« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

小屋便り 5月25日(土)

downwardright 各 写真上でクリックすると大きくなります      

   5月25日(土)

自転車で大倉へ行く途中 撮りました。

Imgp8130
水無川河川敷 たくさんの家族がべーべキューを楽しむ。

Imgp8121
子供達は 大好きな水遊び。

down

     大倉高原テント場

Imgp7897_2
キャンプ場 本日は18張り

Imgp7905_3

Imgp8142

昨夜は パパと一緒にテント泊。 小1と小4年の兄弟。

Imgp7856
 常連中山さんと高田さん 今夜は小屋泊まり
 まだ到着しない夏目さんを待つ。

Imgp7816_2
  マッキーさん     マリリンさん

6月2日ボッカ駅伝競走大会に初参加。
  チーム名は「堀山応援隊」 女子10kgに出場。
強豪ですか? 「 いえ オリンピック精神でいきます」
堀山へのボッカ関係の荷揚げ手伝ってくださいました。
ありがとうございます。今日はテント泊。 

Imgp7927_2
小屋前で常連客と大津さん、山田さんと談笑

Imgp7958

同じくテント泊の 若い男性も入って楽しい時間

Imgp7885
明日は起床後、一旦大倉まで下山、丹沢クリーンハイクに参加予定。
ボランテイア精神、行動力抜群!


Imgp7867
テント泊の御夫婦です。 世田谷からきました。
登山歴は5回ほど。 キャンプは初めて。
「 まだ経験浅いですが、 これから一緒に
いろんなところに行きたいですね」

Imgp7934
豚肉、牛肉入り しゃぶしゃぶ作っています。
「 豪華! おいしそうですね!」 周りから声があがる!

Imgp7883
 一緒に出かけ、夫婦で楽しむ。 
「 人生楽しみたい 」 信頼と絆。

 Imgp8152
御主人はテントの片づけ準備

Imgp8075
テント泊の若者達。 歓談。 荷揚げしたばかりの缶ビール
を5個注文、おいしそうに飲み干す。

Imgp8077
「 お腹ペコペコ 」  料理できました。
期待が膨らみます。 

Imgp8210

田村さん。背負子姿初めてみました。
時々木の又山小屋荷揚げ手伝っているそうです。

Imgp8164
左お二人はご夫婦。 丹沢は初めてです。
山の自然堪能しましたか?笑顔がこぼれる。
案内役?右の男性は3回目だそうです。

Imgp8213
本日もたくさんの登山者が押し寄せた。
大倉バス停。 神奈中バス帰りの渋沢行きも増便。
登山者の下山に合わせてバス3台が待機。

2013年5月27日 (月)

大倉高原リポート№82

2013年5月25日(土)

16時頃から歩き始めました。
観音茶屋で、ちょうど高原に向かう夏目さんに会いました。
この日の高原の泊り客は2名、テントは18張り並びました。
小屋前のテーブルも上の展望台のテーブルも満員御礼の状態でした。益々賑わい
をみせる大倉高原界隈です。
19時近くまで小屋で寛ぎ、日没後に下山しました。(オ)

追記、

5月23日、三浦雄一郎、80歳の世界最高齢でエベレスト登頂成功。

5月25日、大倉尾根の常連さんによる塔ノ岳北面の「シロヤシオ鑑賞山行」が予
定通り行われました。参加者は21名でした。

5月26日、西丹沢自然教室前で第51回西丹沢山開きが開催。晴天に恵まれたくさ
んの登山者と山岳救助隊など関係者が集いました。



写真をクリックすると大きくなります


down

525
シロヤシオ  行者ケ岳  5月25日  撮影

Photo
シロヤシオの花びら

down

   大倉高原山の家   キャンプ場

Photo_2
キャンプ場の写真その1

2
キャンプ場の写真その2

3
キャンプ場の写真その3

4
キャンプ場の写真その4

Photo_3
今日の宿泊者、常連のお二人

Photo_4
小屋前のテーブルも満席

Photo_6
取材する編集長




down

  5月26日  
         西丹沢山開き

Photo_7
西丹沢山開き 写真その1

2_3
西丹沢山開き  写真そん2

3_2
西丹沢山開き 写真その3

4_2

西丹沢山開き 写真その4

2013年5月22日 (水)

小屋便り  5月18日(土)

各写真の上でクリックすると 拡大します

down

Img_0093
器用!餅つき なかなか決まっていましたよ若林さん。

Photo
昨年12月23日 餅つきに参加してくれた若林さん

山小屋「大倉高原山の家」を通じてできた縁。
育った地域も、環境も全く違う人達。 初めてお会いする方も。
皆そろぞれ個性か!冗談が飛び交い、笑顔がは じける。
楽しかった餅つき。 元気もらいました。

down

若林さんから ゴヨウツツジの開花情報いただきました。

昨日(19日)の塔ノ岳北斜面のゴヨウツツジの様子です。
つぼみ大きくなりました、一輪咲いていました。

                     若林

Img_20130519_122655

Img_20130519_123026

downwardright

         5月18日(土)

 堀山へボッカ駅伝関係の荷揚げをした後
 下山してきたら大津さんと湧田さんが話をしていた。
Imgp7408

「 湧田さんにいろいろ取材したよ」大津さん
今や高原の常連。植物にも関心が深い湧田さん。
大津さん 取材ぜひ紹介してください。

iImgp7391
一杯背負って登場3人組。 今夜はテント泊。
全員31歳。何と子供時代からの長い付き合いとか。
「 仲がいいんですね」
「 いや 喧嘩もしますよ」 顔が笑っています。
いまからワクワク。 藤沢からきました。

Imgp7393
ちょうど餅を焼いていた夏目さん。 
「 テント泊料金は、こちらで。 3名で1200円。
  宿泊者は水代 無料です             」

Imgp7423
さっそくテント設営。一人用テントが三つ並ぶ。
いよいよキャンプだ。

Imgp7418
これがネットに出ていたベンチ? 
「 いいじゃん 思っていたより大きいね!」
さっそくここで一杯やろう

Imgp7438
料理も。 道具類が並べられる。

Imgp7439
 風が強く、バーナーの火がゆらぐ
これは計算していなかった。風避けが必要。

Imgp7464

仲間の一人が写真撮影。「 はい 一番いい顔して?」

Imgp7490
お隣にテント張った女性。
山好きアラフオーです。塔ノ岳2回、鍋割2回登りました。
「山でのキャンプ初めてです。 ネットで見て、ここなら安心かな
と思って来ました。 静かでいいですね 。気に入りました」

気さくに笑顔で答えていただいた。

Imgp7425
堀山への荷揚げから下りてきたら 
彼女が何故かテント場の中を行ったり来たり。
「 何をしているのかな?」
「風が強かったので、弱い場所さがしていました。」
確かに左にあったテントが右端へ移動していました。

Imgp7496
風が強く、バナーで火を起すにちょっと苦労しました。
隣のテント泊の男性達と 「 よろしくお願いします」
気さくに挨拶。 

downwardright

  風から火を守る防風ウインドースクリーン

2944r11_2

高さ12㎝  厚さは4mm薄型ステンレス制

610503shousai11_2

ネットでウインドースクリーンは900円ほどで販売されています。

続きを読む "小屋便り  5月18日(土)" »

2013年5月20日 (月)

大倉高原レポート№81

2013年5月18日(土)曇り

午前中は、近くの里山を散策。午後から秦野ビジターセンターの企画展『丹沢の
ブナ林』(動植物の生態やその風景など)を見学しました。
その後、大倉屋で遅い昼食をとり、大倉高原に向かいました。途中、観音茶屋に
寄る。ちょうど店に居合せた青木先生に会う。今日は、大倉高原山の家 に泊ま
ると言っていました。
15時40分、キャンプ場に到着。当初、1張りだけであったテントも、その後、5張
りに増えました。このところいつも盛況なキャンプ場です。
18時30分頃まで小屋前のテーブルでブルマン珈琲などを飲みながら寛ぎました。
(オ)

追記、
5月18日付け神奈川新聞に県立秦野ビジターセンターで開催されている「丹沢の
ブナ林」展が掲載。

5月26日(日)に西丹沢自然教室前で『西丹沢山開き』が行われます。

5月19日現在で、ツツジ新道の標高1,450メートル付近でゴヨウツツジ (シロヤ
シオ)が咲き始め。(西丹沢自然教室のブログ参照)

5月19日付け神奈川新聞に、鍋割山荘に侵入した容疑で男を逮捕。この男は、昨
年の12月にも、同山荘に忍び込み現金やワインを盗んだとして逮捕 されている。

Photo
イチヤクソウ

Photo_2
まだ咲いていたヤマツツジ

Photo_3
里山で見たセッコク

Photo_4
秦野ビジターセンターの 「 丹沢のブナ展 」 2

2
秦野ビジターセンターの 「 丹沢のブナ展 」 2

Photo_5
大倉高原キャンプ場

Photo_6
キャンプ場を行く登山者

Photo_7
編集長と常連との涌田さん

Photo_8
湧田さん スタンプラリー達成

2013年5月17日 (金)

小屋便り 5月11日(土)・12日(日)

    

 各写真の上でクリックすると画像拡大します

                5月11日(土)Cocolog_oekaki_2013_05_17_09_56

予報通り 朝から大雨。 登山者は少なかった。

体調が良くない夏目さんに代わり、小屋少なくなった缶ビールの荷揚げ。
到着は午後7時。  大雨の中テントは4張だった。 

      

  rain  雨中 大宮高校山岳部 rain

3張りは、大宮高校登山部が設営、引率の先生他18名がテント泊。

Imgp7083
既に食事も終え、全員テントの中に。
夏目さんに代わり、宿泊名簿の記入とテント代金
支払をお願いする。 
「 こんな時間に非常識だと」先生からお叱りを受ける。
小屋主が病気で体調悪く小屋到着が遅れてしまったこと
、遅い時間になったことをお詫びする。

山岳部、明日は塔ノ岳~三ノ塔 ~蓑毛山行予定

Imgp7105

夏目さん 火を起してコーヒー入れてくれる。
まだ食欲はなさそうだ。 

21時  「 今日は申し訳なかった。 助かったよ 」 
夏目さんの言葉背に下山。
大倉到着は21時30分。 自転車帰りはほとんど下り一直線。
自宅到着は 23時前。

Cocolog_oekaki_2013_05_17_09_30

            5月12日(日)

午後 自転車で大倉に向かう。 大倉屋さんでラーメン。
「 今 どこ? 」 大津さんから携帯メール。

丹沢ベースあたりで 大津さんが追いつき一緒に観音茶屋へ。

Photo
   高原に向かう途中、お二人に会う
「 今夜は高原にテント泊します 」

Imgp7110
    井上さん       細野さん  

千葉県から来ました。 宿泊簿へ記入  

Imgp7113
見ているこちらにも楽しさ伝わってきます。

Imgp7131
  一緒に到着した大津さんがテント泊の若者に声をかける

Imgp7136
横浜からこられた三木さん。 以前小田急沿線の生田に住んでいた頃は
よく丹沢に来ていました。

Imgp7166
 「今回は ここが頂上。 のんびりテント泊です」
 「 明日は午後勤務の仕事です」
  丁寧な言葉使い。穏やかな笑顔。
 食事作りを楽しんでいる。
 山にくる若者達。 自然に触れ 気分転換、また仕事に向かう。

Imgp7204
さあ 今度はコーヒーだ。 高原の水で岩清水コーヒー作るぞ

Imgp7283
マイテントです。 ぐっすり休んでください。

Cocolog_oekaki_2013_05_17_09_37

 テントの引っ越し

Imgp7219
 最初はここにテント張りました

Imgp7201
食事準備で水場にこられたお二人。

「 2週間前にテント場に新しいテーブルと椅子作りました」

「 大人気です。 ぜひ使ってください 」

Imgp7224
大好評。 テント場の雰囲気が大きく変わる

 テント場一等?展望台今空いています。

Imgp7248
さっそく見に来たお二人。 展望も素晴らしい!
「 テーブルに小物置けるし、料理もできるね 」
決めた 引っ越ししよう  賛成!

Imgp7259
さっそく引っ越し開始 


Imgp7263
 ええい! テントごと引っ越しだ

Imgp7296
     ベンチ横に設営

Imgp7324
  やぱっりこっちが絶対いいね。

Imgp7305
カウンターでお酒も飲めるし、料理もできる

Imgp7323
しばし 展望。
「 晴れた日は大島までみえますよ」 
夜景が楽しみだ 。 

2013年5月13日 (月)

大倉高原レポート№80

2013年5月12日(日)

午前中は、所用があり、15時頃から登りはじめました。
途中、丹沢ベースのところで、先を行く編集長に会いました。観音茶屋にて小休
止。其処へ堀山のヒゲさんとなっちゃんが下山してきました。
10分ほど会話した後、大倉高原へ向かいました。16時15分、大倉高原山の家着。
キャンプ場には、1張りのテントがありましたが、最終的には3張りに増えまし
た。昨日は、雨にもかかわらず4張りのテントが並んだとのことでし た。
天候が悪くても、テント場は、このところ盛況のようです。
18時20分に小屋主と3人で下山しました。(オ)

追記、
5月11日、西丹沢の玄倉の沢で、男性が滑落し、死亡する事故が発生。

5月12日、ツツジ新道の標高1,300メートル付近と畦ヶ丸の善六ノタワ付近で、ゴ
ヨウツツジが咲き出したようです。(西丹沢自然教室のブログ 参照)

5月11日~9月3日まで、秦野ビジターセンターで企画展『丹沢のブナ林』(動植
物の生態やその風景など)を開催中。

5月18日~6月30日、丹沢湖ビジターセンターで企画展「スタッフお気に入りの丹
沢スポット」を開催予定。

downwardright

各写真の上でクリックすると 画像が大きくなります

15
この時間になると登山者も少ない。

Photo_4
ヤマビルに注意の新しい看板

Photo
下山してきた若林さんに会う

Photo_2
ひげさんと会話する編集長  観音茶屋

Photo_3
キャンプ場に向かう登山者に会う 編集長 さっそく取材

Photo_5
大倉高原に向かう 編集長

Photo_6
大倉高原のヤマツツジ満開

1615
大倉高原山の家へ到着

Photo_7
テント場

Photo_8
編集長遅い昼食

Photo_9
取材する編集長

Photo_10
下山の途中 これからキャンプ場に向かう登山客に会う。

2013年5月10日 (金)

5月5日(日) 小屋便り

各 写真の上でクリック画像大きく拡大します

  

           5月5日(日)

Imgp6853
ゴールデンウイーク後半 今日も好天。
大倉バス停に市運営駐車場 
午前11時に満車の看板が立てられ
入り口に車が並ぶ。

Imgp6864
観音茶屋で休憩でご一緒しました。
お歳は聞かなかったですが動作がきびきび
表情も豊か、とてもお元気な女性でした(左)。

Imgp6855
観音茶屋外のベンチ 横に設置されたバッグ置き場。
たくさんの登山者が休憩、作られた理由です。

down     

         大倉高原山の家

Imgp7023
今日も10張りのテントの花が開く。

Imgp6874
若い登山者グループ。 缶ビールで乾杯しよう!
二日で36個のの缶ビールが売れる。
ブログ担当頼兼、本職ボッカに復帰
補充で揚げた缶ビールもあっという間になくなる。

Imgp6880
乾杯! 缶ビール、ペットボトルも入って。
ゴールデンウイーク好天に恵まれ、若者が押し寄せる。
山ガールという言葉に違和感がなくなる。
初夏を思わせる陽気に、彼らの笑顔が良く似合う。

Imgp6910
昭和27年に秦野市が作った由緒ある大倉高原山の家
たくさんの登山者を迎え、感慨もひとしお。
登山者に支持される小屋に環境整えていきたい。

Imgp6961
梶本さんが作ってきたベンチ、机がたくさんの方に利用され嬉しい。

Imgp6971
新しいベンチを利用していただいたお二人

Imgp6988
「 今 モミジ新緑で美しいですが、秋には
 このベンチの上は紅葉で真っ赤に染まりまよ」
「 ぜひ 来てみたいですね!」

Imgp6992
展望を良くするため、あることをしました。
答えは下の写真にヒントが

Imgp7006_2
 展望が素晴らしい! 今日は大島も 良く見える。
 話も弾み、缶ビールの本数も増えていく。

Imgp7024
二組の家族が一緒にテント泊。
テントの片づけ。 家族の楽しい思い出も心にしまう。

Imgp7036
テント泊した子供達。パパ、ママはテントのかたづけ。
トランプゲーム七並べで楽しんでいます。
ベンチトがこういう形で活用される。 子供は遊びの天才だ

Imgp7047
二組の家族のママの一人。先にテント片づけ終わり 
子供達と一緒にトランプ楽しむ。
グループ名 おしえてください。 「 もちおはグループ 」
それぞれの家族の頭文字が入っている?

Imgp7063
パパです。 ご夫婦揃って健康な笑顔。

Imgp7078
もちおはグループ。 片づけを終え、二家族一緒に
下山の準備。大きな荷物になりました。
楽しかった思い出もたっぷり詰まっている。

2013年5月 8日 (水)

小屋便り 5月3日

 

 写真をクリックすると 画像大きくなります

down

 ゴールデンウイーク後半

         5月3日(金)

Imgp6481
快晴。 水無川 「運動公園前」.。大量の鯉のぼりが踊る。
ポカポカ陽気  家族連れが河原に繰り出す。

Imgp6511
更に上流では たくさんのグループが河原でミニキャンプ。
音楽、子供の元気な声が聞こえてくる。 これからバーベキュー?

downwardright

    大倉高原山の家 展望台ベンチ

Imgp6545
テント泊のお客様。  千葉市川から来ました。
 楽しそう  これから何か作るの?

Imgp6538
メニュー? どうなっている?

Imgp6535
即席ラーメンの麺ををナポリタン風スープで味付け。
年配者には出てこない発想。若い人ならではのアイデア料理。 

Imgp6574 
独創料理! お味は? 
「 おいしいね!」  「 いいね!」

Imgp6542
あだ名は欠食児童。 ものほしそうに見えたんでしょうか?

「 どうぞ!」 おすそ分け。
遠慮なく、さっそくがっつきました。
「イタリアン風ラーメンとでも申しましょうか。 おいしい! 」 
 やさしい心配りに感激。 ブログ担当 頼兼 

Imgp6772
夜のベンチ。 夜景見ながら 至福の時。
ニコニコ動画の社員さんとか。(聞き間違えていたらごめんなさい

温かい心がが伝わってくるお二人でした。 笑顔が素晴らしい。

Imgp6764
夏目さん。 体調が今ひとつ。 風邪?  
多くのテント客。ゆっくり休めない。
テント回って宿泊者記帳の手伝う。

、、Imgp6582
中で木の屑を燃やしています。煙突もつけて特製ストーブ。

downwardright

   新しく作ったベンチはどうなっている?

 Imgp6593
 4人の若者が使用。 「 先週作ったばっかりなんですよ」

Imgp6634
学生時代の仲間 徳野グループの皆さん。

「 ゆっくりできて とてもいいです」

「 僕達めちゃめちゃ 運がよかったんですね!」

Imgp6706
高原の武器 岩清水を沸かしてそそぐ

Imgp6710
おいしいコーヒーをいただく。 

Imgp6675
 今夜は こちらでゆっくり眠るぞ。

Imgp6746
テント展望台からの夜景の眺め

Imgp6729
お隣、先輩第一号ベンチも活躍。 女性が料理作り。

 大好評! テント場盛り上がっています。

Imgp6763

小屋に一泊。 殿柴田。 ジョーク連発。テント客も巻き込む。
自称元歌手志望! 大声で美声を披露! テント場まで聞こえてくる。

2013年5月 7日 (火)

大倉高原レポート№79

5月3日及び4日と大倉高原へ。
キャンプ場は盛況で、両日とも10張り以上のテントが並びました。

当初、3日は行者ヶ岳を予定していましたが、例の鎖場の渋滞が予想され、中止
にしました。
好天に恵まれたくさんの登山者が訪れました。鎖場渋滞の写真は、秦野ビジター
センターの自然情報ブログを参照願います。

4日は、大丸までを往復しました。やはり登山者が多く、金冷しの痩せ尾根で
は、一時渋滞も発生しました。(オ)

付記、
5月2日付けの朝日新聞に塔ノ岳登頂2000回を記録した田口さんの記事が載りま
した。

尾根の瓦版№15が発行されました。

私の甥から大室山付近からの南アルプスの写真をメール受信しました。5月4日に
西丹沢自然教室~畦ヶ丸~白石峠~
加入道山~大室山~犬越路~用木沢出合とロングコースを歩いて来たとのことで
した。

私の知人の大金さんから金時山のコイワザクラの写真を受信しました

53
大倉尾根のキンラン

Photo_2
金時山のコイワザクラ

    

     down   5月3日(金)

53_2
大倉高原山の家

53_3
キャンプ場

253
キャンプ場2

353
キャンプ場3

     down   5月4日(土)

54
駒止階段手前は登山者が多い

54_2
いつも元気な田口さん

54_4
 キャンプ場

2013年5月 2日 (木)

小屋便り 4月27日~28日 ゴールデンウイーク前半

     

 写真上でクリックすると写真が大きくなります

        4月27日(土)

Imgp6083
ゴールデンウイークに突入。 抜けるような青い空。
山並みの新緑がまぶしい。
電動アシスト自転車で水無川側道を北上。
平和橋を左折すると風の吊り橋が見えてくる。



     テント場にたくさんのお客様

   新記録!  27日(土) 19張り
          翌日は   17張り

Imgp6097
2回数えてしまいました。 なんとテント19張り。 

Imgp6121
下山してきた登山者親子もびっくり! 「 こんなに一杯のテントが 」
「 今度 泊まりに来ようか?」 パパ

Imgp6096
縄跳びをしたり、かくれぼしたり、子供達が走り回る。

Imgp6106
東京電機大学ワンダーフオーゲル部。大型テント3張り。
16名。今年の入部は6名、歓迎登山。
明日は塔ノ岳。

Imgp6126
食事はカレーライス。 食後使った食器の処理。
山では貴重な水を使わない。 トイレットペーパーで
汚れを落とす。 部の主将が指導。

Imgp6138
こちらは大きな鍋の清掃。
先輩の丁寧な指導。 部のおおらかな雰囲気が伝わってきます。

Imgp6141
小林夫妻。 かわいいお子様は双子。
写真撮影。 ママ 遊びにいっていたお子さんを
わざわざ呼んできていただき恐縮する。

Imgp6170
やさしそうなパパ、ママの笑顔。
赤いシートに広がったキャンプ道具。
西丹沢、檜洞丸 表丹沢は何回も歩きました。
楽しいテント泊。子供たちの忘れられない思い出。

Imgp6185
廣田さん。 テントの支払いに小屋に来ていただきました。
「 お一人ですか? 」 「二人です。 あのテントです」

Imgp6195

テントの中から素敵な笑顔が現れる。 鈴木さん
明日は一緒に丹沢山から蛭ガ岳を予定。

Imgp6211
10人を超すグループ。 フエイスブックで仲間も広がる。
茨城県からきた方も。
実はお昼、20名近い仲間が集まって
小屋前テーブルで中華料理を作りを楽しんだ。
半数が日帰り。 残り半数が今日はテント泊。

Imgp6238
前列左 伊藤さん。 分散していた皆さん集めていただきました。
ありがとうございます。

Imgp6246
夜の食事に備えて準備。 カウンターにいろんな食材が並ぶ。

Imgp6261
子供達はゲームに夢中!

Imgp6304
 子供と大人が一緒に楽しそうな雰囲気。 遅くまで会話。

Imgp6330
秦野の夜景を背に楽しい語らい。

down

  タカヤン 久しぶり登場

Imgp6313
仕事が忙しく、1月ぶりの休み。自然の中で 料理を作る
「やはりとても気持ちがいい 」
タカヤンスマイル。変わらず

Imgp6317
煮魚を作る。 豪快に日本酒を入れる。

Imgp6356
豪華! 金目鯛の尾頭付き煮魚 ごちそうになりました。 


downwardright

今年2月から 日本料理店 「 彩 明日香 」を始めました。

  煮魚   金目  鯛  きんき 他

  蒸し物  蓮根万十 お刺身 白子豆腐 浅利真丈

  お刺身  各種

  味噌漬  柏漬 西京漬け (全て自家製)

  営業時間 午後6時~午後11時

      休み  不定期で月に1~2度

      お店   磯子区滝頭3-5-21

night

           夜景

Imgp6273

Imgp6348

downwardright

           4月28日(日)

Imgp6173
       今日も17張り

Photo_2
高原の匠  梶本さん材料背負って到着。

「 今日はテント場に新しいテーブルとベンチ作るよ」

Photo_3
先々週荷揚げした材料をテント場へ運ぶ
足は倒木を拾ってきて 同じ長さに切る。 

Photo_6
     西川    日高    頼兼
梶本さんと一緒にきていただいた西川さん。
テーブルの足を入れる穴を掘る。高さを合わせるのに皆一苦労!

Photo_4
下山してきた日高さん 若林さんもベンチ作りに参加

Imgp6416
若林さん 筋がいい! 道具を器用に使いこなす。

Imgp6436
     大津 若林     梶本  日高

だんだん慣れてきて技術集団に早変わり?
作業が一気に進む。

Imgp6463

長椅子が完成。 日高さんが仰向けになってみる。
十分な幅、長さ、余裕。 「 いいね!」 梶本さん してやったり。

この後左の長椅子を一気に作る。 
出来上がったのは18時過ぎ、薄暗くなっていた。

西川、 日高、 頼兼3人を 梶本さんが秦野駅まで車で送ってくれる。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »