« 10月15日(土) 荷揚げ・高原テント | トップページ | »

2016年10月27日 (木)

10月22日(土) 霧の荷揚げ3・高原テント

 

    写真クリックすると、画像大きくなります  

 

       10月22日(土)

 

 

         観音茶屋

 

 

Dsc_0010
菅谷さん  羽鳥さん  首藤さん

駒止茶屋 常連の皆さん
「 今夜はさんまパーテイ です  」
 中身は さんま?羽鳥さんが大きな箱を背負っている
 今夜が楽しみ、うれしそうなお顔!

Cid_86742e2d71e94b619b17fa3824d8e6b

首藤さんのカメラで観音茶屋 奥さんに
撮っていただきました             頼兼

 

      高原テント場

 

Dsc_0013

岩田さん

大倉から烏尾山へ行ってきました。 
その後 水場まで行って、 水の流れを
悪くしている石とか落ち葉取り除いて
おきました                 」   岩田さん

「 健脚ですね              」    頼兼
「 ほぼ毎週歩いていますから   」    岩田さん

「 今日はこのままテント泊まりです。 
  丸山さんも来るそうです      」   岩田さん 

「 今年の夏 どちらに? 」         頼兼
「 八ヶ岳で本沢温泉に2泊しました。 
  本沢温泉から赤岳、阿弥陀まで縦走して
 、本沢温泉に戻って来ました 」        岩田さん

「 うらやましい縦走ですね!   」  頼兼

「 こんな歩き方できるのはあと10年ぐらいかな!」 岩田さん

「 今日は日本シリーズがあるので早めに 
  下りて来ます            」  頼兼

堀山への荷揚に出発する。 午後1時頃

 

写真クリックすると、画像大きくなります 

 

Yatsu1

 

 

     鹿の管理捕獲

 

Dsc_0017

鹿の食害で丹沢は荒廃している。
見られなくなってしまった花、植物も多い。
里まで下りて来て 畑も荒らされている。
鹿の駆除のため秦野市の管理捕獲。
高原にも鉄砲を持った猟師が現れる。

 

     一本松休憩場

 

Dsc_0029

おじいちゃん  5年生 6年生の姉妹
地元の方です

塔ノ岳 初めてです。
「 ここと谷川岳しか登ったことない 」 妹さん
「 どうでしたか きつかったでしょう?
  ここ大倉尾根は、通称 馬鹿尾根といい
  高校・大学の登山部が訓練で使うコースです 」 頼兼   
      
「 疲れました 」 妹さん
「 いやきつかった!」 おじいちゃん
「 雨も降ってきたので 花立山荘までです」 おじいちゃん

 

 

        駒止茶屋

 

Dsc_0051

14:47

霧が出てきました。 霞む駒止茶屋

ポツポツ雨も降ってきました。 

Dsc_0061
駒止の皆さん さんまパーテイの準備

「 さんま焼いているんです。毎年やっているんですよ 」 首藤さん

「 今日 花立山荘は猪鍋 だそうですよ  」  頼兼

Dsc_0065

「 酒 おつきあいで飲みますけど
  あんまり強くないんですよ。 
  飲めるんだけど量はダメ。 焼酎飲みます 」 首藤さん

  お会いした時 写真をメールで送っていただき
  ブログでいつもお世話になっています           頼兼

 

   鍋焼きうどん食べてきました

 

Dsc_0068

駒止小屋横でコーヒーを沸かしていたお二人

「 鍋割山荘からの帰りです」 お二人
「 鍋焼きうどん食べてきたんですね 」 頼兼 

「 彼女は鍋割り山荘へ4リットルの水揚げたんですよ! 
  水は所定の場所にあり それを揚げます。
  今日は、高校生がたくさん水揚げていました      」左の女性

「 水を揚げると 鍋焼きうどん料金安くなるんですか?」  頼兼
「 もちろん そんなことはありません  」  お二人 (笑い) 

Dsc_0079

金沢文庫  鎌倉からきました。
「 山は大好きです。また最近登り始めました」

「 標高1000m超えているので、紅葉がきれいかなと
  来たんですがまだ駄目でした            」 お二人

 「 このへんは紅葉染まるのは11月以降です。 
  かなり遅いですよ。 
  大倉高原山の家 テント場だと11月中旬以降には
  紅葉見事になります。                  」   頼兼

 

Dsc_0126

15:33       富士見平

 

 堀山の家 到着

 

Dsc_0129

15:55        堀山の家 到着 

塔ノ岳から下りて休憩していた駒止茶屋 太田さんに撮っていただく

Dsc_0131

小屋改装更に進む。
新しい柱が立てられ 窓枠も作られている。

奥で作業している渋谷さんの金槌を打つ
音が聞こえてくる。

         驚き

Dsc_0133
          船長
新しい柱と古い柱を並べると
古い柱が右に曲がっているのが分かる

 

      荷揚げ帰り

 

 登山者の皆さん

 霧に気をつけてください

Dsc_0136

16:41     一本松 休憩場

夜になるとライトをつけても
霧で前が何も見えなくなります。 
初めてこの道を歩く人にはとても危険です。

 

大倉高原テント場へ戻ってくる

 

Dsc_0140

17:49 
横浜と 東京からきました。
「 私は初めてです 」
「 私は 5~6回きています 」  
「 今日は ここが頂上です」 

Dsc_0142

「 お酒お好きなんですか? 」 頼兼

「 お酒私は好きですね 」

「 こんなところじゃないと
  そんなに飲まないですが」

Dsc_0150

「 おでんの種に、あとソーセージとか
 なんでも ぶち込んで。 この時期あったかいのが一番。
 場所と雰囲気ですね。 
  こういうところだと 何を食べてもおいしいです 」 お二人

Dsc_0155

「 明日 天気次第。 気が向いたら登るかもしれません」

Dsc_0156

17:52
 お二人のテント  夜景が見える。

 高原テント場 今日はテント5張り

 

テント場から小屋前へ下りていくと

丸山さんと岩田さんがベンチに

 

Dsc_0158

17:55

 「 ああ 食事終わってしまったところなんだ 」 丸山さん

 「 遅くなりましたね 日本シリーズちょっと
   遅れそうですね            」   岩田さん

Dsc_0162

「 残り物なんだけど」 丸山さん
 わざわざ作っていただきました。

「 もつ鍋に野菜、ラーメンいろんなもの込みです」 岩田さん

「 煮詰まっているけど   」  丸山さん
「 とてもおいしいです   」  頼兼

すきっ腹に栄養満点 温かい料理が染みる。
いつもおいしい料理ありがとうございます。 

「 田村さん 大津さんも今日来ていましたよ 」  丸山さん

「 日が短くなって、荷揚げ早く出発するので
  二人には最近あまり会っていません。     」 頼兼

 

 

高原テント場

  屋根作りに参加しませんか

 

梶本さん提案

「 テント宿泊者のため 雨の時、炊事ができる屋根
  を作ってあげたい                     」     

Dsc_0045
   予定場所 この上に屋根 ?

   材料の荷揚げ予定

 

   作業予定期日  10月30日(日)

   集合時間     午前10時

   集合場所    登山道入り口

  屋根作りで材料が多くなります。

  荷揚応援 引き続き屋根作り作業

  途中からでも結構です

  応援よろしくお願いします

雨の場合 実施の有無は 
30日(日)午前8時に決定

連絡は 当日 30日(日) 午前8時にブログに掲示

又は

090ー7710-0770 にお電話ください

« 10月15日(土) 荷揚げ・高原テント | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215914/64386080

この記事へのトラックバック一覧です: 10月22日(土) 霧の荷揚げ3・高原テント:

« 10月15日(土) 荷揚げ・高原テント | トップページ | »