« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

小屋便り  1月26日{(土)

       1月26日(土)


 田口さん塔ノ岳2000回登頂記念取材 in 観音茶屋

                                頼兼

大倉屋さんで一緒になった堀山の若殿 柴田さんと
一緒に観音茶屋へ向かう。                

 Imgp4294_2          写真クリック拡大
       田口     柴田         飯嶋

すでに到着していた田口さん。飯嶋さんとお話ししていました。
お約束の時間よりかなり前に下山して待っていていただいたようです。
「 お待たせしてすみません 」
「立ち寄ったいろんな方とお話しして、楽しんでいました 」 
やさしい言葉、 きづかいに感謝。
いくつかの質問、現在の心境などをお聞きする。

2009年12月8日 「 田口さん1000回登頂記念特集」を堀山の家HP
トップページ 「小屋の記録」で公開
2000回特集を同じ方法で 近日配信予定



大倉高原山の家へ 16時頃到着
まもなく夏目さん、大津さん現る

Imgp4255
お湯を沸かして コーヒーを飲む

 晴れた日は遠く 大島が見える

Imgp4314
  中央小山の先に大島が望める  小屋前

Imgp4349

暗くなって鍋割から来た4人組。 「なべ焼きうどんしっかり食べてきました。」
今日は同行の男性のお誕生日だそうで 「 シャンペンで乾杯!」
ノリは抜群! とっても陽気な4人組でした。

2013年1月28日 (月)

大倉高原レポート№65

                       2013年1月26日(土)


本日は、塔ノ岳を目指して午前中から大倉尾根を登り始めましたが、結局、堀山の家が終点になってしましました。
駒止の手前当たりから雪が残っていて、それが凍りつき、注意して歩かないと転倒する危険がありました。
下りは、このあたりまで軽アイゼンが必要です。
駒止の階段を登っているとき、ルリビタキが一羽、近くに飛んできました。
慌ててカメラのシャッターをきったため、ピンボケになりました。
16時頃に大倉高原に戻りました。キャンプ場には、2張りのテントがありました。
日が落ちる頃には、小屋の温度計が1度に下がっていました。明日の朝は冷えそうです。

18時に下山。ちょうど高原に来ていた編集長を自宅まで私の車で送りました。
本日、編集長は、田口さんの塔ノ岳登頂2000回達成の取材を観音茶屋でした
とのことでした。近いうちにブログで紹介されると思います。

家に帰りましたら、山川さんから「尾根の瓦版 №14」が届いていました。
回を重ねるごとにページ数が増えています。私が投稿した記事も載っていました。(オ

Photo
        田村さん   山内さん 
                一本松手前で

Photo_2
        田添さん 駒止付近で

Photo_3
           鍋割山

Photo_4
      富士山  風が強い

Photo_5
         堀山の家

Photo_6
       堀山の家 手前付近

2006
田口さん登場 一本松付近 塔ノ岳登頂今日で2006回.

Photo_7
      送られてきた瓦版

Photo_8
            行者ケ岳

Photo_9
           駒止茶屋

Photo_10
    滑りやすい駒止付近

Photo_11
   ルリビタキ    駒止付近にて

Photo_13
  キャンプ場  テント二張り


       

2013年1月25日 (金)

小屋便り  1月19日{度)

                
             1月19日(土)


観音茶屋で開かれた田口さんの塔ノ岳2000回登頂お祝い会に参加
12時30分から14時30分 19名の方が参加、大盛会。 

祝い特別号は 現在編集中!  「 堀山の家HP 」 別枠で近日中配信予定


3時半頃 大倉高原山の家へ

夏目さんはまだ来ていず、塔ノ岳から下山して、一服しているお二人に会いました

 Imgp4199    クリック 写真拡大
  春日               三上    

第一印象 同年代に見えました。 「学生さんですか?」
 「 いや私は社会人 、彼は学生です 」
なんと春日さんは相模原の高校のワンダーフオーゲルの顧問の先生。 
三上さんは部員だそうです。
来週予定している塔ノ岳訓練の下見にきたそうです。
 若い先生、三上さんが年上に見えたぐらいです。 
笑顔で会話、やさしそうな先生でした。 別れた後今問題になっている指導の称する
暴力をどう思うのか? 聞くんだったと後悔。

Imgp4254
コヒーを沸かそうとしたら、夏目さん到着。ヤカンを借りる。、

Imgp4280 クリック 写真拡大

今のところテントの予約客はゼロ。 最近ではめずらしい。
温度計は2度。 夏目さんはシャツ一枚。 「 寒い」を連発!
「何か 羽織ったら?」 見ている方が寒くなる

Imgp4215   
  
酒井さんに会うため、久しぶりに見晴茶屋に向かう。 木漏れ日縞模様が美しい

Imgp4233

山小屋組合 松田会長の紹介で引っ越し先が決まる。
実直な人柄、長年の見晴茶屋の小屋番の実績がものをいう。
体調もいい。 口も滑らか。 酒井節も絶好調!

Imgp4271_2      クリック 写真拡大

高原に戻る。 17時 小田原方面の夕焼けが美しい

Imgp4281        クリック 写真拡大
   
17時 丹沢の門。 明日も天気は良さそうだ。

夏目さんが入れてくれたコーヒー飲みながら田口さんの2000回登頂記念報告
2009年12月8日が1000回。 約3年で2000回到達。
どういうふうにするか? 考える。

 
                               17時30分下山

 

小屋便り  1月19日(土)   田添さんより

             1月19日(土)

田添さんから写真送っていただきました。

                        


    田口さん塔ノ岳登頂 2000回記念写真

            撮影 田添  装飾 大津

    ここをクリック 2000_.pdf」をダウンロード

               

Dscf1707  クリック 写真拡大
         山内     田口      佐々木

Dscf8458
後列  花岡 山内 平池 田添 佐々木 最上 吉田
手前  石井 森田 野村 田口

Dscf1710
            田添

       観音茶屋でお祝い

Dscf8487  クリック 写真拡大
       19名の参加 

Dscf1715
 山川      上村       平池   稲田

Dscf8489   クリック 写真拡大
     平池    田添    田口

Dscf1720
      最上        田口   田添

    電車の中で  乗客もびっくり!

2013年1月21日 (月)

大倉高原レポート№64

2013年1月20日(日)

 昨日は、仕事でユーシン方面へ行きました。雪が車の轍で踏み固められ、カチカチの状態でした。歩くには、軽アイゼンが必要でした。ユーシン付近では、まだ積雪が10センチ以上あり、場所によっては、それ以上と思われました。
 この日は、観音茶屋で、田口さんの塔ノ岳登頂2000回達成の記念パーティーが行われましたが、残念ながら仕事で参加出来ませんでした。本日、観音茶屋に寄った際、20人ほどが集まり盛会だったと、茶屋の重田さんから聞きました。

今日は、秦野ビジターセンターに寄った後、午後から大倉高原へ向かいました。高原には14時ごろ着きました。
ちょうどキャンプ場で司ちゃんが、講師になり、ツェルトを一人で簡単に張る方法の講習会をやっていました。
私も飛び入り参加しました。大変参考になりました。
 15時を過ぎたあたりから常連さんが続々と塔ノ岳から下山してきて、大倉高原山の家前は、賑やかになりました。
夏目さんが、餅とサツマイモを七輪と落ち葉焚きで焼いてくれました。電子レンジとの違いが歴然と分かる香ばしい味でした。
何よりのご馳走です。

17時に夏目さんらと下山。(オ)





Photo_2   写真クリック 拡大
ユーシン手前付近

Photo_3
新青崩隊道

Photo_4
青崩洞門と仏岩

Photo_5  写真クリック 拡大
同角ノ頭  小川谷手前付近から

Photo_6
丹沢ベース手前で 下山してきた田口さん

昨日は塔ノ岳2000回登頂を果たし、観音茶屋で
登山仲間19名による盛大な心温まるお祝い。
今日は何事もなかったように坦々と2001回目の登頂。

Photo_7    写真クリック 拡大  
観音茶屋手前付近で鹿の群れを見る 1

Photo_9
観音茶屋手前付近で鹿の群れを見る 2

Photo_10  写真クリック 拡大 
ツエルトの講習会 1

Photo_11
ツエルトの講習会 2

Photo_12  写真クリック 拡大
今日の富士山

Photo_13
焼き芋を御馳走になる

Photo_14
常連さんが集まる

2013年1月17日 (木)

小屋便り 1月16日 大雪 塔ノ岳 撮影 田添

短時間の間に低気圧が急激に発達した、
爆弾低気圧で関東地方は大荒れ

                               写 真クリック 拡大

         塔ノ岳は大雪

Kakudai2dscf1680_2
写真送っていただいた田添さん

        1月16日(水)

Dscf1682       写 真クリック 拡大  
  尊仏山荘入口

Dscf1683

尊仏山荘で出会ったネパール人

Dscf1678          写 真クリック 拡大
 塔の岳 直下 下山する登山者

Dscf1674
花立山頂を過ぎた痩せ尾根で花岡さんと

Dscf1684
花立山荘の少し上付近

Dscf1687
渋沢駅に無事下山 右ネパール人

ネットで拝見

首都圏に大雪をもたらした「爆弾低気圧」の通過から一夜明けた15日朝、路面が凍結したことによる車のスリップや転倒でけが人も続出。
 

◆売り上げ例年の50倍!

 「こんなに売れた年は今までなかった。例年の50倍近くの売り上げなのでは」 車用品販売店「スーパーオートバックス」横浜みなとみらい店では、14日朝の降り始めから15日にかけてタイヤチェーンを購入する客が相次ぎ、十数年勤める男性店員は思わぬ“特需”に顔をほころばせた。中でも、運送業者が使うサイズのチェーンは品薄の状態だという。

2013年1月15日 (火)

小屋便り 1月13日(日)

 

       高原へ行く途中 お会いしました

Imgp3738     写真 クリック 拡大
            若林   土方

若林さん 
先週も来られたようですが、お会いするのは12月22日の餅つき以来。
餅つきは子供さんの保育園以来とのことでしたが、もう子供さんは
成人とのこと。餅つき楽しかったですね。時々ブログのビデオ楽しんでいます。

クリックしてください
http://www.youtube.com/embed/2oC9xC9kSXc?rel=0


土方さん
無名山塾会員 トシゾーの愛称。 堀山の家の荷揚げのプロパンを堀山の家を素通りして、背負ったまま塔ノ岳を往復してきた剛の者です。
今年6月1日~6月21日 北米の最高峰マッキンレートレッキングに参加するそうです。 土産話が楽しみです。

クリックしてください
http://www.horiyamanoie.com/info/071201/inforep.htm#a

       


      観音茶屋でお会いしました。

 

2toreimgp3776              写真 クリック 拡大
凛りん(11) 紬つむぎ(8) あかり(4)ちゃん 三姉妹。
初めて家族一緒で塔ノ岳に登りました。
「 花立の階段登ってきたの? すごいね。」
牛乳プリンおいしかったね!

今度大倉高原山の家にキャンプきてくださいね。
日帰りでもOK。 展望台でパパ・ママのお手伝い。
「 お昼に一緒に料理作って食べると楽しいですよ!」




  飯盒でご飯を炊く  勇気

Imgp3803        
1・5合 お米をきちんと水に浸し、 風よけ道具もしっかり準備
炊きあがる時間もしっかり予測、 勇気(5年)はこだわり派 
Imgp3788      写真 クリック 拡大
   皆で飯盒ごはん出来上がりを待つ

Imgp3870
   つかさ             NAO       勇気      

黍殻から縦走してきたつかさちゃん一行。
おいしいご飯の炊きあがり。 ママ(NAO)が用意してくれた梅干し添えて
できあがり。 「いかがですか? 」 小皿にご飯のおすそ分けいただきました。
とってもおいしいご飯でした。 勇気 やったね!

Imgp3822_2     写真 クリック 拡大
大津    夏目      日高

夏目さんがおいしいコーヒを入れてくれる。
皆コーヒー仲間です。
大津さんお土産の草餅を皆でいただく。
いつもありがとうございます。

Kakudaiimgp3841               
木皿持参 トランギアのアルコールストームクッカー に皆注目。

Imgp3834_2        写真 クリック 拡大
     日高         木皿

木皿さん 今日はテント泊
トランギアのストームクッカーを使って食事作り。

Imgp3833_2
アルコール燃料使用。 器の中に入れて料理できるので風を遮断、
風の強い外でも料理できる。
「 火力は、ガスのほうが強いですけど、ゆっくり、時間をかけて作る
料理にはアルコール燃料の方が適していると思います」


Imgp3877_2           
キムチ鍋。 寒さには一番ですね

Imgp3902_2             写真 クリック 拡大   
北海道出身。2年ほど前に埼玉県蕨市に仕事で赴任。 
「 北海道では冬の山は考えられない。冬でも山を楽しめる丹沢は素晴らしい 」 
今日は2回目の丹沢。  「 夜景が素晴らしい 」 何度もおっしゃっていました。

2013年1月14日 (月)

大倉高原レポート№63 1月12日(土)~13日(日)

        

             1月12日(土)  

 
午前中は、近くの里山で野鳥の観察をしました。ちょうどコゲラの鳴き声がしたので、探していたら、
ゾロゾロ、ガヤガヤと20人ほどの野鳥の会グループが前方から歩いて来ました。
コゲラは逃げ、私は、興ざめしました。

午後から大倉高原へ。今日は、6名の宿泊客があり、賑やかでした。明日もテント予約が入っているようです。
 17時まで小屋にいて、日の暮れないうちに、下山しました。(オ)

Photo_3       写真クリック 拡大
ナズナ

Photo_4
ホトケノザ

Photo_5     写真クリック 拡大
メジロ

Photo_6
ルリビタキ

Photo_7
今日の富士山

Photo
キャンプ場は静か

Photo_2      写真クリック 拡大

宿泊客などで盛況な大倉高原山の家






            1月13日(日)
  
午後から大倉高原へ。三連休の為か登山者は何時もより多めでした。
観音茶屋で休んでいましたら、山川さんと田添さんが下山して来ました。
店に入って来て、しばし歓談しました。話の中で、常連の田口さんは、
あと2回ほどで、塔ノ岳登頂2000回達成になると言っていました。素晴らしい快挙です。

14時近くに、大倉高原山の家に到着。ちょうど、キャンプ泊まりのお客さんと、
小屋管理人の夏目さんが、楽しそうに何か話しているところでした。
その後、しばらくして、大倉尾根の常連である日高さんや、田村さん、
それに黍殻から縦走してきたツカサちゃんら一行も到着して、小屋の前は
いちだんと賑やかになりました。今日も楽しい大倉高原でした。

16時半頃に下山。
家に帰り、 20時からNHK Eテレの再放送、日曜美術館、北斎の富嶽三十六景を
見ました。私は、過去に1回だけ赤富士を実際に見ています。
いまでも、その時の感動をはっきりと覚えています。(オ)

Photo_10    写真クリック 拡大
大倉尾根の常連たち

Photo_9
みやま山荘の石田さんが観音茶屋に現れる

Photo_11
堀山の家から下りてきた田村さん

Photo_12     写真クリック 拡大
日高さんの特製リュック

Photo_13
編集長到着

Photo_14
トランギアのストームクッカーの話題

Photo_15    写真クリック 拡大
今日の富士山


2003824510_2  
赤富士 2003年8月24日 5時10分 撮影

2003824514_2     写真クリック 拡大

凱風快晴 2003年8月24日 5時14分 撮影

2013年1月11日 (金)

大倉高原リポート№62

    2013年1月9日(水)

午後から大倉高原を歩きました。登山者は、少なめでした。
観音茶屋の前を通りましたら、1月12日(土)は休みますという貼り紙がありました。
雑事場を経由して大倉高原山の家に着いたのは、13時40分でした。
誰もいませんでした。聞こえるのは、野鳥の鳴き声と水場の水音だけでした。
10分ほど休んで、すぐに下山しました。
途中、色鮮やかなウソのオスを2羽見ました。近くにはルリビタキもいました。
さか間蕎麦屋で遅い昼食。十割の田舎を食べました。美味い。
その後、大倉屋で休んでいましたら例のオカッパ猫が店の前に現れました。
カメラを向けたら立ち去りました。嫌われたようです。(オ)

Photo  写真クリック拡大
キャンプ場

Photo_3
静かな大倉高原山の家

Photo_4 写真クリック拡大
ウソのオス

Photo_5
ルリビタキ

Photo_2
観音茶屋

県立丹沢湖ビジターセンターで開かれた写真展   写真クリック拡大


__
ポスター


Photo_6
写真展の模様 1

2
写真展の模様 2

3
写真展の模様 3

2013年元旦 小屋主よりご挨拶




明けましておめでとうございます。

Simgp4684   写真クリック 拡大

千葉 鋸山より 初日の出、雲があり6時50分に丸い太陽が上がりました。
すぐに雲に入り、30分後に又、輝く太陽がでました。
テントも七人泊まり、厳冬になってもキャンプの人が来られて、こんな事は初めてです。

冬のテントは夏 シュラフ2枚重ねて使うと快適です。
又2ℓのポリタンに70°Cのお湯を入れてミラーマットで包んで、
足元入れると良いでしょう。
冬山気分を味わえる丹沢は雪が降った次の日は100名前後の人が登ります。
高原山の家ではガラス窓のついた暖房タイプのストーブが赤々と燃えて
宿泊者をお待ちしております。どうぞご利用ください.

                                                                      小屋主  夏目

Ssimgp2853
ほんとうに登山者が増えました。 未知の出会いを待つ。

.Ssimgp4411
今年もいろんな方がテントを張るだろう

Ikakumgp8284  写真クリック 拡大

昨年のゴールデンウイークは11組の親子連れがキャンプ
Simgp5137
ワイワイガヤガヤ 立教大学の学生さん

Simgp4549   写真クリック 拡大
   夜景も楽しんでほしい

Simgp9429
今年も倒木を切って薪を作り

Simgp9350_2    写真クリック 拡大
火を起し、湯を沸かし、コーヒーを入れる

Imgp6622
コーヒーは上質、心をこめていれます

Imgp6633    写真クリック 拡大
 コーヒーファン 多数 お待ちしています

Simgp4998
貴重な水場 今年もしっかり守ります

Imgp6617   写真クリック 拡大
  頑固一徹? 今年もこの価格で


2013年1月 8日 (火)

大倉高原レポート61号

                                 2013年1月6日(日)            

大倉高原

今日も大倉高原へ行きました。途中、県立秦野ビジターセンターに寄り(丹沢の自然、みどころ紹介)という企画展を見ました。
たいへん参考になりました。この企画展は3月末まで開催しています。是非ご覧になってください。
観音茶屋の前を通りますと、店の中に父上とカナブンいました。早速、店の中に入り、歓談しました。
持参した串団子をみんなで食べました。
13時半頃に大倉高原山の家に到着。ちょうど、梶本さんが来ていて、餅を七輪で焼いているところでした。
だいぶ焦げていましたが、何とか食べられました。

16時半に下山。(オ)

Photo 写真クリック拡大
「 丹沢 」 みどころ 1

Photo_2
「 丹沢 」 みどころ 2

Photo_3
「 丹沢 」 みどころ 3

Photo_4
「 丹沢 」 みどころ 4

Photo_5 写真クリック拡大

    この日の富士山



Photo_9
大倉高原山の家

Photo_6
小屋に寄った田村さん

Photo_7
七輪で餅を焼く 左 梶本さんと若林さん

先日餅つき大会に参加していただいた若林さん。
大変お上手でしたが、今度は餅焼きに挑戦?

Photo_8 写真クリック拡大

     黒焦げの餅

慣れないと七輪の火力がなかなか掴めない。
結構難しい
若林さんが失敗したわけではありません。

小屋便り 1月1日


  新年明けましておめでとうございます

  
          初日の出

                   撮影 田添 正   

Dscf1593   クリック 拡大写真              
         塔ノ岳頂上

Dscf1596

初日の出にカメラを向ける。

Dscf1599

  初日の出  朝焼け富士    塔ノ岳頂上    クリック 拡大写真

Dscf1601       クリック 拡大写真 

                    田口   田添

田添さん 前日は大倉高原テント泊。 未明に塔ノ岳に登り撮影。
素敵な写真送っていただきました。

 
田口さんは 知る人ぞ知る大倉尾根登山を楽しむ第一人者。 
塔ノ岳登頂2000回に近づいている。 (現在 1991回)
モットーはマイペース。無理をしない。登頂回数には固執しない。
最大の楽しみは人に会うこと。
仕事や上下関係のしがらみの無い、山を通じた仲間に会うのはほんとうに楽しい。
気さくな人柄、田口さんの周りには山仲間達の大きな輪ができている。

田口さんが塔ノ岳登頂1000回を達成した時の特集です(堀山の家HP)

クリック
http://www.horiyamanoie.com/topics/taguti%201000/inforep.htm

Img_0293
お正月をテントで迎える。 テントは5張り。 
手前のオレンジ色のテントは田添さんのテント。 



   大倉高原山の家  新年


Img_0259_2         クリック 拡大写真
6:0 7    小屋前 秦野市街
      日の出前 雲間が徐々に赤く染まってきた

         元旦 日の出前

クリック 動画ご覧ください
http://www.youtube.com/embed/E3CytH0T4fQ?rel=0"

Img_0288
           池野さん

6:40   小屋前でお湯を沸かし、コーヒ?を飲みながら静かに新年の景色を
    眺めていました。
    「 お早うございます」 礼儀正しい大学生でした。
    これから塔ノ岳へ。

Img_0297

気になっていた小屋前テーブルの縁の隙間。
隙間をカンナ屑で埋める。 見事な職人技 お見事! 

Img_0298

テーブルの生みの親、高原の匠 梶本さん 
前日大晦日は高原泊まり。「 雨で傷みが早くなる」
 新年初仕事は暮れからの持越しテーブルの溝埋め。
朝一番 雑煮をいただく前に直してしまった。





          12月31日

恒例大晦日の年越し 合唱 
                      見晴茶屋

Img_0224
小屋の中  大スクリーンが二つ。

Img_0223
 伴奏のアコーデオンが2台

Img_0227

臼井さんの司会、2台のアコーデオン伴奏で
30名を超す方達が楽しそうに歌っていました。

2013年1月 7日 (月)

大倉高原レポート№60

               
           2013年1月5日

午後から大倉尾根を歩きました。少し雪がぱらつきましたが、すぐにやみました。気温は一日中低めでした。大倉高原で16時に温度計を見ましたら、ちょうど零度でした。水場には10センチぐらいのツララが下がっていました。
今日は、久しぶりに堀山の家まで行きました。登山者は、土曜日としては、少なめでした。堀山の家では、1時間ほど寛ぎ楽しい一時を過ごしました。ちょうど、鈴木さんもきていました。今日も、塔ノ岳まで登ってきたとのことでした。健脚です。私は、この堀山の家が終点でした。15時過に下山。大倉高原には16時20分ごろにつきました。キャンプ場でシジュウカラの群れを見ました。テントは一張もありませんでした。大倉高原山の家には、赤石さんとスミレさんがいました。13時ごろから来ていたとのことでした。
17時に下山。

本日見ました植物は、タチツボスミレ、コクラン、ミヤマウズラ、シュンラン、エビネ、マルバダケブキなどでした。花が咲いていたのは、タチツボスミレだけで、その他の植物は、これからの花期が楽しみです。

県立丹沢湖ビジターセンターでは、本日から丹沢の花の写真展を開催しています。スタッフが撮影した貴重な花の写真もあります。是非一度ご覧になってください。(オ)

Photo
キャンプ場

Photo_2
シジュウカラの群れ     キャンプ場にて

Photo_3
一本松下付近

Photo_4
下山する赤石さんとスミレさん

Photo_5
行者ケ岳

Photo_6
三ノ塔

Photo_7
堀山の家

2013年1月 5日 (土)

大倉高原レポート№59

2012年12月大晦日

本日は、駒止茶屋まで歩きました
久しぶりに駒止茶屋の少し上にある一ノ沢の三等三角点を見に行きました。ほとんど地面に埋れそうですが、三等三角点の字は読めました。この三角点は大倉尾根唯一のものです。
17時近くに大倉高原山の家までくだってきました。キャンプ場には5張りのテントが並んでいました。明日は、おそらく初日の出を見るため、塔ノ岳を目指すのでしょう。
21時まで大倉高原山の家に居ました。梶本さんと編集長は、小屋泊まりです。良いお年を、と言って私だけ下山しました。観音茶屋の手前付近で、これから塔ノ岳に登るという一人の男性に会いました。顔は相手のヘッドライトで分かりませんでした。

この一年も楽しい大倉高原でした。
来年もよろしく。(オ)

Photo_7
大倉バス停前でラジオ体操する殿

Photo_8
大倉尾根の第一人者  田口さん 元旦


Photo_9
大倉高原山の家

Photo_10
大倉高原山の家から伊豆大島を望む

2013年1月 4日 (金)

大倉高原レポート№58

今日は、堀山の家まで歩こうかと思いましたが、ちょうど、登山口近くの駐車スペースのところに夏目さんの軽トラがとまっていて、夏目さんもこれから小屋に向うところなので、同行することになりました。途中、観音茶屋に寄り、休憩。大倉高原山の家には、13時半頃につきました。既に今日の泊まり客である4人さんも来ていました。小屋の前のテーブルで遅い昼食をとり、その後、散歩がてら一本松の上まで歩きました。一本松からの帰路、堀山組のボッカ隊の三人に会いました。父上、カナブン、なっちゃん、ボッカご苦労様でした。聞けば、本日は、荷揚げで2往復とのことでした。

本日見ました野鳥は、シジュウカラ、コガラ、エナガ、ジョウビタキなどでした。

話は変わりますが、ビジターセンターの催事情報を、お知らせいたします。

○県立丹沢湖ビジターセンター
企画展 丹沢の花を見つめたら~植物から分かる丹沢の今~
1/5~3/31 美しい植物写真を通して丹沢の今をお伝えします。

○県立秦野ビジターセンター
企画展『丹沢 みどころ紹介』スタッフ山行の記録から  1月5日(土)~3月31日(日)
丹沢の旬の自然情報を1年分振り返ってご紹介します。

Photo
いつも元気な田口さん。


Photo_2
ボッカご苦労様 1       堀山の家

Photo_4
ボッカご苦労様  2      堀山の家

Photo_3
ボッカご苦労様 3     ボッカご苦労様

Photo_5
大倉高原宿泊者 1

Photo_6
大倉高原宿泊者 2

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »