« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

小屋便り  12月21日~22日

   写真クリックすると大きくなります

 丹沢に大雪

 大津さん甥御さんからの提供

雪景色が見たくて3週連続で塔ノ岳です。
花立を過ぎた辺りから本格的な雪道になりましたが何とかアイゼン無しで登りました。
山頂の気温は-5℃。風がなかったので思いの外暖かく感じました。
下山の際、金冷しを過ぎたところでガソリンタンクを担いだチャンプ畠山さんに会いました。今日で塔ノ岳登頂4463回目だそうです。短パンでないチャンプを初めて見ました。

添付は今日の写真3枚です。

 12月22日撮影

 

12281001

塔ノ岳山頂から蛭ヶ岳方面を見る 

12281021
塔ノ岳山頂

12281031

塔ノ岳直下の霧氷

Dscf7127

田添さん提供

down

   21日  登山道入口

Imgp4955

登山道入り口でお会いしました。

厚木と横浜から来た山ガールです。
鍋割山荘から金冷やし経由で下山してきました。

「 鍋やきうどんが目的」  「どうでした?」

「 ボリユームたっぷり! おいしかったです」 にっこり。

「 金冷やし 雪が一杯でした」 臨機応援 
「 枝の杖 調達。下りてきました」 たくましい!
暗くなり始めていたのに お時間いだだきありがとうございました。

       テント場

Imgp5148
  テントは5張り

Imgp4998

             パパ 弟    兄

キャンプ場3回目です。 今日花立まで行ってきました。
夜 テントから弟の夜泣きの声が聞こえる。
パパがやさしく声をかけていました
朝は早朝から、兄弟の元気な声が聞こえてきました..。

Imgp4982
田中 一也さん

「 明日登られるんですか?」 「 今日登って来ました」

「失礼ですが 初めてですか」
「いえ 料金の徴収で2回お会いしてます」」
冷や汗もの  自分の記憶力の悪さに愕然!

「 これは大変失礼しました。」
「いいえ、塔ノ岳はもう5~6回登っています
 今年3回去年2回です」
「雪で上は大変だったでしょう?」

「 堀山の上からところどころアイゼン使用、花立からは大雪でした。」 

 とても丁寧に答えていただき 恐縮しきり。

Imgp4986
岸本さんが宿泊

好きなお酒をたしなむ。
 「 ちょっと寝たらすぐに歩きだすんだよ」 夏目さん
「 どうなるか わかんないよ」 岸本さん。
 

 

          22日(日)

Imgp5043
6;03 

   地平線の空が赤く染まり始める。 テント場より

Imgp5059
6;12

    東の空が染まり始める    テント場より

Imgp5123
6;46   
   日の出  手前江の島   見晴茶屋前より

Imgp5148_2
テント場 朝4時には 1℃。 
 風があったので体感はマイナスのようだった。

Imgp5219_2

 霜柱が立つ           テント場

Kakudaiimgp5150

田中さん。 「山を歩くのは自分のリフレッシュです」
「夏は北アルプスや南アルプス歩きます。
 表銀座や後立山も歩く標高差はあまり変わらなっかた」
 塔ノ岳はいい訓練場所です」
「 17~8kgを超えるテントはきつくなってきているので
  今年はツエルトでやってみようと思います。
  12~3kgになるので大分楽になると思います」

Imgp5193

「 朝食の準備 今日は下山下でクリスマスイブ迎えます」

Imgp5201

大塚さん 町田からきました。

寝袋に半分身体包んで食事されていました。

昨日 寄(やどりぎ)~鍋割山 ~金冷やし経由で下りてきました。
鍋割山は上の方はアイゼンが必要でした。 
高原にテントは初めて。「新しくテント購入、試に来ました」

「 寒かったでしょう? 気温1度でしたよ」 頼兼
「 夜中目が覚めました。 熟睡できませんでした」

「断熱アルミシートを下に敷くとかなり違いますよ」
「 私は 胸と背中にホカロン張りました。
 温かさが全然違いますよ」 自分のテント経験お話しをする。
「 明日は仕事なので これから下山します」

Imgp5228
岸本さん  朝の4時に起きて 堀山の
ちょっと先まで行ってきました。 

「なにか外人がいて、 ひげさん盛り上がっていましたよ」

この後一緒に餅つき現場まで一緒に
少しスタート時間遅れたので観音茶屋から左折
水無寮経由で餅つき現場まで。

続きを読む "小屋便り  12月21日~22日" »

2013年12月27日 (金)

12月22日(日) 餅つき大会

写真クリックすると大きくなります

      21日(土)

 餅つき大会 前日 準備のため 梶本さん西川さんが
 会場でテントを張って一晩過ごす。 
 準備手伝っていただいた大津さんが撮影。

1227301

1227311

必要な道具を梶本さんの車で運ぶ

1227341
 もち米を洗う。 30kg使用予定 約10臼分

          22日(日)

Kakudaiimgp5386
個性豊かな13人が集まりました。
高原の長い歴史を感じる

1228111大津さん 撮影

若林さん、 高橋さん 西山さん ブログを通じてできた
新しい仲間も。

122821大津さん撮影

      餅つきが始まる。

餅つき大会中心になった梶本さん 貫録の模範演技?

Imgp5337

炊きあがった蒸籠を持ち上げ臼に移す 小林さん

Imgp5340

次の蒸し器を置く前に、釜にお湯を足す 若林さん

 大倉高原山の家20年来の常連 岸本さん。餅つき初参加。 実は初めての餅つき。

戸沢山荘で始まった餅つき大会。 もう20年以上になるという。 当時からのメンバー
だった辺見さんと紅一点 唐澤さん。 ベテランらしくテキパキ動きに無駄がない。

Imgp5256
お土産用の餅袋詰め。 初参加高橋さんが見守る。

Imgp5284

お餅を均等に伸ばす大津さん。 これがなかなか難しい。

大倉高原の昔からの付き合い、餅つきも当初から参加。絶えずジョークを飛ばす。

自転車愛好家、四国八十八ケ所、スペインの巡礼の旅著書がある
フリーライター小林 さん。

2014年 1月19日(日)  時間 18時30分より
TBSラジオの自転車愛好家番組に出演予定

小林建一
小田原市生まれ。
20~30代は旅・山登り・スキー・テニス・ダイビング。
40~60代は旅・自転車・ヨットに狂っています。
「輪行」とは自転車をたたんで袋に入れて電車等で移動。
目的地で組み立て走り回り、またたたんで帰る方法。
国内は北海道、東北、また東京の近郊ではよくやっております。
外国はスペインには4年通い、また欧州の国々を走っています。
「旅好きオヤジの自転車巡礼記」エイ出版社
「50歳を過ぎたら輪行しよう!」彩流社
「輪行するなら千葉にしよう!」彩流社
が出版できました。お手にとっていただけたら幸甚なり。
1946年生まれ(67歳)ですので、あのツール・デ・フランスのように
ビューッと走ることは出来ません。
マイペースでギーコギーコとのんびりと町や村の匂いを味わいながら
走っております。気に入った場所ではスケッチをしたり、携帯ストーブで
コーヒーを飲んだりの道草の旅を続けてます。歳や体力に併せた自転車の
旅も面白いものです。ぜひ、皆さんにもお勧めします。
1月末から1ヶ月間、キューバを走って来ます。
昔、冬の丹沢での沢登りが大好きだった男より。
                                 小林建一        

30kgのお餅をつくのに たくさんの水が必要。 餅つき以外の作業も手分けして。

Imgp5260
直ぐ傍をきれいな水が流れる。

子供の頃から 餅つき経験した大津さん。 腰が決まっています。



 

西川さん 去年梶本さんと塔ノ岳で会い、餅つき初参加していただいた。 昨日から
この場所にテントを張り、事前の準備していただき、梶本さんとともに餅つきの実施に
大変な貢献していただいている。

今年11月小屋に泊まっていただいた西山さん ブログを見て参加していただいた。
餅つきは久しぶり。 最初は戸惑いがあったが、昔とった杵柄。 要領思い出し
後半は調子をだしてくる。

昨年の餅つきから参加していただいている若林さん。 毎週のように塔ノ岳へ。
帰りは高原のいろんな作業を手伝っていただく。  
今や高原の中心メンバーの一人に。 気配り上手、さりげなく新しいメンバ-の
餅つきお手伝い。

Imgp5325

新旧メンバーが仲良く。

小林さんと逸見さんは大学の同級生。 ジョークが次々でてくる。 映倫スレスレも?
きつい言葉のやりとりも仲が良い証拠。 餅つきを盛り上げてくれました。 

榎本さん  高原とは古くからの付き合い。  不言実行タイプ?。 
餅をこねる姿見て 「 こんなにうまいとは知らなかった 」 夏目さんもびっくり。

Imgp5272
 西川さん 豚汁作り。  

去年塔ノ岳で梶本さんと知り合い、直後に餅つき参加。
全体の流れみて、的確に必要な応援をしていただく。
今回も西川さんに大変お世話になりました。

Imgp5280
「 おいしい!} 豚汁 皆さんに大好評

夏目さんのビニール手袋が活躍。  「 ウイスキーいかが?」 「 お湯割りでいこうかな」

Imgp5289
絶えずお湯をつけ足す

お土産用のお餅   出ましたダジャレ 「 座布団一枚」

高橋さんも挑戦。12月8日に高原ブログに初登場。 ブログの案内で餅つきに参加いただいた。場所を探していたら、高原から下りてきた夏目さんとばったり。 一緒に車できていただいた。

Imgp5372
小林さん別注? 辛子餅も登場

「 辛子餅ってどこの地方で作られているんですか?」
「 よく知らないんですが、通っている飲み屋さんのご主人に頼まれたんですよ」

Imgp5379
こんな色になりました。

辺見さん 20年来の餅つき経験、伊達じゃない。 長身から打ち下ろす。重い速球の趣。

Imgp5299
蒸籠が蒸しあがる。 口も八丁、手も八丁。 よく動く小林さん。

ma

 流れを見て、自発的に自然に動く。 皆で手分けして作業。 チームプレーも見事。
皆さん力があるのが良くわかる

Imgp5335
次の蒸し上がりを待つ

 

準備のため昨日この場所にテント張って泊まってくれた、西川さんと話す。
寒くて大変だったようだ。 梶本さんとともに今回の餅つき実施、縁の下の大きな貢献。
目の前では榎本さんが快調に飛ばす。

Imgp5380
30kgの餅づくり。 よもぎ餅も 
袋詰め。 皆さんのお土産用
 

Imgp5382
餅づくりに使った手つくり台。 梶本さんが
あっという間に解体。 

 

Imgp5385
道具の片づけ。 梶本さんの車へ

2013年12月19日 (木)

小屋便り 12月14日(土)

      写真クリックするとおおきくなります

14日写真・情報 大津さんから提供していただきました。

           14日(土)

1226221

1226211

    大倉高原キャンプ場 テント5張り

122624116時37分
  高原到着

夏目さん 七輪の火をおこす

1226251

沖に客船が見える

1226261

夕闇迫る小田原市街

122628117時27分 

秦野市夜景

 

 down    写真クリックするとおおきくなります 

 

           15日(日)

Imgp4518
          夏目    田村   若林

田村さん 膝が痛くて今日は一本松止まり。
荒治療の積もりで歩いたけど、やっぱり調子良くない。
「2週続けて木の又小屋へ荷揚げしたからかな?」と反省
「ダメだよ、そんなことしちゃ」 夏目さんも心配。

「 若林さん 22日 餅つき参加しますか?」 頼兼
「 参加します 朝が早いので車の中で時間まで
  過ごそうか迷っている 」 と若林さん。

Imgp4525

熊手が壊れて修理。
「 乱暴に扱ったからじゃないんですか?」
「そんなことないよ」夏目さん。
直した熊手使って若林さんがトイレ前の階段の落葉掃除。

Imgp4529
       松本    一條

それぞれ川崎 、横浜から来られました。
「年に2~3回きます。 今年は2回目」
「 小屋が開いてるのを見たのは初めて 」と松本さん.
毎年 テント担いで塔ノ岳まで上がりその年の体調を占う。
1月ごろ滝沢園で宿泊されたそうだ。
「ここのテント場はいくら?」  「 テント場 一人400円 です」
来年はここにテント張ってやってみようかな?」

一條さん塔ノ岳は初めて。 「どうでしたか?」
「 いや 大変でした 」 笑顔で答える。
「 写真撮らしてもらっていいですか?」
 一條さんの自然なスナップ狙います!

Imgp4565

帰ったらお風呂に入ってゆっくり休んでくださいね

Imgp4575

日高さんは朝5時半から自宅近くを70分ほど散歩するそうだ。
「 この時期暗い空に東京タワーやスカイツリーの明りが見え
  きれいですよ 」 
「 東京タワーの方がきれい」
「スカイツリーはLED電球で点滅しているが今一つ」

Imgp4589

横浜から来られました。 ヤビツ峠から表尾根経由で
下りてきました。 帰途 止まって撮影協力いただき
ありがとうございました。

Imgp4604

紅葉の葉がすっかり落ちて、高原の屋根に。
まもなく冬将軍を迎える季節になりました。

Imgp4632

仲間と秦野駅前から朝1番バスで。表尾根から塔ノ岳経由
下りてきました。

「ここが大観望です。今日は大島がよく見えますよ」
「写真撮らしてもらえますか?」 [ ブログで配信します」
「え! 化粧しなきゃ」
「帽子少し上げていただけますか?」
「 逆光になっているので 少し補正します 」
「 補正って? 顔うまく撮れない時は修正するんですか?」
「 その場合は別途料金いただきます!」
仲間の皆さんと冗談いいながら、楽しく撮らしていただきました。、

ハッシュハウスハリアーズ

競走ではなく、楽しむことを目的としたランニングクラブ。
世界各地にあり、日本にも複数の支部がある。

  大倉高原 小屋前ベンチでパーテイ

ビールが大好き、 パーティー大好きな仲間達。
ランニング後の飲み会です。..

 

Imgp4669
 ハッシュのメンバー 右の女性とお話

外国人女性が一人で下りてきて、バナナ入れケースからバナナを取り出し食べ始めた。
私はバナナ入れケースを初めて見たので 「便利なものだな?」 と感心し声をかける。

「日本語OKですか?」 「 大丈夫です」
「ハッシュのメンバー。ランニングで塔ノ岳から下りてきた。自分が最初でこの後、
 たくさんの仲間が下りてくる 」
全員下りてきたらここ高原でパーテイをやるという。

「 ずいぶん遅い時間からのパーテイですね !」
「日曜日夕方は テーブルが空き他の休憩者に迷惑かけないから 」
「なるほど !」

皆さんが下りてくるまで 30分ほど
いろんなお話し伺ました。

来日して10年。 たいへん 日本語がお上手。
日本でのいろんな経験お話してくれました。

 「 私はバランスがいいので下りの走りは得意。
   皆歩いて下るところ、私は走って下りてきた」

「野沢温泉.夜祭り(燈籠祭り)、夜のお祭り見に行って大変寒いを思いした」

「電車で寝てしまい目的の駅乗り過ごしたことがある。
 誰も声をかけてくれなかった。 日本人何故 起してくれない?」

● 渋沢駅、大倉バス停など英語の表示が不足して
   外国人は 困っている。

 駅などに 外国人が初めて来た時でも分かるように
一枚の紙にまとめた簡単な英語の案内書があると便利。
 例えば渋沢駅から大倉バス停に行くまでの簡単な英語の案内図ができないか?

Imgp472716:49
どっとメンバーが下りてきた。

Imgp474916:40
早く下りてきたメンバーがパーテイの準備

Imgp476716:55

「 乾杯!」   「 料理もどんどん食べて!」
「 ビールをおいしく飲むために、走っているようなものだね」

Imgp482317:02

ランニング後のビールはうまい。
「今年も東京マラソン抽選外れ。 なかなか走れないね 」
夜景見ながら、交流を深める。

 取材のお礼を言って下山。大倉バス停へ。

Imgp492917:59

大倉バス停近くなるとライトアップされた
風の吊り橋が見えてくる

Imgp493518:06

秦野戸川公園のイルミネーション

大倉高原主催 餅つき大会

費用  お一人様 1500円

     家族連れ 1500円+500円
     5人家族まで
       

 参加人数により費用が変わります
            (下がるかも)

          申込み  

   期日  12月20金)まで 
                 当日参加でも結構です
        お子さん連れ歓迎!

12月22日(日) 10時スタート

下記の案内図 餅つき現場で行います
不便な方大倉バス停まで 迎えに行きます

問い合わせ  頼兼まで 連絡してください
    090-7710-0770

Map4

昨年の様子です。

Img_0127

大倉高原山の家  2012年22月23日付 ブログご覧ください 

down クリック

http://bokkazanmai.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/index.html

2013年12月11日 (水)

小屋便り  12月8日(日)

写真クリックすると大きくなります

  down    7日(土

大津さんから土曜日の情報いただきました

1224271

夕方から忘年会の登山客で賑わう

1224281

七輪で火熾し 若林さん

1224292

暗くなったキャンプ場 16時46分

1224301

高原からの夜景 17時29分

 

  down                8日(日)

Imgp4316_2

登山道入り口   紅葉が鮮やか
皆さん見上げて 「 きれいだね ! 」

Imgp4374

暗くなって ランプなしで下山してくる登山者
によく出会います。
日没時間が早くなっていること要注意!
日没前に下山。 余裕のある登山計画を。

Imgp4381

近ちゃんと大林さんに会う。

Imgp4404

高橋さん。 藤沢にお住まい。 車できました。
「そんなに しょっちゅうじゃないんですが、 
夏目さんが気に入ってきています」
「素でいられる」、ありのままの自分でいられる高原が好き。

沢登り歴35年。 若い時は上昇志向で「 突っ込んでいた」が、
年とともに、感覚が狂ってきて頭の中の記憶と
実際の登山が合わなくなってきました」  悩んでいたら 
「 親父もういいんじゃないか? 長生きしてくれよ 」
 息子の一言で危険な沢の登りをやめ 今はハイカーに。
 「 徘徊しています」 と笑う。 
「ヒルは苦手 夏は来ない」 
自称 「 風来坊! 藤沢の変なおじさん」

Imgp4425_2

夏目さんがそろそろ小屋終う準備始めた頃
「忙しいとこすみません。ブルーマウンテン二つ」

[ コーヒーのおいしい小屋がある」と 
一緒に歩いた登山者に連れられて初めて高原に。
それから病み付きに。 左の女性。
「 おいしいコーヒー。でも値段 安すぎません?」 賛否両論
「 ちょっと高すぎると 水でいいか?」と 
誰も飲んでくれない」と夏目さん。値段の設定はむずかしい。
小屋番35年 夏目さんの深い経験、考えから。

岩清水コーヒー
          ブルーマウンテン 220円
          キリマンジャロ  130円

Imgp4445

配信でご迷惑かけないよう気をつけています。 

「 私達は大丈夫ですよ !」

「でもマル秘の登山者もいるかも知れないですね?」
 富士山に背広で登ってくる人を見かけたとか? 仕事中?

「 実は西沢渓谷で滝壺に落ちた女性をザイルで助けたことがある
 ですよ!」  
「しかし連れの男性との関係がどうも?」 高橋さん。
 話題は迷走?あらぬ方向に。初対面ながら会話盛り上がる。

Imgp4469
         小1       パパ

横浜から車できました。子供の頃親に連れられて歩いた鎌倉アルプス。
その経験で、今度は自分が息子を連れて歩くようになりました。
金時山に連れていったら意外と登れたので 今日初めてこちらに。
「でも、息子今日はちょっと足がつってしまいました」

Imgp4478
水分補給。

親子の触れ合い大切に。パパの気持ち伝わってきます。
山や自然好きになってほしいですね。

Imgp4493

「 こちらに来たらコーヒー飲みに必ず寄る 」
「 頂上で話足りなかったこと、ここで一服、続きを?」
高原のコーヒー いろんな愛されかたしています。

Imgp4496
大倉クラブ 仲村さん。 

堀山10年来の懸案だった危険な水汲み。 
堀山の家 沢からポンプで水くみ上げる設備を完成させたそうだ。
字名は 「船長」 堀山の家 施設部長?さすが機会に強い。
「見に来て」 「 近いうちに伺います」

Imgp4501

帰り支度始めたら、次から次とお客が。 
一旦消えかかっ七輪の火をまた強くし 
ヤカンのお湯沸かし直す。

Imgp4504

   ガイドの男性      
西丹沢 畔が丸登った後 「 大倉尾根もいいよ!と
 案内してもらって初めてきました」と女性。
「どうでした? きつかったでしょう?」
「花立階段の下で 両脚がつってしまって大変でした 」
しかしガイドさんの適切なストレッチ指導で治り、その後は快適に頂上まで。 
来てよかった。 笑顔に満足感が一杯
「今度は脚つらないように。 また来たいとお願いしたところです」

Imgp4510
小屋前、雨が少なく草が乾燥。火災予防!
夏目さん

火を入れ焼きました。

2013年12月 4日 (水)

小屋便り  11月30日(土)~12月1日(日)

   写真クリックすると拡大します

       11月30(土)

       観音茶屋

      やる時はやる

Imgp3597
 下山してきた駒止常連 近ちゃんに会う

暴飲暴食がたたり40代後半で糖尿病に。 
お医者さんに「 このままだと大変なことになりますよ!」
びっくり。 「 失明の恐れも!」 
一発発起! 体重を必死で落とす。
「 どんな方法で?」 
「 減量のため固定式自転車を買ってきて漕いだ」
「家にいる時は一日漕ぐ。 テレビを見ながらでも。
 ただひたらすら漕ぐ 」
76kgあった体重は、2ケ月ほどで50kg代に。
丹沢を踏破した体力と意思力は強固。 集中力もすごい!
近ちゃんだからできた離れ技!
他の人はマネしないように。 体ぶっ壊れてしまいます。

 缶ビールを上手そうに飲む。にっこり笑って 「 もう一杯 !」

      大倉高原 テント場

1219181大津撮影

伊勢原市石田にある県立伊志田高校山岳部
山岳部ができて38年になるそうです。
顧問の先生二人と部員8名。2年と1年生。
月に1回は登山。スポーツクライミングも盛ん。今年の夏は甲斐駒へ。
丹沢にも訓練でよく来る。 昨年は2度も雨に降られたとも。

1219252 大津撮影

今やテント場の常連? 竹山さん。今日もテント泊。

1219241_2大津撮影

        小屋前 夜景            

Imgp3607
「 今日の夜景は今までで一番。 ほんとうにきれい 」
防寒対策用ズボンもばっちり。

Imgp3643
18:10

何度もライトの位置を変更して撮影。 お手数かけました。
何とか夜景が入りました。

大倉のバス停でお二人見かけました。

「大きなバッグ。 ひょっとしたら大倉テント場へ?」
やっぱり お二人でした。

Imgp3681
19:45

調布のTOAさん  藤沢の早苗さん。
学校で出会う。 意気投合、一緒に山登り始める。
甲斐駒、北アルプスにも登りました。
2008年にはお母さんと一緒に富士山登山。

Imgp3687
今回は新しい登山バッグ購入、試に。
今日の夕食は豪華 「 鳥のワイン煮 」
どうでしたか? アルミホイールの包み方加減がよく分からず
ちょっと苦戦! でもご飯と一緒においしくいただきました。

明日は5時起き。 「 塔ノ岳 日の出を見に行くぞ」

           12月1日(日)

Tore1imgp3781
 月が見える 

    5時46分 日の出前      小屋前

          朝5時

Imgp3743

5時  伊志田高校山岳部
 朝食のラーメン作り。 皆が一緒にに食べれるように 
 「餅とか具は 同時に入れるように」
顧問の先生から実践的な指示。
「 先生 味付けは醤油と塩どっちにしますか?」
「 どっちでもいいよ 」

Imgp3751
山岳部ではスポーツクライミング(壁登り)も盛ん。 最高到達点を競う。
12月22日・23日全国大会が 埼玉県加須市で行われる。
部の生徒さんが一人決勝へ参加するそうです。 すごいですね。

Imgp3768
一緒に熱いラーメンを食べる。

お昼は? 「 コンビニなど利用してそれぞれ」

Imgp3824
    食事後 テントの片づけ

Imgp3910
   6:38   塔ノ岳目指して出発

Imgp3960

8時34分  TOAさん

 早苗さん塔から戻ってきました。

素晴らしい日の出が」見えたようです。
9時30分までに大倉へ戻る。

Imgp3989
8:43

 相模湾の逆光が美しい  テント場より撮影

Hatusimaimgp1682

1219231大津撮影
      三ツ石の岩場   真鶴半島の先端

Imgp4226

9:58   山仲間の皆さん。 好天に恵まれ 山日和。
       良かったですね。

Imgp4254

10;08
ご夫婦とワンちゃん。浜松から車で朝6時に出て2時間半。
丹沢は初めてです。

Imgp4244

名前はハリー。 11歳。

「 腹巻見たいのもの お腹が冷えないようにですか?
「 お腹が汚れないようにっするためです」

「 軽沢にも連れて行きました。 この間は箱根の山へ」

Imgp4297
11:20 竹山さん

Imgp3924
11:24

   陽を浴びた 紅葉が輝く    テント場より

Imgp3978
11:29

                    テント場より

down     餅つき大会

   今年も実施します。

  期日  12月22日(日)

  場所  昨年と同じ  図参照

  時間  午前10時より

費用  お一人様 1500円

     家族連れ 1500円+500円

 参加人数により費用が変わります(下がるかも)

          申込み  

   期日  12月20金)まで 

    頼兼  (090 7710 0770  午後8時以降お電話ください )
    夏目さん  梶本さん その他常連の方を通じてでも結構です

本格的な餅つきです。 餅つきぜひ体験してみてください。
要請があれば、 大倉バス停まで 迎えに行きます。

見学だけでも結構です。

Map4_2

昨年の様子です。

大倉高原山の家  2012年22月23日付 ブログご覧ください 

down クリック

http://bokkazanmai.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/index.html

Img_0057_2

Img_0077_2

Img_0107

Img_0118_2

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »