« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

9月27日(火) 高原テント場

 

    写真クリックすると、画像大きくなります  

 

  9月24日(土) 大雨で高原には行けず。

  9月25日(日) 「秦野たばこ祭り の撮影 (配信済み

 

      9月27日(火)

 

    平日に高原テント場に来る

 

大倉バス停付近で 偶然に大津さんに会い

一緒に高原に。           頼兼

 

       丹沢べース

 

Dsc_0028_2
丹沢ベース前の景色

1609277_1024x710  大津さん撮影

ゆっくりペース。 丹沢ベースで小休止。 
おにぎりを頬張りながら 雑誌を読む。

 

       高原テント場

 

    テント泊の方は どなたもいず

    お二人にお会いしました

 

小屋の前 ベンチで休んでいたお二人。
陽が当たって ちょっと暑そう。

「 上のテント場、木陰もあって涼しいですよ。
  見晴らしもいいですよ !        」 ご案内する   頼兼

 

 テント場に 来られたお二人

Dsc_0061
 大島もかすかに見える

「 見晴らし素晴らしいですね ! 」

Dsc_0055
横浜から来られた松浦さん

「 いいところですね。 緑が多くて涼しい 」

Dsc_0052
ブログの案内をさせていただく

アイフオンでブログご覧になるお二人

  Dsc_0057_2
 「 今日は車で来ました」  

 

  私達 仲間との活動をご紹介

 

「 先日は流しそうめん、12月には餅つきも行います。
  仲間と一緒にここのベンチも作っています。

  ワイワイ騒ぎながら 楽しんでいます。
 活動を通じて、登山者の皆さんとも交流
 仲間も増えています。
 皆さんとの出会いが日常を豊かにしてくれます 」 頼兼

 

 「 今度へぜひお二人でテント泊もどうぞ ! 」

16092768_1024x681  大津さん撮影
 高原テント場からの帰り道

先週倒れて道を塞いでいた杉の大木。
チェーンソーで二つに切り離され
登山道 歩けるようにしてくれていた。
たぶん夏目さんがやってくれたんだと思う。

2016年9月29日 (木)

9月25日 (日)たばこ祭り

写真クリックすると、画像大きくなります 

 

       9月25日(日)

 

    第69回 秦野市たばこ祭り

 

Dsc_0009

江戸時代から葉たばこの名産地と知られた秦野市。
「秦野たばこ」は優れた栽培技術で、日本三大銘葉に数えられ、
本市の発展に大きな役割を果たしてきた。
「たばこ耕作」は昭和59年に300年余の長い歴史に幕を閉じた。

先人たちが たばこ工作に注いだ情熱は、市民の心の中に受け継がれ、
先人たちの情熱の“火”は、「秦野たばこ祭」で炎となって燃え上がり、
松明やらんたん、大輪の花火も咲き、秦野盆地を彩ります。

 

 

.たくさんの露店が並ぶ

 らんたん巡行 (秦野市の中学校生徒が制作した手作りらんたんも)

 

 弘法の火祭り 行列を待つ聴衆

弘法の火祭り 行列・ 松明点火準備へ

480mにも及ぶ仕掛花火の大ナイアガラ。 水無川が一瞬光の川に変わる。

権現山から約800発の花火が打上げられ、祭りを締めくくる。

2016年9月23日 (金)

9月18日(日) 高原・ 荷揚げ

写真クリックすると、画像大きくなります 

 

          9月18日(日)

 

 今日は雨なので、堀山の家へ荷揚げすることにする。

 途中高原テント場へ寄っていく。           頼兼

 

     高原テント場

 

    撤収するところです

Dsc_0004

雨で誰とも会えないだろうと思っていたら
昼寝用?ベンチの上でブルーシートを外している
女性お二人に出会う。
東京から来た会社の同僚だそうです。

「 いつ来られたんですか? 初めて? 」 頼兼

「 ここのテント場利用は初めてです。
  昨日午後3時過ぎに来ました。  
  モンベルのテント、この前に張っていました。
  昨日は雨にも降られず とても楽しかった。
  もんじゃ焼き作って食べました。 
  今日未明に素晴らしい夜景も見れました  」  お二人

 

   塔ノ岳目指しましたが

Dsc_0014
「 今日朝5時過ぎに出発、塔ノ岳へ登ったんですが
  花立の階段の途中で雷が鳴りだし下りてきました。

  ブルーシートを応急で張って、雨宿りしながら
  ご飯食べて今撤収作業しているところです      」  お二人

Dsc_0020
片付け ゴミもしっかり袋に入れて

きびきびした行動。 自称 猛烈サラリーウーマンのお二人

 

 

 一緒にどちらの山へ ?

「 8月前半に尾瀬へ行って、8月後半へ富士山へ行きました。
  富士山スタートから土砂降りで とても寒かった。
  8合目まで登って一泊。 山小屋からご来光見ました。

( 富士山  雨の時は手が凍り付きそうなほど冷たくなる 
  夏でも絶対軍手などの手袋が必要。   個人的な経験  頼兼 )

 

    Dsc_0034

「  テント場 秋の紅葉見事ですよ!  
   ぜひ 見にきてください        」  頼兼

「  町の傍に山があって丹沢はいいですね。
  山はいろんな方との出会いがあります。
  また来ます                   」 お二人

 

 

荷揚途中

 

    一本松休憩場でお会いしました

 

Dsc_0057

雨が一時的に止み、 荷を下ろし休憩中。
お二人が歩いてくる。

Dsc_0061
茅ヶ崎から来られたお二人 

「 今日はこんな雨の中、塔ノ岳へ登ったんですか?」 頼兼

「 はい、最初は丹沢山まで行こうと思ったんですが、
  風と横殴りの雨でちょっと厳しかったです。 

  朝7時ぐらいから登り始めて 塔ノ岳へ10時半ぐらいに到着 」 男性 

Dsc_0082

「 こんな雨の日に丹沢山まで計画されるなんて
  山がお好きなんですね ?     」            頼兼

「 まだ初心者なんです。
  去年の夏 初めて大山へ。 檜洞丸とか
  ヤビツ峠から表尾根塔ノ岳へ登っています    」   お二人

 

風雨がまた激しくなる

荷を担ぎ直し 堀山ノ家へ出発

 

Dsc_0095
雨が激しくなる。 表尾根が霧で見えない
                    駒止茶屋休憩場

Dsc_0101_2

堀山の家近くの尾根道。 風が厳しい。
吹き飛ばされないように、姿勢を低く一気に渡る。

 

小屋への最後の登り。 風が激しくなる。

2kakuhoriyama20160919_016_4

堀山ノ家へ 到着。 

 

 

下山 帰り道

 大倉高原山の家 近く

 

Dsc_0110
風で腐りかけていた杉の根が折れ登山道を塞ぐ

Dsc_0112

強風で杉の木が折れる

2016年9月15日 (木)

9月11日(日) 高原 流しそうめん

 

写真クリックすると、画像大きくなります 

 

 

      9月11日 (日)

 

      秦野クリンデー

 

Dsc_0006
登山道入り口の草刈り・清掃をしていただいている
近隣の皆さん

 

 雨で流れたり、水が止まったり、3度目の正直?

「 雨男は誰だ? 」 追及の声が上がりそうな雲行きでしたが
なんやかんや、なんとか 実施出来ました

 

  夏の風物詩   流しそうめん

 

        観音茶屋

 

Dsc_0009

前日テント泊。 高原テント場から登山道入り口まで
下りて来て、流しそうめん使用の竹、荷揚げ手伝って
いただいた岩田さん

 

      大倉高原

 

Dsc_0020

荷揚げしてきた竹、なたで半分に割る 夏目さん

Dsc_0030

割った竹の中の節をくり抜く 内藤さん

Dsc_0049

割った竹の中,節ををくり抜く 梶本さん

Dsc_0035

水を流す竹を支える土台作り。
テント場から適当な形をした、落ちている枝を
拾ってきて組み合わせる。

Dsc_0050

組み合わせた枝に 水場のホースをセット。

Dsc_0051

竹をつなぐ

Dsc_0064

そうめんがスムースに流れるように更に節をけずる。

 

Dsc_0077

セットが完成

Dsc_0073

ワイワイガヤガヤ

竹の準備出来ました。 楽しそう!

Dsc_0089

 火を起こす

Dsc_0104

湯を沸かす

Dsc_0108

そうめんを入れる

Dsc_0116

ゆでる

Dsc_0122

湯上がったそうめんを冷やす

Dsc_0124

 そうめんを丁寧に

Dsc_0136

すくえなかったそうめんはこちらに

Dsc_0155

いよいよ そうめんを流す

「 行くよ!  」  梶本さん

Dsc_0188

「 うまいね !  うん うまい! 
  夏はやっぱり  流しそうめんだね  」

  めんつゆ 取って!          

 Dsc_0247

 初めて参加の岩田さん。 
 軽い身のこなし、大車輪の活躍!  

Dsc_0210

梶本さん てんぷらもたくさん用意してくれていました。

Dsc_0215

霧が出てきましたが、 雨に降られずすみました。

 楽しいおしゃべりしながら おいしいそうめんを堪能 

9月10日(土) 高原テント場

写真クリックすると、画像大きくなります 

       9月10日(土)

Dsc_0001

岩田さん

先々週8月20日(土) テント泊した時に
「 高原の水が止まっていること ・ 
 8月21日に予定している流しそうめん
 できないこと 」 メールしていただきました。
 ありがとうございました。

「 今週2泊3日で八ヶ岳行こうと思ったんですが
  天気がはっきりしないのでこちらに来ました」 岩田さん

「 朝の5時に県民の森の駐車場に車を止めて 
  鍋割山荘への水の荷揚げを手伝って、こちらに
   回って来ました。 9時30分には高原に着いていました 」 岩田さん 

Dsc_0023

豚バラ肉を焼いて, たっぷりニンニク醤油をつけて。 

 「 おひとつ いかがですか? 」 岩田さん

ニンニクがめちゃくちゃ効いた醤油だれ、
美味しくいただきました。  御馳走様         頼兼

Dsc_0011
CJさん 千葉に住んでいます

社会人になって7年ほど経ちます。

 「 これといった趣味はなく 週末は家に居ることが多かったん
  ですが、ひょいと近くの山に気軽に登ったらすごく良かったんです。 
  今年の春から登山のめり込むようになりました      」 

 「 山形県で生まれ、身近に山がありました。
  小学校の頃登った山の印象と 今大人になって登った
  山の印象とは全く違っています               」  CJさん

 Dsc_0015            

 「 お盆で実家に帰って朝日岳に登ってすごくよかったです.。
     これからも実家に帰るごとに、どっか山ヘ登りたいと思います 」

  「日帰りだけではもったいないので テント泊するように
   なりました
   山に登って身体動かしたほうが日常の疲れがとれます  」 CJさん

2016年9月 9日 (金)

9月3日(土) 高原テント場

 

 

 

写真クリックすると、画像大きくなります 

 

       9月3日(土)

 

Dsc_0064

円形プランター内  赤いサルビアが鮮やか!

                    秦野ビジターセンター前

 

   塔ノ岳登頂

  健康で、歩き続けることが大切 !

 

Dsc_0001

田口さんにお会いしました。

「 暑いですね!         」      頼兼

「 8月に入ってまだ頂上へ行っていない!
  頂上まで行かないとカウントはしないので
  予定では、もう3000回に到達していたはずなんだけど」 田口さん

 現在塔ノ岳登頂3000回へは後32回だそうです。
「 回数ばっかりこだわらない、歩き続けられる年齢・健康を
 大切にしたい! 歩くことを楽しみたい !          」  田口さん

 

    歩くぺースはゆっくりと

 

Dsc_0074

横須賀のカメさん

高原近くでお会いしました。

「 丹沢30年ほど前はよく来ていました。
  今は 膝を痛めてリハビリで山を歩いています。
  山に来たほうが膝の調子はいいです。
  コースタイム登りは2倍、下りは3倍かかるので
  その日の調子で、その日の歩くコースを決めます」  カメさん

 

  夏にめずらしい花が見れます

Dsc_0080

「 以前 夏は暑くて丹沢来なかったんですが
  サガミジョウロウホトトギスなどのめずらしい植物が見れるので
  来るようになりました。
       (  めずらしい植物の場所も教えていただきましが 
           ネットで配信しないとお約束             )
 山を歩けなくなった、お花が大好きな90過ぎた
 お婆さんへ花の写真を説明をつけて送っています      」 カメさん

 

        大倉高原山の家

 

     高校時代の同級生です

 

Dsc_0114

高校の同級生です。卒業してもう20年ほどになります
仕事でお付き合いの方と一緒に塔ノ岳へ 

それぞれ横浜・東京・千葉から来て
川崎で落ち合い車で来ました。 

「 どのくらいで登られたんですか?」  

「 大倉から 3時間ちょっと。 しんどすぎて何度か戻ろうと ! 」 

                            男性(笑い)

 

 酒井さんテント泊。 一杯食料持ってきてくれました

 

 

Dsc_0097

「 今日は雨が降るかもしれない。 
  テント中にいる時間が長くなるかもしれないので
  今日は二人用のテント持ってきました      」 酒井さん

「 今日は 佐藤さん親子こないのかな? 
   慧君がいるととても楽しい  !     」 酒井さん

 

   バックにぎっしり荷物が

Dsc_0102

 「 おみやげにどうぞ ココナツベーストは
  パンに塗ったらおいしいですよ。
  ふき味噌は熱いごはんに              」     酒井さん

 おいなりさんもいただきました。
 「甘くておいしいいなり。 お袋の味思い出しました 
  酒井さんの奥さん 御馳走様でした          」     頼兼

 

    静かに 本を読む

Dsc_0005

酒井さん ベンチで読書、 お昼寝も!

 

       絶賛 カモ鍋

Dsc_0152

酒井さん 更にかも鍋の材料も持ってきてくれました。

カモ肉 ・高野豆腐 ・乾燥しらたき

ネギ・三つ葉も。 お店で作ったダシもペットボトルで凍らせて
持ってきてくれました。  もうバッグはパンパン!

Dsc_0157

「 大きなカモ肉だね  」          夏目さん

 「 夏目さん 切るのとってもうまいから!
  カモ肉切ってっくださいよ   」     酒井さん

Dsc_0159

「 まぐろは切り慣れているけど・・・」  プロの酒井さんに言われ
                         まんざらでもない夏目さん

Dsc_0168
ネギ・三つ葉を・高野豆腐を切るお手伝い  頼兼

「 おいしい プロの味 」 頼兼

「 うまいね! 違うね !」  夏目さん

 

 

人気のテント 酒井さんも注目

 

Dsc_0127

佐藤 亨さん

川崎にお住まい。 バイクできました。

「横浜でデザイナーの仕事しています。土日休みです。
 川崎に引っ越してきて、身近に自然かなくなって
 休みにはどうしても山にきたくなります。 
 気分転換 、 リフレッシュが必要です         」 佐藤さん

MSR 人気のハバハバNX

軽くて持ち運び、設営もかんたん。
ネットで見るとなかなか人気 直ぐに手に入らないみたいです。

「 形がいい! テント内での使い勝手がよさそうですね?
  これカーボンですか?                     」 酒井さん
「 ジュラルミンだと思います」 佐藤さん

「 このメーカー高いですが、海外のサイトで安く売っています 」 佐藤さん

 Dsc_0144

1月前、政次郎尾根にある小さな広場でテント泊まり。
「 早朝 塔ノ岳へ登り、雲海が素晴らしかったです」
 今回もそちらに行こうとしたんですが、登山道が
 一部不通になり行けずに高原に来ました    」     佐藤さん

 

 

2016年9月 4日 (日)

 

2016年9月 2日 (金)

8月28日 高原テント

 

        8月28日(日)

 

      流しそうめん中止

 

8月28日(日)に予定していた流しそうめん。
台風9号の到来、実施かどうか迷っている時
お二人から貴重な 情報いただきました。

 

大津さんより

8月27日 16時 大津さんよりメール

水場、台風9号から断水中

テントは1張りでした。

1608271_1024x681

                    大津さん撮影

水が止まった状態 

1608272_1024x681

テントは岩崎さんか?       大津さん撮影

 

岩田さんより

 

8月27日 17時 岩田さんからもメール

「 今高原山の家のテント塲に居るのですが、水塲が詰まって出ていません。
 流しそうめん実施するなら水塲の処置が必要になると思われます   」

 

梶本さんに連絡、流しそうめんの中止を決める

 

 

 8月28日(日)

 

 高原まで行ってみました。

 

Dsc_0004

台風9号で折れた枝が散乱する高原近く山道。

 

 登山者とは誰とも会えず

 

14時から16j時

台風10号も近づく天候に塔ノ岳からの
下山者にも会えず

Dsc_0015

下山してくる登山者を待ちながら,ベンチで読書。
コーヒー飲みながら雑誌 「オール読物 」
直木受賞の「海の見える理髪店」を一気に読む。

人のいない高原テント場での静かな読書。
緑に囲まれ、ベンチで横になり昼寝も楽しむ。
贅沢な時間を享受。

3時間近く待っても、誰も来ないので下山

 

9月4日(日)流しそうめん予定

午前10時30分頃竹などの荷揚げ (登山道入り口) 

午前11時より準備予定  大倉高原小屋前

天候 ・水の確認し
9月4日(日) 午前8時に
実施の有無 にブログで掲示

連絡先 090 7710 0770 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »