« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

小屋便り 12月23日 餅つき大会

12月22日(土) 
 
午前中降っていた雨が午後には止んだ。
明日は餅つき 事前準備で もち米を洗いに 
電動アシスト自転車で 餅つき現場まで。

Img_0049_2 写真クリック 拡大
平和橋付近 雨雲が立ち込める

Map4

大倉尾根登山道入口、右のアスファルト道路を
道なりに真っ直ぐ、水無寮から約700mの場所.。
直前まで車で行ける。

Img_0045
餅つき現場到着するとすでに発起人の梶本さんと 
小屋責任者の夏目さんがもち米を研いでいた。
20分ほどで終わる。 二人は明日に備え小屋泊まり。
私は帰宅。
 明日朝8時までに餅つき現場までくることに。
 梶本さんから 「 頼さん、 大根と納豆  紙皿  紙コップ お箸 
            買ってきて持ってきてくれ   」 と頼まれる。
帰る途中の生協の店で 大根、納豆を買う。

          12月23日(日)

          餅つき当日

       12人が集まりました

2
                   夏目さん 撮影    写真クリック 拡大

後列 左から
梶本 頼兼 大津 若林 柴田 日高 平内 梶本 
前列 山谷  西川  涌田

                         

                           

Img_0056_2

クリックしてください  動画がでます

           餅つき始まる 



 
「 大津さん 上手いね 」  柴田さん
「 子どもの頃から 中学ぐらいまで毎年やっていたから 」 大津さん

クリック http://www.youtube.com/embed/KiheZD6m9I4?rel=0"

Img_0093       写真クリック 拡大

若林さん。 先週初めて「 大倉高原山の家」でお会いました。
ブログにも登場。 
「子どもが保育園の頃よくやりました。また 餅つきやってみたい」
 なんと今日は埼玉県川口市から参加してくれました。
皆の会話が楽しい!
クリック http://www.youtube.com/embed/2oC9xC9kSXc?rel=0"

Img_0077  写真クリック 拡大

西川さん(左)

「9月末に 塔ノ岳で初めて梶本とお会いました」
 梶本さんと同じ年。昭和24年生まれ。
「梶本さんが12月に高原に新しい小屋のベンチを作った時、誘われましたが、
会社の仲間と他の山に行く計画があり、行けませんでした」
梶本さんに誘われ、本日参加。 

  クリック  http://www.youtube.com/embed/fkLlMqqZOkM?rel=0"

     餅つき大会発起人 梶本さん

Img_0061
ついたお餅をまるめるテーブルをあっという間に作る
必殺の職人技。

Img_0214
梶本さんの車に積まれた臼や台
道具のほとんどを一人で調達。 

クリック   http://www.youtube.com/embed/TvYiFQpTHfI?rel=0"

Img_0095 写真クリック 拡大

夏目さんつきあがったお餅を臼から取り出す。

クリック    http://www.youtube.com/embed/pmNreYiQd5E?rel=0"

Img_0159 写真クリック 拡大

編集長ヨリが職場のボランテイア活動で知り合った柴田さん。
初参加。 アドリブ連発、時々脱線気味も、座を大いに盛り立てる。
最近時々大倉屋さんも出没。

クリック   http://www.youtube.com/embed/d-xMNAqnUJM?rel=0"




小屋責任者の夏目さん。 随所で実力を発揮。
夏目さん、梶本さん 呼吸ぴったり 見事な返し。

クリック       http://www.youtube.com/embed/tokvyLR57JY?rel=0"





夏目さん 臼に残ったもちを、梶本さんが応急で作ったへらでそぎ落とす

クリック      http://www.youtube.com/embed/KvMhlwPBBTM?rel=0"

Img_0105              写真クリック 拡大

山谷さん  大倉高原山の家とは古くからの付き合い。 
今回梶本さんの声かけで参加。
餅つき全体への気配り。先々に動いて手伝う。
言葉は少ないが動きに無駄がない。仕事師の風格。 
蒸しあがったもち米を臼に移す。

クリック     http://www.youtube.com/embed/3xK2Es_RNG4?rel=0"

Img_0142

若手二人(梶本さん 、平内さん)到着。
平内さんは友人。 ジョーク掛け合い絶妙コンビ。
二人が来て、餅つきが一気に進む。 

クリック        http://www.youtube.com/embed/PUvaRqAJUo0?rel=0"

Img_0198   写真クリック 拡大
涌田さん 
紅一点。参加していただき 餅つき大会とても華やかになりました。
細かい気配り、やさしい人柄。伸ばし餅作り 子供の頃の思い出語る
  クリック   http://www.youtube.com/embed/EKClLRhI7B8?rel=0
"

梶本さんの息子さん。 パワフル  皆びっくり 先発完投型だ!

  クリック      http://www.youtube.com/embed/8bhV4FWxAj8?rel=0"

 

Img_0172    写真クリック 拡大

日高さん 「 いい音だ! 餅つきの音を聞くと 
正月が近づいてきている感じがしますね!」      
クリック     http://www.youtube.com/embed/VJvLVzo5Puo?rel=0"

Img_0086 写真クリック 拡大

きめが細かくて おいしい!
  クリック         http://www.youtube.com/embed/qZFYFjzH4PI?rel=0"

西川さん       「 醤油をつけて 焼き餅もおいしいですよ!」 "

梶本さん 餅つきの一番大事な腰の基本動作を披露             http://www.youtube.com/embed/J0FZhFRMM9c?rel=0"




親子で餅つき
クリック       http://www.youtube.com/embed/GjFmA9nx4kM?rel=0"

最後のもち米、蒸籠(せいろ)へ
クリック       http://www.youtube.com/embed/SWELm5Ly0mk?rel=0"

最後の蒸籠の蒸し上がりを皆で待つ
クリック        http://www.youtube.com/embed/mQqZPnCHcFU?rel=0"

宮内庁ご用達 高級よもぎの香りが・・・
              http://www.youtube.com/embed/OeEOe4IzZiU?rel=0"
クリック




日高さん

クリック        http://www.youtube.com/embed/DentbipJWM4?rel=0"



涌田さん

  クリック          http://www.youtube.com/embed/t3tUspflwH0?rel=0"



よもぎ餅  「出身県東京が一番えらい?」 柴田さんのアドリブが冴える  
日高さん仰天告白も?
クリック       http://www.youtube.com/embed/DmXaQNux-4A?rel=0"




西川さん 柴田さん
   クリック              http://www.youtube.com/embed/VaBoSDbkFqQ?rel=0"

Img_0167_2

ビデオ撮影に追われ 最後にちょっとつかしてもらう。
 腰がひけてますね。 ヨリ

Img_0131    写真クリック 拡大

お土産用の伸ばし餅作り   大津さん

Img_0209      写真クリック 拡大
    伸ばし餅のお土産     山谷さん

Img_0208
お土産用のよもぎ餅と伸ばし餅 皆で分ける

Img_0200
残り火をきちんと始末。 涌田  梶本さん

Img_0175
杵を洗う  山谷さん         

Img_0195         写真クリック 拡大

テーブルの取り外し電動ドリルを使用   若林さん

Img_0181
皆で臼を洗う。

Img_0172_3
釜の残り湯を、臼や他の道具の洗いに利用

最後の一臼  皆で片づけ
クリック      http://www.youtube.com/embed/2AiVS63lRLE?rel=0"

記念撮影

Photo 写真クリック 拡大
                   大津さん 撮影

後列 左から
梶本 頼兼 若林 柴田 日高 平内 西川 梶本 涌田

前列 山谷   夏目


   
餅つきを通じて、「大倉高原山の家」の小屋の長い歴史、人脈が垣間見えた。
改めて何でも一人でこなす夏目さんの実践的な知識、実力が良くわかりました。

                       大倉高原山の家 ブログ 担当 頼兼

2012年12月24日 (月)

大倉高原レポート№57 12月23日(日)

今日は、大倉高原山の家と梶さん主催による餅つき大会が行われました。
場所は、前回と同じ水無寮の先にある沢近くの場所です。参加者は12名でした。
ついた餅は10臼ほどでした。つきたての餅を納豆、大根おろし、あんこ、海苔巻き、
きな粉等でいただきました。 最高の味でした。
おみやげとして、伸し餅とヨモギ餅を持ち帰ることができました。
その後、私と夏目さんは、大倉高原山の家へ。本日もキャンプ場にはテントが5張り並び
賑やかでした。気温は低めで、16時現在で3℃でした。
17時に下山。

前回の餅つき大会の模様は、5月20日(日)を参照願います。

 初参加、異色のメンバーも加わり大変楽しい餅つき大会になりました。 
 様子はビデオ動画で、しっかり撮りました。 
 現在編集中、 音声も入って楽しい報告になりそうです。
 近日中に小屋便りで報告予定。  お楽しみに !

                                  編集長 ヨリ



                        各 写真をクリック 拡大してごらんください

Photo_3
  餅つき

Photo_6
餅つき 2

Photo_8
餅つき 3

Photo_9
参加者記念写真

2
参加者記念写真 2

Photo_10
テント場

Photo_13
テント設営中

Photo_14
キャンプ場利用のお二人さん

Photo_12
大倉高原山の家

Photo_11
小屋からの眺め

Photo_7
小屋の常連さん

2012年12月18日 (火)

小屋便り  12月16日(日)

                                     写真をクリック拡大してご覧ください

Imgp3596 
   笑顔全開  加古さん 関口さん 

宮ヶ瀬から丹沢山みやま山荘~ 塔ノ岳~ 堀山の家経由できました。

関口さんから2006年「 俺の丹沢山男7人衆 」 見ました。
と声かけていただきました。

以下2点は その時出展した10点の内の2点です。
いずれも堀山の家への荷揚げの時に撮った写真です。  ボッカ頼

2005026yukinoipponmatu_022
      雪の一本松         2005年撮影

20030amenoipponnmatu
     霧の一本松         2003年 撮影

関口さんが参加される
山岳写真団 「 檜 」 第五回写真展の案内していただきました。

Horiyama20121216_017

Annnaizujpg

                                       写真をクリック拡大してご覧ください



Imgp3575
            若林さん
埼玉県から日帰りで来ました。 月に3度ほど塔ノ岳に登られるそうです。
12月23日(日)日曜日に水無寮近くで行われる餅つき大会の案内させて
いただきました。

「 子供が保育園の時は餅つき参加していました」
「 できればまたやってみたいですね 」 とやさしい笑顔。

Imgp3623
    涌田さん  大津さん 日高さん

    夏目さんも早めに小屋を閉め一緒に下山。

    

Imgp3643
     良い子はマネしてはいけません?

大倉屋さんで 見晴茶屋 山内さん、娘さん、お孫さん達一行と会いました。
とわちゃんはもう4年生、 弟( 1年生)のひょうきんパフオーマンスで大爆笑。
末っ子(1歳半)もびっくり。

                                        写真をクリック拡大してご覧ください



 秦野戸川公園  風の吊り橋 

 ライトアップ&クリスマスイルミネーション


秦野戸川公園では12月15日から24日まで「風の吊り橋」をライトアップ。
今年は全長267メートルの吊り橋をグリーンにライトアップし、ワイヤー部に
光るブルーのLED球512個とのコントラストがさらに美しさを増す。

日 時:12月15日(土)~24日(月・祝)
    17時~21時まで点灯

駐車場:大倉駐車場のみ21時まで(平日無料)



Imgp3694
      グリーンにライトアップ

Imgp3672
パークセンター前のイルミネーション。

                                        写真をクリック拡大してご覧ください

2012年12月17日 (月)

大倉高原レポート№56

午後から、いつもの大倉高原を歩きました。
 観音茶屋で休憩していますと、常連さんが何人かくだってきました。田口さんも、元気におりてきました。店の中から挨拶。
 大倉高原山の家に、13時半ごろ到着しました。ちょうど、梶本さんが来ていて、これから堀山の家に自作のテーブルを届けると言って、
登って行きました。来週の日曜日は、この梶本さんと、小屋の主催で、餅つき大会が行われる予定です。今から楽しみです。
 16時近くまで小屋にいましたが、本日は、いつもより早めに下山しました。今日は、第46回衆議院選挙の投票日です。(オ)

写真をクリック 拡大してご覧ください

           16日(日)

1
昨夜のテントは一張り


Photo_2
先日撮影した霜柱


Photo
 霜柱 2


2
雪虫

Photo_3
晩秋から飛び出した雪虫



Photo_4
テーブルを背負い、これから堀山の家へ
高原の匠 梶本さんは忙しい


Photo_5
日高さん
今日は天神の分岐まで行ったとのこと


Photo_9
編集長ヨリさん 到着

Photo_7
涌田さんも下山してきた。塔からの下山者が高原に寄る

Photo_11
途中で見た富士山

Photo_8
二ノ塔付近を遠望


Photo_10
葉をほとんど落とした雑木林


Photo_6
大倉登山口

2012年12月11日 (火)

大倉高原レポート№55 12月9日(日)

今日は、大野山山頂で「アウトドアふゆフェスタ」が開催されました。
NPO法人かながわ山岳ガイド協会の主催で、地図読み、ノルディックウオーキング、チェーンソーアートの実演などのイベントが行われました。参加費は無料。
アンケートに答えると 、登山用グッズが当たる抽選会も ありました。
快晴に恵まれ、山頂からの展望はよかったのですが、風が強く、寒さで手がしびれました。風邪をひきそうなので、40分ぐらい会場にいて、早々に退散しました。
家に帰るにはまだ早いし、そこで、自然と車は大倉高原方面へ向かいました。
いつものように、まずビジターセンターに寄り情報収集。先日のオカッパ猫の話を職員さんにしましたら、この本は知ってますかと「みさおとふくまる」伊原美代子著という写真集を見せてくれました。すぐに釘ずけになりました。今日一番の収穫はこの本との出会いでした。
大倉屋で、昼食に殿様定食?を注文し、腹ごしらえ。その後、大倉高原へ。観音茶屋は、本日臨時休業という貼り紙が出ていました。
13時半頃に、小屋に到着。ちょうど10人以上の登山者がいて、たいへん賑やかでした。キャンプ場も六張のテントがあったとのことで、こちらも盛況だったようですが、朝方の気温は、氷点下2度ぐらいに下がったと言っていました。まだ日陰には、霜柱が残っていました。
15時をまわったあたりから、気温が下がってきました。
15時半に下山。(オ)

写真をクリック 拡大してごらんください

Photo_2 
フェスタのポスター

Photo_3
山頂から丹沢湖を遠望

Photo_4
山頂の会場風景 1

Photo_5
チェーンソーアートの実演

2_2
山頂の会場風景 2

3
山頂の会場風景 3


大倉高原山の家

Photo_6
小屋前で記念撮影

Photo_7
常連さん達

Photo_8
霜柱

Photo_9
大倉高原から金時山を見る

Photo_10
塔から下りてきた日高さん

Photo_11
本日臨時休業の観音茶屋

2012年12月10日 (月)

大倉高原レポート№54 12月8日(土)

本日は、一日中風が吹いていました。気温は高めでしたが、強風のため寒さを感じました。
午後から大倉高原を歩きました。登山者は多く、登山口の林道沿いにはたくさんの車が駐車していました。
観音茶屋に行く途中、送電線鉄塔の塗装工事業者と思われる人たちが10人ほど下ってきました。
この強風の中、工事は、行われたのでしょうか?
大倉高原山の家には、13時40分ごろ着きました。家族連れの登山者が、小屋の前で記念撮影をしていました。
遅い昼飯を食べようとしたときに、小屋前の桜の木に8羽のウソの群れが飛んできました。
食事を中断して、早速、カメラをかまえ撮影を開始しました。数枚ですが、何とかウソを撮影することができました。
14時半ごろまで小屋で休憩し、その後、下山しました。キャンプ場は、テント一張だけでした。(オ)

写真をクリック 拡大してご覧下さい


Photo
ウソ 1

Photo_2
ウソ 2

Photo_3
ウソ 3

Photo_4
テントは一張りだけ

Photo_5
観音茶屋

Photo_6
紅葉もそろそろ終わり


Photo_7
大倉高原付近からクヌギ山を遠望

Photo_8
大倉高原から鍋割山を遠望

2012年12月 9日 (日)

大倉高原レポート№53 12月7日(金)

所用で秦野へ行き、帰りに戸川公園によりました。
本日は、ここのビジターセンターで、秦野警察の丹沢臨時派出所の閉所式が行われました。
今年1月から本日までの出動件数は、21件で、死者は3人とのことでした。
西丹沢を管轄する松田署は、昨年よりも2件少ない25件でしたが、署員の出動人員は
両署ともに増えたとのことで、救助に難航したケースが多かったようです。
必要な装備や計画性のないまま登山し、遭難した人が多かったとのことでした。

大倉屋で遅い昼食をとっていましたら、店の前を例のオカッパ猫が通り過ぎて行きました。この猫は、テレビ朝日の『ナニコレ珍百景 』(2012年2月1日放送)に登場した名物ネコです。久しぶ りに見ました。この猫を目撃するといいことがおこるといわれていて、「幸運のおかっぱ頭の猫」だそうです。
15時半ごろまで店にいて、その後、帰路につきました。(オ)

写真クリック 拡大してご覧ください

Photo
オカッパ猫

Photo_2
キセキレイ

Photo_3
クサギ

Photo_4
くずはの家 付近

Photo_5
くずはの家 散策路 2

Photo_6
ツグミ

2012年12月 8日 (土)

大倉高原レポート№52 12月5日(水)

午後から大倉高原を歩きました。
登山口で紅葉の写真を撮っていますと、二人連れの登山者から、写真を撮って下さいと、依頼されました。
見るとカメラはiPhone でした。手ブレが心配されたので、全部で5枚ほど撮ってあげました。
2日に見つけましたスッポンタケは、昨日の雨に打たれ曲がっていましたが、よく見ますと、他にも5本あることが分かりました。
少し臭いもしてハエがたかっていました。この場所には、全部で9本スッポンタケがありました。

大倉高原の手前で、木の間から富士山が少し見えていました。ちょうどダルマ沢ノ頭の奥に見えました。
以前は、大倉高原からも富士山がよく見えたのですが、ヒノキの植林で見えなくなってしまいました。
大倉高原山の家に着きますと、大倉尾根の常連さんの一人である山内さんが居ました。5分ほどお話しました。
今日は、天気が良かったので、塔ノ岳山頂から富士山がよく見えたと、言っていました。
この小屋には山内さんの他に、ここからの眺めをキャンバスに描いている方も一人いました。
今日は、伊豆大島もハッキリと見えていました。
キャンプ場には、平日にもかかわらず、二張りのテントが並んでいました。
ここの紅葉は、そろそろ終わりです。



写真クリック 拡大してごらんください

Photo_2

富士見塚からの富士山

2
富士見塚からの富士山 2

Photo_3
大倉高原山の家


Photo_4
小屋前のテーブルで、山野草に詳しい山内さん

Photo_5
 新テーブルに落ち葉

Photo_6
大倉登山口

Photo_7
大倉尾根 瓦版編集者 山川さん

Photo_8
塔から下山してきた田口さん

Photo_9
カシワバハグマ


Photo_12
平日だが今日もテントに二張り

Photo_13
クヌギ林

Photo_14
シロハラ

Photo_18
スッポンタケ

Photo_15
ダルマ沢ノ頭と富士山  大倉高原から

Photo_19
ダンコウバイ

Photo_22
ミソサザイ

Photo_21
ヤマガラ

Photo_20
リンドウ

小屋便り 12月2日(日)


写真クリック 拡大してご覧ください




 第8回はだの丹沢水瀬川(みなせ)マラソン

Dsc_30981 写真大会公式HPより

運動公園前を9:00スタート 

ハーフマラソン 2000名
 5km     1000名以上で申込み締め切られる。

年々人気が上がり、申込み者は4000名を超えるとも

Dsc_00581_2 写真大会公式HPより
風の吊り橋をさっそうと駆け抜けるランナー

Imgp3463
赤いジャンバー着た多数のボランテイアが選手誘導大会を支える


Imgp3483_2
          渡辺さん

ボランテイアで大会を支える。ランナーだったが膝を傷め
現在は社交ダンスを楽しんでいる。

Imgp3460
(動画2参照)  運動公園を一周してゴール会場入ってくる。

Kakudaiimgp3431
 間もなくゴール 最後のスパート

Kakudaiimgp3438
ゴール 選手は皆タイムを見ていた。 自己記録更新?
こんなはずでは!  表情は悲喜交々?

Kakudaiimgp3442
[ ああ疲れた!」 こんな姿も
「 お疲れさま !」 観客から温かい声がかけられる。
選手と観客が一体になる。
皆さん家族のようないい表情していました。

Imgp3446
 「 スポーツドリンクはこちら! 」 
野球のユニホーム姿の小学生のボランテイアも

マラソン 動画1

スタートから1時間50分。
ゴールの運動公園に戻ってきました。

http://www.youtube.com/embed/BtTJSBJiCUo

マラソン 動画2

運動公園に戻ってきたところを水無川対岸から撮りました。
スタートから2時間近く経っていますが、 選手は続々戻ってきている。
川沿いの道、橋の所でUターンしてきて少し戻り、運動公園を1周し、ゴールへ。


http://www.youtube.com/embed/A2WfKAb7xLw




    大倉食堂でお会いしました。

Imgp3497
 
ボランテイア活動で知り合った柴田さん。
 当意即妙の会話、話好き。 とても楽しい方です。

Imgp3506
大津さんとも大倉食堂でよく一緒なるそうです。

        小屋到着

Imgp3515_3
高原の匠 梶本さん 新しいテーブルの作成。
仕上がり納得がいかないところがあると、何度も手直し。
この後、防腐剤を塗る。


Imgp3521

日高さんが戻ってきた。 小雨も降ってきた。

Imgp3527
小屋前温度計は 4度。 風も冷たい!

Imgp3531
古いテーブルを取り外し、小屋前へ移動。
日高さんにも手伝ってもらう。
「 次は 展望台へ休憩台作りたいね。」 
梶本さんの創作意欲留まるところを知らず。

2012年12月 6日 (木)

大倉高原レポート№51 12月2日(日)

本日は、第8回はだの丹沢水無川(みなせ)マラソン大会の日で、混雑が予想されましたので、
時間をずらして出かけました。11時半頃に県立秦野ビジターセンターに到着。その後、大倉屋へ。
大倉屋では、偶然、先に着いていた編集長に会いました。そこで、新調したばかりのデジタルビデオカメラを見せてもらいました。
今後は、このビデオカメラでいろいろな取材が行われ、更に進化したブログになるのではと、思いました。今から楽しみです。

大倉登山口の紅葉が、見ごろになっていました。
歩きはじめてまもなく、何気なく首を横に向けた先に、スッポンタケが4株ほどありました。このキノコとの出会いは、
4年ぶりになります。前回は、2008年11月1日でした。その時は、強烈な臭いで、すぐに分かりました。
虫もその周りをぶんぶん飛んでいました。今日見た、スッポンタケは、余り臭いはありませんでした。虫も一匹だけとまっていました。
このスッポンタケ、食べたことはありませんが、食用になるようです。

14時頃に大倉高原山の家に到着。ちょうど、梶本さんが、新しいテーブルを製作中でした。山のテーブルとしては、
最高の出来ではないでしょうか。プロの職人の技を近くで見ることができました。

キャンプ場には、珍しく一張りのテントもありませんでしたが、午前中までは、3張りのテントがあったとのことでした。
朝方は、零℃近くまで気温が下がったようです。15時ごろからは、雪も降ってきました。今年の冬は寒くなるのでしょうか?
16時頃、大倉高原を下山しました。(オ)


写真クリック 拡大してご覧ください


Photo
キャンプ場 

2
キャンプ場 2


Photo_3
スッポンタケ

Photo_4
スッポンタケ 2

Photo_5
ハナワラビ

Photo_6
ベニバナボロギク   帰化植物

Photo_7
小屋に向かうヨリさん

2_2
小屋に向かうヨリさん 2

Photo_8
小屋到着


Photo_9
常連の日高さんも塔から小屋到着    左端


Photo_10
高原の匠 梶本さん  新テーブル制作

Photo_11
大倉入口


2_3
大倉入口 2

4
大倉尾根4番付近

42
大倉尾根4番付近2

2012年12月 2日 (日)

大倉高原レポート№50 11月30日(金)

先日、大倉高原キャンプ場と大倉尾根の常連さんである日高さんとの話の中で、丹沢から見える南アルプスのことが、話題になりました。
最近、撮影しました南アルプスの写真を何枚か紹介したいと思います。これからは、空気も澄み、南アルプスが見える日が多くなります。そして意外の場所から甲斐駒ケ岳が見えたりもします。11月16日に鍋割山に登ったときにも、西丹沢の石棚山の左側に甲斐駒ケ岳が少し覗いていました。たしか山頂の手前でした。山頂からは、雨山や檜岳に隠れてしまい、見えませんでした。そのかわりに悪沢岳と赤石岳が見えていました。もちろん日本で2番目に高い北岳は、はっきりと確認できました。

今日は、午後から大倉高原を予定していましたが、秦野ビジターセンターと大倉屋に寄りましたら、時間が無くなり、戸川公園を散歩しただけで、家に帰りました。紅葉は、そろそろ終わりです。皇帝ダリアも見ごろを過ぎていました。
(オ)



写真をクリック 拡大してご覧ください

Photo_2
悪沢岳    鉄砲木ノ頭から

Photo_3
塩見岳    鉄砲木ノ頭から



Photo_4
間ノ岳         鉄砲木ノ頭から

  

Photo_5
甲斐駒ケ岳      手前は節刀ケ岳

Photo
左 赤石岳     右 悪 沢岳   鍋割山から

Photo_2
西丹沢 小笄から見た甲斐駒ケ岳

Photo_3
西丹沢の鉄砲木ノ頭から見た北岳

Photo_4
 仙丈ケ岳       鉄砲木ノ頭から


Photo_5
 地蔵岳         鉄砲木ノ頭から

Photo_6
鍋割山から見た     北岳

Photo_7
鍋割山の手前で見た  甲斐駒ケ岳

Photo_8
農鳥岳         鉄砲木ノ頭から

Photo_9
鳳凰三山     鉄砲木ノ頭から

11月30日(金)  撮影  秦野戸川公園周辺の紅葉です

 

写真をクリック 拡大してご覧ください

1
秦野戸川公園  1

2
秦野戸川公園  2

3
秦野戸川公園  3

Photo_10
戸川公園から見た大倉高原山の家

Photo_11
戸川公園から見た茶室


Photo_12
皇帝ダリア


Photo_13
大倉屋

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »