でガサゴソ音がして、見ると何と狸が
  入ってきて餌を盗んでいた。                   」 佐藤さん
「 ハムとかパン・ ココアも。ラーメンは取り返したけど
 狸にとられ食材なしのラーメンだった。                  」 聡君

Dsc_0075

ここに狸の糞があったよ    慧君

Dsc_0071_2

夏目さん 火起こし。  

無駄のない動き。 素早く火起こし、コーヒーを入れてくれました

「 最近は 餌を探して狸がうろうろ。  キャンキャンと鳴いているよ。
  餌があると覚えられたからガンガン来るよ。 」   夏目さん

Dsc_0098_2

中山さん   横須賀からきました。

テント泊。

「 二か月空けずに来てトレーニングしないと
 足腰の維持できない。
 去年は南アルプス  北アルプスは何年か前に行っています  」

.「 高原テント場は静かでよく眠れます。たまに鹿の声が聞こえる。

 今から食事して午後8時には寝ます。 朝までぐっすり寝る    」

Dsc_0109
17:14

冷えてきました。 現在1℃

Dsc_0115

Dsc_0135
17:20

大島方面、太平洋が赤く染まる

Dsc_0137

夏目さんの労作

小屋からの位置関係

2017年2月 8日 (水)

2月4日(土) 荷揚げ ・ 大倉高原

 

 

 写真クリックすると、画像大きくなります  

 

    2月4日(土)  

 

 

           荷揚げ

 

Dsc_0002

荷揚げ 

今日も天気がいい..。 春を思わせるようなポカポカ陽気。

     
                               丹沢ベース

 

    大倉高原テント場

 

     新しい案内

Dsc_0005
13:46
テントは1張り

塔ノ岳から下りてきた登山者が 大倉方面へ
テント場を真っすぐ突き抜けて歩いて行く、
姿をよく見かける。
大倉方面は左に曲がるように(小屋前へ誘導)
新しい表示が取り付けらえていた。

 

荷揚げ途中 

       一本松付近

Dsc_0013
14:43

塔ノ岳から下山してきた佐藤さん一家と会う。
これからテント設営している高原テント場へ

 

    駒止茶屋でおしゃべり

 

Dsc_0019
15:30
駒止茶屋 大番頭 羽鳥さん

先代から長く大番頭を務め、堀山の家とも長い付き合い。
誰とでも気さくに話す、温かい人柄。 風格がにじむ。

丁度薪にする丸太を担いで運んでいました。  

「 我妻山公園の菜の花見てきたよ。
 丁度見ごろで素晴らしかった。 
  展望台からの富士山もよかったよ      」羽鳥さん
「 Jr二宮駅で下りるんですよね         
 関東の富士見100選にも入っていますよね!」 頼兼

「 川津桜祭り(2月10日~3月10日)二宮駅からも行けるよ」 羽鳥さん

         

「この杖 年期が入っているね! つるつるで 」 羽鳥さん
「 ストック代わりです。 荷揚げにもう4年使っています。
  夜下山する時など、転倒防止にかかせません 」  頼兼
「 今から堀山の家だと 今日は泊まり?      」  羽鳥さん

「 いや日帰りです。 荷物揚げたらすぐ下ります 
   帰りはバイクです。 ホンダのスパーカブ50cc
   夜だと30分ぐらいで自宅に着きます。                      」 頼兼

「 おれも昔 本田のスパーカブ乗っていたよ。
  昔は埼玉の本田工場で作っていた。          

  今はヤマハの50ccバイク乗っているだ    」 羽鳥さん    

 

         堀山の家着

 

Horiyama20170205_008
16:18

 ゆっくり 約4時間かけて荷揚げする。
 以前のように40kg、重い荷は持てない。
 せいぜい20kgが限度。
 しかし荷揚げの充実感は変わらない!

 運び揚げた達成感、多少なりとも小屋に貢献できた
 喜びは少なくない。
 一歩、一歩ゆっくり 歩く。 疲れた所で何回も休憩をとる。
 全身を目いっぱい使ったここちよい疲労感。
 荷揚げの日はとてもよく眠れる。
 気持ちのリフレッシュ。 若返ったような気持ちになる。
 健康のありがたみを実感 !

Dsc_0021
父上薪割り

Dsc_0023

船長熱心に作業

「 頼さん 次の作業に使いたいので砂袋3袋
  くろがねやで購入しておいてくれる?          」 船長
「 金曜日までに小屋ストック置き場に入れておきます 」  頼兼

下山開始

下りボッカ 空のガスボンべを積んで下山開始。

Dsc_0027
17:42

小屋の登山側 壁面。 すっかりきれいになりました。

 

       荷揚げ帰り

 

Dsc_0029

17:32          夕焼け富士

               一本松休憩場

 大倉高原テント場に到着

18:15      

    テントは一張りのみ。 佐藤さん親子は
  すでにテントの中

Dsc_0072
18:30

小屋前から秦野市街夜景。 冬は灯りが鮮明になる

 

      霧氷

 

田添さんから素晴らしい霧氷の写真送っていただきました。

月1日の丹沢は、50年間で初めての素晴らしい 霧氷の華が咲きました。
私も50年通っていて初めて出会った素晴らしい「霧氷」で
感動しました。イギリス人と二人で1日歩いたことに意義がありました。
彼も写真が好きでフェースブックに20枚掲載していますよ。
是非 活用して頂き多くの方に共有し、丹沢の素晴らしさを
PRして頂ければ幸いです。                            田添                                     

Dscf8532

Dscf8596

Dscf8601

Dscf8643

2017年2月 3日 (金)

1月28日(土) 荷揚げ ・ 大倉高原テント場  

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

       1月28日(土)

 

Dsc_0001

堀山の家への荷揚げ  

 

 

   大倉高原テント場

      テント場へ寄る

Dsc_0010

      テントは 5張

 

Dsc_0005
岩田さん

「 今日テントを張ってから丹沢山まで行ってきました。
  今 観音茶屋でお汁粉食べて、戻ってきたところです。

  私 モンベルのメンバーズ会員券持っているんですが 
  観音茶屋モンベルのフレンドショップ見たいですよ
  会員券もっていたら コーヒーが無料になるかも
  しれないですよ                       」岩田さん

「 今度確認してみます 」  頼兼

モンベルフレンドショップ

日本のアウトドア、キャンプ道具で有名なブランドであるモンベル
モンベルクラブのメンバーズカードを提示すると、
割引などのさまざまな優待が受けられる提携施設が
「フレンドショップ」です。

山小屋・宿泊施設/キャンプ場・スキー場/フェリー・
レンタカー・ロープウエー/アウトドアスクール・
クライミングジム/飲食店・土産物店/旅行・ツアー会社 …
など、さまざまな提携施設で優待が受けられるそうです

 

      駒止階段下

 

Dsc_0016

塔ノ岳から下山中の酒井さんにお会いしました。

「 1月29日 戸塚駅伝大会に参加予定です」 酒井さん
 小田原マラソンにも出場しているそうです。

忙しい割烹の店の経営、仕事の合間に
毎週のように塔ノ岳登山、体力作り。
酒井さんの行動力 ・ 元気印にあらためて感服 !

 

       救助ヘリ

 

酒井さん登山中に 秦野警察ヘリによる救助活動に遭遇。
カメラに収めた画像送っていただきました。

11654526thumb

ヘリコプターはホバリングしながら救急隊員を下ろし
救助者を確保

11654520thumb

ヘリコプターへ引き上げる

11654516thumb

遭難者をヘリコプター内へ

 

 

     

堀山の家到着

 

Horiyama20170129_005

堀山到着

 

Dsc_0017

父上 なっちゃんと お茶を飲みながら
小屋としての要望、荷揚情報などやりとり

Dsc_0019

作業する船長

 

 

       部屋完成

 

「 頼兼さん 部屋完成したので 見て!」 金井さん

Dsc_0020
        部屋のドア

平日にも作業。 渋谷さんを中心に船長、金井さん、
斎藤さん、臼井さん等皆さんの力で奥の部屋が完成

Dsc_0021
広さは2畳弱..。 見事な出来栄え。
小屋の仲間として誇らしい !

夏の通気が課題とか!

 

          下山

 

Dsc_0027
17::02

下山中  西の空が赤く染まる
                        一本松付近

 

     高原テント場へ戻る

 

テントは7張に増えていた

Dsc_0031
17:22   

丁度 若い女性が到着。 一人でテント設営の最中

Dsc_0034

 

    高原が頂上

 

Dsc_0040
       勝山さん    北川 さん

 それぞれ 東京  神奈川から来ました。
お二人とも過去にお会いしている方です。
北川さんは頻繁にきていただいているそうです

Dsc_0052 
    会社の先輩、後輩

12時頃きました。 高原が頂上
お二人ともお酒大好き。 酒、ビールを飲み干し
酒が足りないと 大倉まで下りて酒の調達を検討 !

Dsc_0067

17:47                久保田さん

今日も塔ノ岳に登り下山してきました。
「 冬場は 高原が準ホームグランドです。
 下山中、堀山の家にいる頼兼さん見かけましたよ!

 外側から見ると堀山 きれいになりましたね   」 久保田さん

「 中の部屋も完成しました。 今日見てきました。 
  皆が結束。小屋の皆さんに感謝です       」 頼兼

  
 岩田さんと食事。 会話がはずむ。

«1月14日(土)  高原テント場