« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月28日 (土)

11月21日(土)

写真クリックすると大きくなります

 

      11月21日(土) 

       観音茶屋

 

Dsc_0012

石崎さん 

堀山の家へのブロックの荷揚げ.。
「 先週40個全部終わったんじゃないんですか? 」 頼兼
「 40個上げ切った後 新たに30個追加されたんですよ!」 石崎さん
その内今日は4個荷揚げ。40kg以上の重さになる。
「 いつも来るのは土曜日が多いです。 今週は今日しか来れないので」 石崎さん

石崎さんは ボッカ駅伝40kgクラス 強豪金盃登山クラブ アンカー第4走者。
「 アンカーになってもうどのくらいになりますか? 」 頼兼
「 10年ぐらいです」 石崎さん
「 毎年、自衛隊や 麦酒クラブ草食動物などの強豪と張り合っているんですね!」  頼兼

笑い顔で答える石崎さん。 内に強い精神力、気は優しくて 力持ち!

 

 

        サンダルマン 現る?

Dsc_0023

      坂元さん   増田さん

横浜と相模原からきました。 高校時代の友人。
塔ノ岳は初めてです。

観音茶屋まで戻ってきた二人。
「 どこまで行ったの?」  観音茶屋の奥さんから声がかかる。
「 4kmぐらい先? やっぱりサンダルはだめだった 」 坂元さん

「 ここを出た時間遅かったので 戻ってきて正解ね!」 奥さん

ちょうど観音茶屋にいた頼兼 
「 ? 」 話を聞きつけ、早速取材!
「 どこまで行ったの? 見晴らしの階段過ぎて ベンチのあるところ辺り?」
「 そこ、そこであきらめベ、ンチでおにぎり食べて帰ってきた 」 坂元さん
 サンダル履いて、塔ノ岳目指す! 若者の冒険心?それとも暴走?

 サンダルマン坂元さん 

 「次は靴を履いて、朝早く出て  山頂まで 行きます!」
 坂元さん明るく宣言!  陽気で明るい、よく笑う二人でした。

 「 写真ほしいんですけど」 撮影した写真を依頼される。

坂元さん

下記にメールしていただければ 写真添付してお送りします。 頼兼

http://www.horiyamanoie.com

 

 

      大倉高原山の家テント場

Dsc_0059

テントは合計 6張。 

夕方暗くなって 後2組 男女ペア 到着

Dsc_0030

東京  神奈川から  仕事 仲間です。
左の方は初めて。 右の方は7~8回来ています。
ヤビツ峠から塔ノ岳経由で下りてきたお二人。

「 何時のバスに乗られたんですか?」 頼兼
秦野駅バス停 7時半です。  ずごい人の列でした。
バスが5台ほど待機、並んでいました。

「 初めてでどうですか」 頼兼
「 意外と大変だった。  
  天気良く、暑かったです!」

Dsc_0055

         しな さん

小田原からきました。 友人と二人で。
「 ブログ拝見したことあります」 しなさん

「 山登りが好き! いろんなところたくさん歩いています
  テント泊初めてです。今日はテント練習に来ました 」
  明日 塔ノ岳 往復 予定です。
「 行きたい所 たくさんあるんですが、冬は怖くて!」

  ベンチに感謝
「 しっかりとした りっぱなベンチがあって とても助かっています」  しなさん
「 梶本さんというプロの家具職人さんを中心に 小屋仲間4~5人で作りました。
  来年は更に  新しいベンチ作ろうと話合っています 」 頼兼

 

 

Dsc_0063

小田原から 岩田さん

「 ここでのテントは初めてです。
 今日 朝来て 塔ノ岳登ってきました 」
 山登り始めてまだ1年半ぐらいですが、今は山三昧。
 週1回でどこかの山へ登っています。
 塔ノ岳は30回ぐらい。 蛭ガ岳へも3回ほど。
 冬も丹沢山へは何回も。 テント以外は全部日帰りです。
 夏は北アルプスとか出かけます。 
 丹沢は私の山のトレーニング場です。ほとんど単独行。
 会社勤務、20数年勤めています。
 月曜は仕事なので、明日朝食食べて午前中に撤収」 岩田さん

 

 

   小泉さんにお会いしました。 

「 ブログ運営、軍資金かせぎ。平日アルバイトで働いています」 頼兼

「 働いているほうが体の調子、リズムがいいですよ!
  だらっとした感じでなく、好きなことをやろうとすることが
  前に進もうという気持ちになります。 
  あれもやりたい、これもやりたい!
  できないからやろうと頑張って生きる。
  すべて満足したら終わりなんです 」  小泉さん」

  Imgp2794

               写真は今年3月の写真使用させてただきました。

  4度目? 小泉さんやっと名前覚えられそうです?
 今回はベンチで野菜 ラーメンを作り  おにぎりで食事。
 「 好きな肉や野菜をあまり食べられない。医者からセーブするように
   言われていますが、飲みすぎなければ味噌汁は
   発酵食品で体にいいそうです。
   タンパク質を減らすため調整米を食べています」   小泉さん

糖尿病の治療の話

「 会社の検診でひっかかり 糖尿病の薬飲んでいます。 
 塩分コントロールするため、基本的に外食ができません。
 食事はほとんど自分で作ります。 野菜を中心に、昼の弁当も毎回自分で作る。
 野菜自体が甘みを出すので 甘い物あまり欲しなくなりました。
 最近 あんなに好きだった牛丼 食べたいと思わなくなりました。
 自分でもびっくり  」  頼兼

2015年11月21日 (土)

小屋便り  11月15日(日)

   写真クリックすると拡大します

           11月15(日)

 

 

      秦野 戸川公園

 

        霧が立ち込める

Dsc_0012

  雨、  風の吊り橋も霞む

 

    堀山の家への荷揚げ

雨で高原のテント客が少ないと思い
堀山の家へ荷揚げ。 荷揚げ1年ぶり?
脚 大丈夫だろうか? 久しぶりで1セットのみ。

 

Dsc_0028

丹沢ベースに来る頃は霧も晴れてきた

 

 

              観音茶屋

 

Dsc_0033

若林さんにお会いする。

妙義山に行く予定だったが、雨のため塔ノ岳へ変更とのこと

帰りも大倉高原でお会いし、一緒に下山。

Kimg0158

Kimg0155

             若林さん撮影

塔ノ岳 尊仏山荘で撮影した猫の写真を送っていただきました。

最初の記事内容間違っていたので訂正します
訂正  11月23日 大津さんから連絡

昨年から塔ノ岳山頂に住み着いたノラネコです。
私は青目(ブルーの目をしている)と呼んでいます。   大津

119225

   尊仏山荘  現在の ミャー

前尊仏山荘 小屋番していた写真家の大野さんに
拾われ、登山者にもかわいがられている有名猫。
10歳は超えてかなりのお歳?
現在はほとんど小屋の中にいるそうだ。

 

 

Dsc_0043

霧の中を 登山者が二人あがってくる。

Shudou_cid_012f9e38c44348388b3a0cfc

駒止の首藤さんと

「 ボッカ駅伝以来。久しぶり !
   また上がってくるようになって  嬉しいね  」  首藤

「 出来れば 少しずつでも荷揚げしていきたいと思います」  頼兼

Dsc_0051

この後 下山する駒止茶屋の常連の皆さんともあ会いする。
皆さんに会えてうれしい。 荷揚げしていた頃の気分に戻る

 

 

          駒止階段

霧も晴れ、陽がさしてくる。
駒止の階段を下りてくる3人の女性にお会いしました。
皆さん、今年5月、初めて富士山で会ったそうです。
後列お二人はなんと北海道 札幌から。

「 丹沢の富士見に来ない?」
前列の地元女性が お二人を丹沢山誘ったそうです。

Dsc_0071

  「 残念 富士山見えませんでした 

一昨日来て、鍋割山荘経由でみやま山荘へ 
「 鍋焼きうどん食べました ? 」
「 もちろん!  美味しいかったです」
みやま山荘に一泊。 塔ノ岳経由で下山してきました。
「 天候悪く、塔ノ岳 富士山見えませんでした。
 どこかこの辺でで富士山見えるとこありませんか?」
お答出来ず すみません。

この後会った若林 皆さんが下りた後の
塔ノ岳頂上からの富士山の様子撮った
写真送っていただきました。

Kimg0152

Kimg0154

三人が下山した後の塔ノ岳から撮影

塔ノ岳からの富士山。

雲間からわずかに富士山が見える    ( 若林さん 撮影 )

 

 

 

認知症の叔母の対応で半年ほど山に来れず、ブログも休む。
身体も鈍り、気分転換が出来ずつらかった

 

 

          荷揚げ

Horiyama20151108_029

歩くことが楽しい! やっぱり 山はいい       

 一歩一歩、前へ進む。 少しずつ汗が出てくる。
 爽快! 全身がリフレッシュされていくようだ。
気分一新!  歩くことがこんなに素晴らしいとは。
好きなスナップ写真撮りながら、人とのちょっとおしゃべりも楽しい!

たったの1ケースだけの荷揚げだったが、とても気持ちよくできた。 

堀山の家13年ほど続けていた荷揚げが、形を変えて
今の自分にとっても必要だと認識。
小屋のため以前に、今自分自身のために必要だと思う。
仕事もあり、年齢的にも以前のようには出来ないが、
時々少しずつでも荷揚げ再開してみよう!
「 大倉高原 小屋便り 」 との両立を考える。

 

         堀山の家

Dsc_0089

水谷さん

堀山の家へ 2日間で4回のブロック荷揚げ
1回3個として、12個。 1個10kg以上。
120kgを超す重さ。  すごい!

水谷さんは 
ボッカ駅伝 A(40kg)クラス
強豪 金盃登山クラブ の第三走者です

2015年11月 7日 (土)

11月1日 小屋便り

写真クリックすると大きくなります

 

        観音茶屋

 

Dsc_0051

      中島  仲村  高梨  大倉クラブの皆さん

仲村さん、高梨さんが下山してくるのを待っている間
中島さんとお話をする。

「 足腰弱くなったのを痛感!、健康のため毎週大倉
  へ来ています 」 中島

「 認知症になった私の叔母は銀座でカウンタバーを経営。
  5坪の小さなみせだったが、40年近く経営、銀座でも有数の長さだった」

  4年間アルバイトで掃除の手伝いをして、客商売の難しさ、楽しさを
  特にお客さんとの会話のやりとりを叔母に学んだ」 頼兼

 私の話とても丁寧に聞いていただいた。 

温厚な静かな話方だが、人間的な深さを感じた。

仲村さん、高梨さんが堀山から下山してきて、一緒に写真を撮り下山。

 

「 いいんですか?  4人で撮らなくて?」 

 

Dsc_0061

     地元秦野市の  久保寺一家

私が大倉クラブの3人の写真を撮っていると
親切に声をかけていただいた奥さん(左)

「 ありがとうございます。大丈夫です」 頼兼

「 ブログをやっているんですが?
  お話し伺ってもいいですか?」 頼兼

 お礼の言葉もそこそこに、さっそくブログの取材 。

 娘さんの体力作りにお付き合い

娘さんが来年北アルプスに行くとのことで体力作り.。
 久しぶり   家族で塔ノ岳へ 途中まで登ってきました.。

Dsc_0064

おしるこ  コーヒー  プリンを仲良くいただく。

  娘、瞬発力はないけれど、持続力は大丈夫かな? 
   体力作り、土・日どこか空いていたら、毎週来れればいいね  奥さん

 「 以前は2時間ぐらいで登っていたんですが、今は3時間以上
  かかるかな?  山、自分の体力確認するのにいいですね  ご主人

「  塔ノ岳 ご来光 見てみたい 」 娘さん

  箱根で温泉専門技術員。 温泉の仕事をしています。
  地震騒ぎも、まもなくレベル1になりそう。 落ち着いてきました 
  ご主人  定年後も10年ほど長く仕事を続けているそうです。 

 「 白内障手術したんですが、 術後光が気になる!
   夜の自動車のライトが特にまぶしい   ご主人

 

 

       こだま 聞きにきました

 

Dsc_0078

   パパ   お孫さん(5歳 ・8歳 )  おじいちゃん

川崎在住おじいちゃんが 横浜 旭区まで車で迎えに行って 一緒にきました。
お孫さんが   こだまを聞きたい 」 と言ったのでビジターセンターに
問い合わせ、丹沢ベースを紹介されて聞いてきました 」 おじいちゃん

「 聞こえましたか?」 

「 私はよく聞こえなかったが、かすかに聞こえた」 おじいちゃん。 

Dsc_0086

「 卵焼き食べる? お父さんもらっていい?」 お父さん
  ママが作ってくれたお弁当を美味しそうに 

 

     大倉高原テント場

 

Dsc_0095

鍋割りから上がって 金冷やし経由で塔ノ岳まで上がり下りてきました。
学生時代の仲間、今、社会人の4人組。

皆さん、爽やかな笑顔がとても印象に残りました。

 

Dsc_0119

横浜からこられた二人組。 昨夜一泊。

テントの片づけ。たくさんんの荷物を手際よく。

 

Dsc_0125

 梶本                田村

「 登山経験のない人に 山を案内する活動をしてみたい。
  丹沢を中心に。  来年から本格的に 」 梶本

「 塔ノ岳のご来光 。 先ほど会った女性から要望出ていましたよ 」
  頼兼

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »