« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

大倉高原レポート№74

       2013年3月30日(土)

今日は一日中肌寒い一日でした。これが花冷えということなのでしょう。
観音茶屋で小休止の後、堀山の家まで歩きました。一本松の手前辺りから霧にな
り、あたりは幻想的な風景に変わりました。
14時55分、堀山の家到着。花などを見ながらゆっくりと登って来たため、大倉登
山口から約3時間もかかってしまいました。
堀山の家では2時間ほどのんびりして、その後、大倉高原へ向かいました。夕方
から天気は霧雨に変わりました。
大倉高原18時5分着。テント場には3張りのテントが並んでいました。小屋では、
いつもの美味しいブルマン珈琲を入れてもらい、1時間ほど寛 ぎ、その後下山し
ました。(オ)

各写真クリックすると拡大します

Photo
クサイチゴ

Photo_2
ジロボウエンゴサク

Photo_3
ナガバノスミレサイシン

Photo_4
ヒトリシズカ

Photo_5
大倉バス停前のソメイヨシノ咲きだす

Photo_6
雑事場のマメ桜

Photo_7
誰もが認める大倉尾根の第一人者 

Photo_8
いつも元気な大倉尾根の常連さん

Photo_9
瓦版編集長とつかさちゃん  雑事場

Photo_10
一本松手前から霧になる


Photo_11
霧に包まれた堀山の家

Photo_12
堀山の家で煎茶会

Photo_13
大倉高原小屋主とブログ編集長

小屋便り  3月24日(日)

                 

          3月24日(日)


各写真をクリック 拡大してごらんください

Imgp5097
運動公園の水無川沿い桜が満開。 たくさんの人がくり出す。

Imgp5141
ソメイヨシノ.。 
桜のトンネルをくぐると  何かいいことが? どんな世界が待っている?

Imgp5210
約1km満開の桜並木

Imgp5178
ワンちゃんも家族。 

Imgp5172
お花見。 家族連れがシートを広げ、嬉しいお弁当。
アベノミクス効果? コンビニのお弁当単価も上がっているとか


Imgp5323
平成10年全国植樹祭で整備、水無川に広がる見事な菜の花畑。

Imgp5420
対岸の河川敷にはおかめ桜もきれいです

           こんにちは   

Imgp5214
        金城さん

昨日は堀山の家泊。
「久しぶりですね! 金城さん」

「 まだ仕事しているからね 。いそがしくてなかなか来れない]
「今回は笠原パパに誘われてきたんだ」 

「写真撮らしてください」
「この位置がいいかな?」大倉屋さん 背景にポーズ撮ってくれました
奥さんも骨折されたことがあるそうで、ひげさんのこと心配していました。

Imgp5229

父上 下山 背中に大きな荷。「なんですかそれ?」
「自転車 もらったんだ 」 子供のよう。 とっても嬉しそう!

Imgp5224 Imgp5438
高級和紙の原料になる みつまた。 今年も見事に咲く。
登山道入り口。

Imgp5237

丹沢登山の心得 「 低山とあなどってはいけません」

「 ライトもっていますか? 日没時間は季節によって大きく変わります」
登山者急増。 事故を防ぐ、初心登山者へ発信。 秦野市

Imgp5249
           稲      新川

川崎から来ました。丹沢は10年ぶり、鍋割山荘行ってきました。
鍋焼きうどんの値段がちょっと上がっていたそうだ。
とても仲がよさそう。 以前同じ職場でした。
夏目さん不在。 コーヒーが飲めずに残念。

Imgp5259

夏目さんは用事で今日は不在。小屋の様子を見る。

2013年3月25日 (月)

大倉高原レポート№73

  2013年3月23日(土)

このところの陽気で、いっきに桜も満開になりました。野山の花も次々に咲き出
しています。
今日見ました花は、クロモジ、ウグイスカグラ、マメザクラ、ミミガタテンナン
ショウ、カンスゲ、タチツボスミレ、ヤマルリソウ、ダンコウバ イ、アブラ
チャンなどでした。
本日は、堀山の家までを往復し、16時に大倉高原へ戻りました。キャンプ場に
は、4張りのテントが並びました。4日間ほど不通になっていた水 道が16時ごろ
に復旧しました。
大倉高原には、2時間ほど居て、暗くなったところで下山しました。(オ)

  各写真クリックすると拡大します

321
ミスミソウ       3月21日西丹沢にて

 
322
カタクリ    3月22日 撮影 足柄周辺

322_2
キクザキイチゲ  3月22日 撮影 足柄周辺

322_3
福寿草      3月22日 撮影 足柄周辺

Photo_6
ウグイスカグラ

Photo_8
クロモジも咲きだす

Photo_9
ミミガタテンナンショウ


Photo_10
春の到来を告げるヒオドシチョウ

Photo_11
見晴階段西側のマメザクラ

Photo_12
大倉高原のヤブツバキも満開

Photo_13
大倉高原のヤマガラ

Photo
常連さんが下ってくる

Photo
常連さん登場

Photo_2
一本松で小休止

Photo_2
駒止階段手前

Photo_3
駒止階段を上る殿

Photo_4
立ち話

Photo_5
カナブン誰を待っていますか

Photo_19
堀山のシェフ 旬の味を提供 山椒の・・・



      大倉高原山の家

Photo_14
4
今日のテントは4張り

Photo_15
大倉高原山の家

Photo_16
丹沢まつりポスター

丹沢まつり 4月20日(土)前夜祭

       4月21日(日) 秦野戸川公園

Photo_17
また餅を焼いてくれました

Photo_18
あたりが大分暗くなってきました。

2013年3月22日 (金)

日の出山荘解体写真

各写真クリックすると拡大します

塔ノ岳山頂に立つ「日の出山荘」の解体作業が3月9日に行われた。
涌田さんから当日撮影した写真を送っていただきました。

         
        日の出山荘

同山荘は20年以上使用されておらず、廃墟化していた。山頂の景観を損ねていることや、
強風でトタンなどが飛ばされると登山者の事故につながる恐れもあることから解体が決まった

P1000501
  写真は涌田さんが今年2月24日に撮影
  解体された今、とても貴重な写真になりました。




                 3月9日(土)

          小屋解体

P1000517
    すべて約50名の人力で

丹沢山小屋組合(松田浩一組合長)のメンバーや秦野市職員、ボランティアなど
約50人が、事前に荷揚げしたチェーンソーなどの機材を使用して解体した。

P1000535
廃材は14日に戸沢の出合い(戸川1470)にヘリコプターで搬送された

 
 松田山小屋組合長コメント

「山頂からは秦野市内がきれいに一望できる。
景観も良くなり、気持ちよく登れるよう改善し、更に登山客を増やしたい」

2013年3月21日 (木)

小屋便り 3月17日(日)

          
            3月17日(日)

    各写真クリック ると拡大します

Imgp5001
水無川を自転車(電動アシスト)で北上。 
平和橋を渡ると、全国植樹祭の時に整備された
川沿いの梅と菜の花が広がる。

2toreimgp5021

平和橋を北上し、公園駐車場近くで 池田さんにばったり。
ランニングを終え、奥さんと車で来ました。
「 ここで畑借りて、野菜作っているんですよ。見ていってください 」

「 頼兼さん やせましたね。」 池田さん
「平日早、毎日弘法山の尾根歩いています。体調いいです」 頼兼

Imgp5017 

広いのでびっくり! 300坪ほど借りているそうだ。 見事な菜の花。
奥さんが、菜の花を刈り採って、大きなビニール袋に入れておみやげにくださった。
「 おいしいよ! 野菜炒めにしてもいいよ」
「 農薬いっさい使っていません。」  池田さん
さっそく夜、野菜炒め、みそ汁に入れていただきました。
採れたては新鮮、やっぱりうまい!

Toreimgp5025

「 ここから三の塔も見えるんです 」 丹沢の子天狗は嬉しそう。
「今 雪溶けて路が悪いのでランニング堀山止まりです」

丹沢の子天狗 池田さん 紹介

http://www.horiyamanoie.com/info/100926/inforep.htm


  大倉高原山の家

 「 遅い! もう 帰えっちやうところだよ」
   せっかくステーキ作っていたのに  」

  到着が遅くなり 怒られちゃいました。
Imgp5038

   すみれママ       赤石さん

、高原には久しぶり。
「お店 忙しくて、やっと都合つけて・・・」 
忙しくて、なかなか捕まらない?
ママの娘さんから 「ママどこいるか知っていますか?」
「僕に 問い合わせが入るくらい 」 赤石さんも苦笑い。

「 涌田さんが お店へ昼食、食べにいかれたそうですね?]
「 11時半から14時ぐらいまで 」
   「 私もママの昼ごはん一度食べに行ってみたいですね 
     昭和音大出身グループの音楽会の次の日程決まったら教えてください 」
「5月頃 また彼女達と一緒に小屋に来たいと思っている」

高原の元気印 すみれママと 赤石さん
いつもいつも おいしい料理、楽しい時間ありがとうございます。 





     「  お元気登山部 」

Imgp5059_edited1
     同じ職場のみなさんです

「 塔ノ岳目標だったんですけど、花立山荘がゴールになりました」
「 きついところです。 初めての登山で上出来ですよ! 
  大学の登山部が訓練に使う、大倉尾根です     」

Imgp5081
缶ビールで一息。 楽しそうですね。 今日の総括?
おいしいボールチョコレートいただき ご馳走様。

Imgp5086

高原の匠 梶本さん 新たなベンチの構想案を語る。
「 仕事が忙しくちょっとバテ気味  」
 彼女達にみかんのおすそ分け
「 夜の一人歩きに気をつけよう・・・」
 やさしい梶本さん一流の気づかい、ジョークです。

Imgp5082

夏目シェフ 特製 餅焼き機?  これがうまいんです。

2013年3月18日 (月)

大倉高原レポート№72

2013年3月16日(土)

観音茶屋から堀山の父上と同行。見晴茶屋で小休止をした後、また歩き出す。
見 晴の階段では、大倉尾根の瓦版編集長である山川さんに会いました。
堀山の家に9時14分着。まだ、小屋は営業中という幟を出していませんでした。
今日は、久しぶりの晴天に恵まれたため、山頂を目指すことにしました。
萱場平を過ぎたところで、塔から下ってきたチャンプに会いました。大きなプロ
パンボンベを背負っていました。
花立を越えたあたりから雪解けで、登山道が田んぼ状態でした。雪もまだ少し
残っていました。
山頂の手前で、常連さんが下山してきました。今日は、塚田さんの2000回登頂記
念ということで、皆さんお揃いでした。塚田さんおめでとうご ざいます。
山頂に10時48分到着。大倉を登りはじめて、約3時間かかりました。
事前にメールをもらっていた甥が既に山頂に到着していました。彼は、大倉、牛
首、三ノ塔を経由して表尾根から登ってきました。30分ほど雑談 の後、ここで
分かれました。
山頂からの眺めをカメラにおさめ、12時少し前に塔を後にしました。
花立の階段手前で、またチャンプに会いました。今日は、これで2回目の荷揚げ
とのことでした。凄いの一言。
堀山の家に13時ごろ到着。ここで2時間以上休憩し、その後、父上の先導で水場
へ出かけました。急斜面を下って行く水場ルートは、スリルがあ りました。
15時半に堀山を出て、大倉高原に向かいました。16時15分大倉高原着。テントは
1張り、大倉高原では2時間ほど寛ぎ、暗くなったところで 下山しました。(オ)



写真クリックすると 拡大します

Photo
見晴の階段で先を父上 

Photo_2
見晴の階段で瓦版山川編集長に会う

Photo_3
萱場平

Photo_8
    堀山の家営業前

Photo_4
チャンプ畠山

2000
常連さんご一行  塚田さん2000回登頂

Photo_5
塔ノ岳山頂

Photo_7
日の出山荘跡

Photo_9
山頂からの眺め


Photo_10
水場へ下る

Photo_11
堀山の水場

Photo_13
テント場

Photo_14
名物のブルマンコーヒーを飲む二人のお客様

Photo_15
七輪で焼く餅はうまい

2013年3月13日 (水)

小屋便り 3月9日(土)

             3月9日(土)

各 写真クリックすると大きくなります

 大倉屋さんで


 「 まだ使えるよ 」 節約家? 殿柴田

Imgp4800    
   大津            殿柴田

「 携帯の電源が入らない。 頼さん分かる?」
「そうとう古いですね。 バーテリー限界なんじゃないんですか?」
「 新しいの買ったら?」 大津さん
 手で何度も叩くと、なんと電源入りました。
「どう、まだまだ使えるよ」 してやったり殿柴田

                     

 

      石上ワールド in 大倉屋

Toreimgp4789  
          石上さん

土曜日、いつもの角の指定席?
大好きなお酒を楽しむ。 酩酊、豊饒な世界へ

Imgp4806
久しぶりにお会いしました。 新茅山荘常連
ブログいつも見ていただいているお客様?
絶やさない笑顔。お話しするといつも心が和みます  頼兼

       

    大倉高原テント場

Imgp4869  各 写真クリックすると大きくなります
好天、今日も 合計6張りのテントが並ぶ

追記

写真テントを設営している男性(相模の釣師さん)が明治学院大学の皆さんが丹沢へ行っている間 
テント「 ロープが外れてフライシートが飛んでいく寸前でしたので私の方で外してテント内に入れておきました。」 
ありがとうございます。

 

明治学院大学 ワンダーフオーゲル部

http://www5.atwiki.jp/wangel/



今日は大倉高原 テント泊 
明日は塔ノ岳経由丹沢山まで足を延ばす

Imgp4851

 9名参加。 広い空間、素晴らしい展望
 「 待っていました! 」  楽しい食事作り 

Imgp4810
役割分担。細かく切った野菜を、豪快に鍋に入れる。

Imgp4826
 笑顔がこぼれ、歓声があがる

Imgp4897
  けんちんうどん?

Imgp4906
 おいしそう  顔もほころぶ

Imgp4916
一緒に食べる食事は おいしいね

ワンダーフオーゲル部は部員募集中!
トレッキング、登山で自然lに触れ、活動を通じて仲間との絆つくり、
人間的な成長をめざす
昨年は 北海道の百名山 数班に分けてアタック
今年は 東北の山をターゲットに山行計画とか

Imgp4873
テント場展望台から撮影。 秦野市街が広がる

Imgp4981

二張りに分散。 陽気な笑い声が聞こえてくる。


                              各 写真クリックすると大きくなります


Hoseiimgp4943
涌田さん、二週に一度は丹沢へ
高原の常連のお一人。 昨年の餅つき大会にも参加してくれました
最近 会わない日高さんの健康を心配する

昨年12月22日の餅つき動画です

http://www.youtube.com/embed/t3tUspflwH0?rel=0

http://www.youtube.com/embed/qZFYFjzH4PI?rel=0

今日はパパとテント泊

     ひより(2年生)ちゃん

Imgp4922 各 写真クリックすると大きくなります

横浜から来ました。
さっそくテント張り、パパのお手伝い

Imgp4926
慣れていないパパをしっかり補助

Imgp4945
七輪の火をじっと見つめる ひよりちゃん

Imgp4959
夕食は持参のお弁当を温める
「この子と一緒に山歩き始めたので、まだ経験浅いです」
「 慣れてきたらいろいろ作りたい 」 パパ

Imgp4953

お二人に夜の荷揚げのお話をしました。
「 お化けが出そうでとても怖かった 」 頼兼
「 お化けはいないよ!」 ひよりちゃんが教えてくれました。

「 でも夜一人でトイレに行くときは私も怖い 」
フオローしてくれました。やさしいひよりちゃん

Imgp4979
 「 きれいだね !」 パパと一緒に秦野の夜景を見る

続きを読む "小屋便り 3月9日(土)" »

2013年3月11日 (月)

大倉高原レポート№71

                        
                                 2013年3月9日(土)

このところの暖かさで、早春の花がいっきに咲き出しました。
本日見ました花は、シュンラン、ヤマルリソウ、セントウソウ、ダンコウバイ、キブシ、ヤブツバキ、オオイヌノフグリなどでした。
今日、塔ノ岳山頂では、長い間山の景観を損ねていた日の出山荘が解体されました。
日の出山荘は、昭和30年ごろに建てられ、その後30年ほど営業していましたが、老朽化等により、今日まで廃屋になっていました。
書策小屋に続き、一つの山の歴史が閉じられることになりました。そういえば、昨年の7月3日には富士見山荘も火災で焼失しました。

今日もスギ花粉が多く飛びました。黄砂も飛んできたようで、空がどんよりとしていました。

堀山の家から戻りますと、大倉高原キャンプ場には6張りのテントが並び、賑やかでした。(オ)

                             各写真クリックすると 拡大します

Photo  
シュンラン

Photo_2
スギ花粉 これを見ただけでクシャミ

Photo_3
セントウソウ

Photo_4
ダンコウバイ


Photo_5
ヤブツバキ

Photo_6
ヤマルリソウ

Photo_7
河津桜

Photo_8
河津桜と菜の花       松田山にて

Photo_9
花立

Photo_11
ブログ編集長  大倉屋にて


Photo_10
今日は日帰りですか?


Photo_16
日の出山荘が消えた

Photo_17
富士見平から撮影

Photo_13
七輪で魚を焼く かなぶん

Photo_14
丹沢祭りのポスター

クイズ

表丹沢のある場所から撮った写真ですが場所わかりますか?

Photo_18
堀山の家

Photo_19
堀山の家から撮影

Photo_12
大倉高原キャンプ場1

2
大倉高原キャンプ場2

続きを読む "大倉高原レポート№71" »

2013年3月10日 (日)

3月3日 小屋便り

        3月3日(日)

                           写真クリックすると拡大します

Imgp9773   

毎年七つ石小屋に集まっていたグループ。
小屋のオーナーが亡くなり、初めて高原にきていただきました。
昨年6月の様子。

Imgp4683
山好き仲間5名。 今年もきてくれました。
昨日は大倉高原山の家で一泊。

Imgp4655

朝木を集めて豪快な火お越し

Imgp4696
大沼さん。グループでは最古参、大倉高原は初参加
麻とボロキレ布組み合わせた手作り、自慢のマイ背負子。

Imgp4671
登山の楽しみは食事。 調理道具、食材持参。
食事作りは手慣れている。 

朝食の準備。 野菜が一杯の味噌汁が出来上がる。
卵もついて 質素だけど仲間で食べる豊かな食事。

Imgp4706
皆に分ける。

Imgp4713
夏目さんもどうぞ  一緒に朝ご飯






   山大好き 仲良し二人組

Imgp4784_3
山岳部所属 現在4年生。今回は二人だけで来ました。
昨日は滝沢園でテント泊 今朝6時発で塔ノ岳へ。
登って下山してきました。

「 明日は鍋割山荘へ行きます 」
 「 もちろん鍋焼きうどん食べますよ!」

Imgp4765_2

「 コーヒー飲もうよ 」 キリマンジャロを注文
夏目さんから豆ひき渡されて、豆自分でひくことに
なっちゃいました。

「 時計まわりで 回し方反対だよ! 」 
夏目さんに注意され 苦笑 ! 

2013年3月 4日 (月)

大倉高原レポート№70

                                     2013年3月2日(土)

10時50分大倉登山口到着。今日もスギ花粉が多く飛んでいました。目がチクチクする。

観音茶屋で休んでいましたら、田口さんが店に入ってきました。そして、冬なのにいつものかき氷を注文。
田口さんは、ほぼ毎日塔ノ岳に登頂、そのバイタリティーに驚かされます。干柿を戴く、美味い。田口さんと別れ、また登り始める。
途中、大倉高原にも寄る。水道の勢い(先週夏目さんが水源地を整備)が強いためか、それとも下水がつまっているのか、
溢れ出た水が登山道まで流れていました。タゴガエルを今年、初めて見ました。産卵もはじまる。
一本松手前付近で、常連の田村さんに会い、一緒に堀山の家まで同行。
2時間ほど堀山の家で休憩し、3時を過ぎたところで大倉高原に戻りました。キャンプ場はテントが2張りありました。
小屋の中には、泊まり客が4人いて賑やかでした。外は風が強いため、小屋の中で、美味いブルーマウンテン珈琲を夏目さんに入れてもらいました。
水の溢れはすでに修繕され、登山道も乾いていました。

18時に下山。(オ)


Photo_4
観音茶屋   田口さん

この寒さにかき氷!  この元気見習うべし

Photo    各写真上でクリックすると
 
大倉高原山の家                                            画像大きくなります

              

Photo_2
水が溢れる

Photo_3
タゴガエル

昨年配信 3月10日 配信もご覧ください。

ここをクリック  http://bokkazanmai.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/310-d77e.html

Photo_5
キャンプ場

Photo_6
雑事場

Photo_8
一本松手前付近

Photo_7
堀山へ向かう 二人  殿柴田  かなぶん

Photo_9
 今日も鹿に会いました


Photo_11
駒止付近

Photo_10
花立

Photo_3
堀山の家

Photo_4
作業中の父上

Photo_5
堀山付近から見た富士山

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »