« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

小屋便り  7月26日(土)

 写真をクリックすると大きくなります

          7月26日(土)

Imgp9354

    松村     中橋     清家

ヤビツから塔ノ岳経由で下山中、観音茶屋近くでお会いしました。

東京、千葉 神奈川にお住まいの同じ会社の社会人。
「 1年半前に結成、会社の非公式登山部?です 」 
「 デスクワークで運動不足解消が目的です」  

 「 とっても暑っかたでしょう?」 頼兼

「 花立でかき氷食べました
「 下では冷たいビールが待っていますか?」 頼兼
 「 冷たいコーラです 」 「暑いので無性に炭酸が飲みたい

「 2012年頃テント場で話しかけられました 」松村さん 
「 最近ブログちょくちょく見ています 
「 明日また登ります。 明日は丹沢さんまで行きます」 すごい元気

「 今年の予定は?」
「 八ヶ岳 全山縦走をやって、その週の後半に北アルプスへ行く予定です」
  上高地から西穂、槍ヶ岳へも計画しています」 松村

 

         大倉高原テント場

 

 

      大学の時の同窓生

 

Imgp9387

3人大学の時の同窓生です。 真ん中の方が山経験豊富。
彼に誘われて山は2回目。

 Kaku2imgp9369 

火お越し。 火力強くするため小枝を付け加える

Imgp9371_2

ワンタッチテント一人用 1.2kg
「 中で横になって星空眺めてみたいですね 」

「 昼間は暑かったんですが、涼しくなりました」 

Imgp9375

レトルトのカレーを作ろうとしています

Imgp9421

出来上がったようです。 「 なかなかじゃない?
一番新しく作ったベンチ。 お役に立てて嬉しい。
明日 塔ノ岳へ登ります。

 

     自分の時間を大切にしたい

 

Imgp9395

篠原さん藤沢からきました。 3回目です。 

朝一番のバスできてテント設営。 塔ノ岳まで行きましたが
暑くて丹沢山までは行けませんでした。
ゆっくり食事中。

Imgp9410
  篠原さん 山岳用のテント 1・5kg

「 車で行ける平地のファミリーキャンプ場は賑やかでいいですが、
 静かにしたい時は、あまり良くないですね
。」

「 高原がいいなと思うのは 山のキャンプ場なので自分で歩いてこなければ
  いけない。  静かで、山の好きな方達が集まってテント設営している 
」 
 少し標高が高いとキャンプ場の雰囲気全然違います」

 「 今日は登ってきてのんびり、天気もいいし 涼しいし、いいですね 

 「 子供はみんな一人前になりました。 時々は奥さんと違う時間を持つ。
   日常に変化もたせることが大事だと思っています 」

  「 自分で自由に、好きなことができる時間、私は今山を楽しんでいます」    

「 ゴールデンウイークは北アルプスへいきました」 
 忙しいのでなかなか時間取れない
 今年の夏は いろいろ用事があり予定が立ちません

 

   時々自然に触れたくなります

 

Imgp9415

 新宿からきた本多さん。 18時 一番遅く来られました。 

ポールをテキパキ立てツエルトを設営 「 ここは初めてです 」 

「 山は?時々登ります。   関東平野の最北端栃木県の田舎育ち。 
 現在都心に住んでいるので 自然に触れたくなります 

 

 「 蚊取り線香持ってくるのを忘れちゃいました 」  本多
 「 私少し予備持っているので使ってください」 頼兼

「 蚊取り線香取りに行って、お渡したら 正面からお顔写真撮るの忘れてしまいました。
 すいません 本多さん 」   頼兼
 

 

       11時間歩きました

Imgp9446

 東京品川から来られた荻田さん親子

「 昨日金曜日 会社の午後休利用、仕事が終わって午後高原へ。 
 テント設営 午後6時頃 ここでご飯を食べました。」

Imgp9458

今日は朝6時頃高原テント場出発。 塔ノ岳 ~丹沢山~ 塔ノ岳 ~金冷やし
~ 鍋割山~ 金冷やし~ 高原テント  11時間ほど歩きました。

 「 1時間半 水飲んでいなかったので喉が渇いて」 パパはお水ゴクゴク

  智輝君 すごい長距離歩きましたね。 疲れみせず笑顔。
 

Imgp9453

智輝君 3年生

 「 昨日の夜は テント場二人だけで 怪獣出るんじゃないか ?
   とても
怖かった 」 智輝君

「 鍋焼きうどん 食べた?」
「 生まれて初めてこんなにおいしいもの食べた!」  智輝君
「 長時間歩いて、遅い昼食になったので おいしかったみたいです」 パパ

 「 自分の母親が体育会系のワンダーフオーゲル部でした。
  その影響でしょうか? 私も子供山連れて歩いています 」
 

  智輝君ボーイスカウト歴始めて3年目

 「 ボーイスカウトも大好き、 ボーイスカウトが無い時パパと山へ 」

 

             冷たい水

Imgp9473

塔ノ岳から下りてきた桑江さん(前) 永井(後)さん
横浜、東京からきました

「 塔ノ岳 頂上暑かった。 霧も出て風も強かった 

「 水おいしいそうだね 
「 ビンビールも売ってるよ。 安いね!」
明るい闊達な若者でした。

 

           盆踊り

Imgp9476

  賑やかな 「 東京音頭 」 高原まで流れてきていました。
 20:00 大倉バス停前  納涼盆踊りをやっていました。

 

2014年7月19日 (土)

小屋便り 7月12日 (土)

写真をクリックすると大きくなります

 

          7月12日(土)

Imgp9225

登山道入り口 見事なヤマユリが一輪

 

         大倉高原

Imgp9295

好天10のテントが並ぶ。 今週は二つの高校が
賑やかな声が

 

     料理とおしゃべり三昧

 

Imgp9227

 西田さん         丸山さん

本日 西山さんは塔ノ岳まで往復してきました。
丸山さんは駒止で帰ってきたそうです。「 暑かった!」
明日は塔ノ岳から表尾根三ノ塔経由大倉へ下山予定。

料理を作り、食べることが大好きなお二人。
おしゃべりしながら楽しそうに作る。一緒のこちらも楽しい。

たっぷり野菜の入った料理。いろんんな食材が入り
いろんなダシが付け加えられる。
「 バージョンアップされたチゲ鍋うまいね」

 高齢者は野菜中心は昔の話。 お肉もたくさん。
「 三浦雄一郎  加山雄三は肉もしっかり食べる
   ているそうだね 

現役バリバリのお二人は お肉も大好き。

Imgp9230

大倉で100円野菜 キューリも買ってきました。
「 日本ではキューリ油でいためる感覚ないが
  中国では普通 」 丸山さん

 

話題はいろいろ

 

7月6日亡くなった ひげさんが話題に
 話の面白い人だったですね 」 丸山さん

「依頼されてお通夜、お別れの会でひげさんの写真スライドショーを作りました。
 元は2005年(平成17年)から作っている堀山の家HPから選んだ写真を使用 」

  クリックしてください                        頼兼

http://www.horiyamanoie.com/info.htm 
             日付けクリックすると記事が全て出ます

「 今でも堀山の家HP作っているんですか?」 丸山さん

「 はい、 毎週土・日 小屋から送られてくる写真でブログ作成。
  今も毎週、配信しています 」  頼兼

 

「 腰が痛いんです、 椎間板ヘルニアです。 頼兼さんもそうですね
  どうして直したんですか? 」 西村さん
「 病院には行かず、ただひたすら歩いています。 コルセット代わりに
 なっている腹筋、背筋が強くなって。 
 直ったわけじゃないんですが 痛み感じなくなっています
 13年の荷揚げで身体強くなりました。       」 頼兼

「 私も経験があります。座りっぱなしが良くない。仕事の内容が変わって
 インドア中心になって腰を痛めました。

 腹筋、背筋が弱くなると、腰が痛くなる」 丸山さん

 

私がたまたまテレビで見た石原裕次郎主演 堀江 謙一さんの
「太平洋 ひとりぼっち」が話題に。 学生時代ヨットをやっていた丸山さん
「 私の学生時代、裕次郎の兄の石原慎太郎と一緒に同じヨットに乗った
  ことありますよ 

「 大海の暴風雨, 山のような波、 小さなヨットよく沈まないですね  」頼兼

「 ヨットはひっくり返っても復元する仕組み、 しかし船内に水が入ったら終わり!」
  荒天、台風の時はしっかり船内を閉め、後はすることなし 」
 太平洋を横断した後もソーラーの手漕ぎボート等彼のライフワークは見事。」 丸山さん

 

 西山さんは今月穂高へ 
「 新宿から夜行バスで上高地に着くのが朝の5時 12時前には 涸沢に着きます」

「 上高地から涸沢まで6時間くらい?」 丸山さん

「 横尾まで3時間 横尾から本矢橋まで1時間半 本谷橋から涸沢まで 

  同じくらいですね」 西山さん

「 一回徳沢にキャンプ行ってみたい。 いいでね 緑が」 頼兼

「 もともとあの場所は牧場だったんですよ 」 西山さん

 

花火の話も

日本3大花火大会 新潟県長岡の大花火大会
(最初は 昭和20年の長岡空襲で亡くなられた方の慰霊のため創められた)

「 長岡の正三尺玉花火 すごいですよ。 直径が650mにもなる
  空一面!究極の大臣遊びですね あれは !」 
丸山さん

 

「 昨年の9月29日 たばこ祭りのナイアガラの滝もすごかった」  頼兼撮影

     大倉高原ブログ2013年 10月 参照

Imgp9334_2

手前 西村さん 向こう側 丸山さんのテント

Imgp9332
丸山さん  おしゃれな水色縞模様ベンチ

 

      八王子高校

 

Imgp9241

 3年生は引退、1,2年生だけの部員11名
 夏合宿前の訓練、一年生は高原初めて。

 

Imgp9247

 新部長と料理長で料理を作る。

「 すき焼き?」  「 元は牛丼です 

「 名称は何でもいいんです。 おいしければ 

転んで器落として、せっかくの料理をぶちまけるハプニングも!

皆で爆笑。 しかし若さ一杯 新部員達切り替えも早い。

 今年は夏合宿は、北アルプス表銀座常念岳へ。

 明日は塔ノ岳から ヤビツ峠へ出る

 

          青山高校

 

Imgp9263

青山高校 顧問の先生お二人

3年生が引退して全登山部員3名。
「 首の皮一枚つながっています」 先生(笑い)

「生徒さんへの取材よろしいですか」 頼兼

もちろん OKです 明日は塔ノ岳から三ノ塔経由大倉へ

Imgp9299

「 自宅が藤沢で丹沢方面雨雲が出ていたので 
  雨がふるかな?と思い、テントの上にブルーシート張りました 」
 顧問の先生細かい配慮

Imgp9270

青山高校登山部 2年生と1年生
 「部長と 副部長ですね」 頼兼(笑い)
 少数精鋭 2名 難関文武両道なかなか入れない登山部?

「 登山は高校に入ってから。 食事はカレーライスでした」

夏山合宿の訓練で。 今年北アルピスを目指す。

 

Imgp9323

東京の大田区から。テント場は何回かきています。

 ブログこちらに来るときも見ました。

2時間ほどかかります。JR 小田急 相鉄乗り継いで電車できました。

いつもは登った後、テント泊まるんですが

今日 起きるのが遅かったのでテント場一泊、 明日登る予定。 

「 いいところですよね。 この時期に ちょっとヒルが怖いですが

「 水場以外ほとんどいません。気を付けていれば大丈夫です 」

「 塩お持ちですか?] 「 持ってきています
「 万一ヒルがついても ちょっと塩かければ一発で駆除できます」

Imgp9308
去年の12月の初めにも来ていただいた方

明日は塔ノ岳へ 暑いので午前中に上がろうと思います

 

 20日(日)に大倉高原山の家で予定していた 「 流しソーメン 」 
天候予測良くない為
 一旦中止に致します。   日程は改めてお知らせいたします 

                                      梶本 

 


 

 

2014年7月14日 (月)

小屋便り 7月5日(土)

  写真クリックすると拡大します

        7月5日(土)

       大倉高原山の家

Imgp9122
雨は上がったが 厚い雨雲が秦野市が覆う

                  小屋前展望台

Imgp9099
誰もいないテント場展望台 

Imgp9101
テント客はゼロ。 やはりさびしい。 来週は晴れるかな?

Imgp9111

 夏目流火起こし。 傍にあった小枝で
 2~3分で火を起してしまう

Imgp9120

  この後コーヒーをいただく

 

          6日(日)

 

写真クリックすると拡大します

久しぶりに平塚の七夕へ行ってきました

Imgp9219

 相変わらずの迫力、人気

Imgp9216

     軍師 黒田官兵衛の名も


Imgp9147

多くの屋台、圧倒的な人

Imgp9161
   屋台の定番 「 じゃがバター 」

Imgp9145
サイコロゲーム 一回200円 
5が出ると5本もらえるの?

バナナチョコ  どんな味がするんだろう!

Imgp9158

くじ引きは 女性に人気! 理由は?

Imgp9174
焼きそば作り裏方。 材料のキャベツが箱にどっさり

            平塚七夕

    ビデオクリックしてください

 

    今年も流しソーメン 


   7月20日(日)  予定  午前11時より実施予定

      皆さん 奮ってご参加ください

     昨年 の様子 (8月4日)

Imgp0169

下から運んできた竹を割る

Imgp0181

流れやすい角度を調整。 匠梶本さん陣頭指揮

Imgp0200

 つぎからつぎえと勢いよく

Imgp0222

うるさ型も 「 うまい うまい !」 を連発

Imgp0378

下山してきた登山者にも食べていただきました。

お礼にと後の片づけ手伝っていただきました。

2014年7月 3日 (木)

小屋便り 6月29日(日)

写真クリックすると大きくなります

       6月29日(日)

    観音茶屋でお会いしました

 

   「 書策(カイサク)小屋どこにありますか? 」

Imgp9025

     横浜から来られた 親子 

「 知人に書策小屋の様子を見てきてほしいと頼まれました」 親子

 「 2011年に書策小屋取り壊されています 」 頼兼

   2009年7月に渋谷書策さんが亡くなった後、引き継ぐ人がいなくて、
   小屋は無人となり、老朽化が進み、倒壊など登山者に危険だと
   判断され、環境にも配慮、市と山小屋組合で取り壊しました。

「 書策小屋はどこにあったんですか?」

  表尾根の行者岳から新大日に行く途中にありました。

 「 今日は大倉高原山の家まで行ってきました。
   若いころ登ったんですが、
最近また歩き始めました」 お父さん

 

Imgp9029 
 

 

     NAOちゃん 観音茶屋近くでお会いしました

昨日は蛭ガ岳山荘に泊まったNAOちゃん
 
 

「 小屋番の梶原さんから昼過ぎ 早い時間に来てと言われ
  昨日 渋沢駅発 朝一番バスで大倉へきました」 NAO 

「   途中からひどい雨が降って,頬が痛いほど横殴りの雨で
  打たれました。不動の峰でお弁当食べました」 
「 小屋番 梶原さんがシャンパン開けてくれたんですよ  」 NAO

「 小屋番 梶原さん 知っています。 すごく話し好きですよね!
  ステイングとういう犬飼っていますよね  」 頼兼

「 誰か他に泊まった方いたんですか?」 頼兼

「 北海道から飛行機できた男性が一人。もう切符とっていたので
 雨でも来るしかなかったと言っていました。 
 朝早く宮ガ瀬の方に下りました 
」 NAO

 彼女も写真好き。 携帯で撮った写真見せてくれました。

 「  梶原さんが天気予測した通り、今日は雨止んで富士山も雲海も見えて
   とても綺麗だった。
 アジサイが素敵でした 」  NAO

 師匠つかさちゃんから「 健脚、すごいスタミナ」と聞いています。
「 更に進化、 身体絞りました? 」 頼兼

「 夏山に向けて、毎日腕立て伏せ20回しかしてないけど(笑) 相変わらず
  食べたいもの食べています 
」 NAO

「 今年は大雪で不動ノ峰、屋根まで雪があってびっくり
   雪融けた後は屋根が壊れていた。 雪の重みで NAO

「 私も 恥ずかしながら 今年2月8日 大雪で遭難しかっかったんですよ!」 頼兼

「 どこで?  」 NAO

「 恥ずかしながら 堀山から大倉まで12時間かかったんですよ
  深夜彷徨していました。 考えられないことが起きました。
 天候異変時、誰にも起きうる可能性ありと ブログに書きました 」  頼兼

    大倉高原山の家 ブログ参照

 http://bokkazanmai.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/index.html

「 今年の夏はどこに行く予定ですか?」 頼兼 
 

「 去年は表銀座。  今年は9月中頃、裏銀座、鹿島槍、五竜岳予定しています」 NAO

 

Dsc_0005

2005年4月12日(火)  日帰りで蛭ガ岳山荘を訪れる.。

約3年ぶりに会った蛭ガ岳山荘小屋番 梶原さん。
明るい笑声。仕事にも慣れ、小屋番を楽しんでいるのが伝わってきます。
やんちゃな子犬だったステイング。 見違えるほど大きくなりました。
登山客の来訪伝えたり、出勤登山の時はご主人をロープで引っ張ったり、
梶原さんには欠かせない家族になっていました    頼兼

 

     大倉高原山の家

 

Imgp9039
夏目さん

 「大雨で水が止まらないか?心配したが大丈夫だった

Imgp9043

 消費税アップ!  夏目さん ついに決断!
 大倉高原新価格です。

 夏目さんのこだわり「 廉価政策 」は変わらず
 

Imgp9054

    新しい案内板 「 大観望 」

夏目さんが一人で作りました。

Imgp9055

小屋トイレの窓が外が伸びた木の枝で塞がれる。 
「 陽が入らないので 暗い」 夏目さん
枝を切り、二人で枝を引っ張り出す

     あれ? どこかで聞いた声?

塔ノ岳から下山してきたお二人。
最初 お互い背中同士で 全く気付きませんでした

「 その声は 女将じゃないですか? 」  頼兼

 あ どうも!頼兼さん。 よく声で分かりましたね。 すごい!」 女将

Imgp9071

      女将       おくじい

女将に会うのは1年ぶり。 平成25年6月2日(日)第27回ボッカ駅伝大会 
第4中継点 堀山の家でお会いして以来。

     クリックしてください

トップ選手の到着を待ってビデオ撮影していると 女将が上がってきてビックリ!

元気印.。 いつ会っても、明るい声が飛んでくる.。
山やランナーに多くの仲間、人脈を持っている女将

「  怪我してしばらくぶりなんです。 ロード走っていて転倒。 手の神経傷め、
  三点確保が出来ないので山はお休みしていました。今月から登り始めました
」 女将

「 2011年の第25回大会ボッカ駅伝乙女倶楽部4区のランナー早かったですね!
  彼女今年は出場しなかったんですね? 」 頼兼

「 彼女、応援伴走している私達より早かったです。今年結婚したんですよ 」NAO

2011年6月5日(日)

   第25回大会 ボッカ駅伝

      スタート前風景    秦野外川公園

I3kakuhodeimgp2410

初出場 乙女倶楽部 底抜けの明るさ。 
大旋風の予感!  (右)女将が強力サポート!!

           花立ゴール

Skakudaiimg_0318

女倶楽部 206-4 郷亜紀子   区間トップの快走

Sitoremgp2671_2

チームは初出場。 強豪ひとめぼれを14秒差まで追い詰め 
Cクラス (女子10Kg) 2位   表彰式で

Imgp9083

     ハラグチさん

埼玉県川越の近くにお住まい。「車で夜 高速を使って1時間半ぐらいできました。
 普通道で来ると2時間45分ぐらいです」 ハラグチ

「 今日未明1時30分に家を出て大倉到着。4時30分ぐらいから登り始めました       駒止までは雨でした」 ハラグチ

 塔ノ岳経由丹沢山へは午後2時頃到着。
 3年ぐらい前から山登りはじめました。

「 年に数度、夏山への訓練で 丹沢へきます
「 標高差 富士山五合目からと同じ。 大倉尾根ハードでしょう?」
「 つらくて涙が出そうです(笑い) 」 

「 今年は立山から黒部アルペンルート、更に槍ガ岳めざそうと思っています」 

                                    ハラグチ  

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »