« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月25日 (金)

11月17日(木) 荷揚 ・20日 高原

 

 

  写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

      11月17日(木)

 

        荷揚げ 

 

Dsc_0001
今日は ビニール波板4枚
ストック小屋前でセット

Dsc_0003
丹沢べース

前の表尾根,、紅葉が大分進んできた。

 

     見晴し階段

 

Dsc_0022
見晴し階段

堀山の家 常連沼ちゃんと一緒に下りて来た
女性とお会いしました。

「 群馬県から来て、丹沢山登ってきました」 女性
日本百名山をめざし丹沢山25座目だそうです。
「 社会人。 2日間連休を取ってきました 」 女性

昨日は みやま山荘宿泊。今日中に群馬に戻るスピ―ド登山。
山が大好き。仕事はテキパキ。山に行ぐ時間を作る。
沼ちゃんと楽しそうに会話、行動派山ガール!

 

   黄葉が大分進んできた

 

Dsc_0050
      一本松

Dsc_0064
      一本松ベンチ

 

      駒止茶屋 

 

Dsc_0077
       駒止茶屋

Dsc_0080
堀山の家 常連 荷揚する臼井さんと
お会いしました。 
渋谷さんも来て今日は小屋へ泊まるそうです。

Dsc_0081_3
     駒止ベンチ
黄葉が一気に進んでいる。

Dsc_0086
    駒止ベンチ

Dsc_0100
      駒止ベンチ

 表尾根を望む。赤く染まってきている。

Dsc_0113_4
   堀山への道

 落ち葉の絨毯。

 

       堀山の家

Dsc_0131
16:26
堀山の家 到着.。沼ちゃん 渋谷さん 臼井さんがいた。
今日は泊まって、明日は小屋の改装。

Dsc_0137
16:57   
     小屋前より

  富士山が赤く 染まる

 

      11月20日(日)

   大倉高原山の家

坪井さん。小屋との付き合いは20年ほど。
夏目さんとの関係は深く、長い。
土日仕事のためなかなか小屋に来れない。

毎年15夜 お月見の頃来る。
宿泊の時は、いろんな料理を用意して
皆に振るまるう.。

Img_0849_3
      坪井さん
本来取れない日曜日の休みが急に取れたそうだ。
やっぱり一番来たい高原に。 おそい時間の到着。

Img_0851
手ぶらでは来ない。 
 ボージョレ・ヌーヴォー2016
解禁日(11月17日)に合わせて
葡萄酒を持ってきてくれtた。

Img_0852

夏目さんに勧め、自身も大いに味わう。
たくさんのつまみを用意。
「 どうぞどうぞ 」 と勧めてくれる。
とにかく気使いがすごい。

「 明日も朝から一日 仕事 」 と言いながら
ビール2本飲んだ後、ぶどう酒をぐいぐい飲む。
普段の仕事疲れもあるのだろう。
半分寝ながらも飲み続ける。暗くなり始め、
心配した夏目さんが帰りを促す。

 

  屋根付きベンチ作り

11月27日  天候不順の為 中止です

 

Dsc_0029

雨降りの時に利用できる屋根を設置。
この下に 置くテーブルベンチを作る

 材料の荷揚します。

 期日 11月27日(日) 

 集合場所 登山道入り口

 集合時間 午前10時

 

背負子用意します

 応援よろしくお願いします。 梶本

雨天の場合など 実施の有無

天候不順の為 27日(日)

    中止です

来週 12月4日(日) に延期

問い合わせ  090-7710-0770  

2016年11月18日 (金)

11月10日(荷揚)・12日 高原テント場

      写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

        11月10日(木)

 

                  荷揚げ

 

Dsc_0005

     丹沢ベース

今日もべニア(コンパネ 180×90) の荷揚。 

 

             紅葉情報

 

Dsc_0017

見晴らし階段を上がったところ。

Dsc_0044

   富士見平付近

 

           堀山の家

 

Dsc_0061

小屋に到着

今日は木曜日で営業していない。
べニア板縄をほどいて小屋の中へ運ぶ

Dsc_0062

小屋前に 荷揚していただいた水が
置かれていました。 ありがとうございます。

 

       相性びったし 

 

Dsc_0056

塔ノ岳に登頂。下山してきたお二人。
高校時代の同級生だそうです。
いいね! 仲良しの山歩き。

 

     11月 12日(土)

 

 

           高原テント場

 

Dsc_0111

10を超えるテント数、 夕方更に増える

 

           再会

 

2012年3月24日にお会いしました。

Imgp6379

KOU     MORI       大津

テント泊でこられた幼馴染のお二人。
KOU(左)さんとMORI さん。
それぞれブログを持っているそうです。
大津さんが最近購入したiPad2を借り操作、盛り上がっていました

         お久しぶりです

Dsc_0067

     KOU さん

「 何 飲まれているんですか?」 頼兼
「 昼間は発泡酒、夜はお湯に移行
 焼酎のお湯割りです 」 KOUさん
「 今日はゆっくり午後3時ぐらいに来たので 
 明日は暗いうちから登ろうかと思っています 」 KOUさん

「 夏は丹沢離れて北アルプスへに登りました。」KOUさん
「 どこが良かったですか?」  頼兼
「 槍ヶ岳です。いい思い出になりました」 KOUさん

KOUさんから写真送っていただきました。

Dsc_0325_6

槍ヶ岳を望む

 

Dsc_0314_2

今年の夏は北アルプスの槍ヶ岳に登りました。
3000m級の山でも、大倉尾根で培ったスタミナで頑張れました!

                           KOU さん

 

          破顔一笑
         今夜は すき焼きだ

 

Dsc_0085

以前にも登場していただきました。

 高校の山岳部仲間です。30年ぶりに昨年から山再開しました
今日は朝9時半に来て 塔ノ岳に登って来ました。
「 富士山見れずに残念 !」
見てください。お二人の嬉しそうな顔!  何故?
前に置かれているのは山形牛。
そうです、今夜な豪華なすき焼きです!

 

        賑やかなテント張り

 

Dsc_0074

パパと一緒にテントの設営
子供達 元気一杯。 走りまわっていました。

Dsc_0101

 パパ  4年生 2年生  年長組

ここのテントは初めてです

「ここのブログ見ました。丹沢でテントを
 張れるのは ここだけなんですよね  」 パパ

 

      キャンプ初めてです
      トレーニングで来ました。

Dsc_0110

小田原から来ました。
去年は鍋割山や塔ノ岳に登りました

「 ブログ見ています。 何か料理を作ったり
  食べたりと  いろいろ出ていますね! 」女性(笑)

「 オートキャンプはやったことあるんですが
  以前ここを通った時、山のキャンプを初めて見て
  やってみたいなと思っていました。 」 男性

「 今日着たら ここのベンチが空いていたので
  使っています。いいんでしょうか?     」 男性

「 もちろんです。先着優先です。
  私達仲間と作ったものが 皆さんに使って
  いただけるのは大変嬉しいです     」  頼兼

 「今回はここでのテント泊がメインです。
  いろんなところに行きたいので
  まずここでトレーニングしようと来ました。」 男性

 

      冒険野郎の血が騒ぐ! 未知の道を歩く

 

Dsc_0116
     岩田      小泉

小泉さん今日は遅く、今来ました。

「 今日も水の出が良くなかったので
  水場へちょっと行って直してきました。
  夏目さんに危ないって何回も注意
  されているんですけど   」  岩田さん

   とても ありがたいです。 一同感謝

「 丹沢は蛭ガ岳から先がいい 」 健脚同士
  丹沢の面白いルートの話し合い

「 地図片手に自分で未知の道を探して歩くのは楽しいです」岩田さん

「 今は安全地帯を歩いていますが、以前は怪我して動けなくなったら、
  1週間は見つからないだろうなと思われるところばかり歩いていた 」 
  小泉さん
小泉さんの歩いたルートを 興味深く聞く岩田さん

「 ユーシンロッジ 今営業していないけど 避難小屋としても使えるよ。
  炊事場も使える 」 小泉さん

 

         夏目 マジック
       小枝でさっと火を起こす

 

Dsc_0123

小さな小枝を集めて マッチと新聞紙で七輪に
火を起こす。手をかざしながら 夏目さんの
しぐさをじっと見つめている三人。

Dsc_0129

「 暖かい ! 」

手作りのぬくもりを感じ取る子供達

Dsc_0151

   楽しい食事  家族が一つになって

Dsc_0160

暗くなって 三人の若者がテント泊 申し込み

Dsc_0169_2

         小泉さん

2016年11月13日 (日)

11月5日(土゙)  テント場 荷揚げ

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

      11月5日(土゙)

 

    べニア板の荷揚げ

 

     セットで一苦労

Dsc_0005
前の樹を使って ロープで丁度いい高さにセット

 「 堀山の家 小屋改装に必要な材料 」

 荷揚げが遅れている材木を優先。
 今日の荷揚げはべニア板( 180×90 )

べニア板を背負子にセットするのに一苦労!

  〇通常の背負子へのセットでは、板が長く
    重心が高すぎて、横に振られて歩けない。

  〇 荷を背負って座れるか? 休む場所が限られる。

  〇セットが低すぎると引きずって山道を歩けない

なかなかうまくいかずセットに20分もかかってしまった

Dsc_0007

休む為 座れる高さにセット  観音茶屋

Dsc_0008

結果的にこのくらい    大倉高原山の家前

 

  一本立てる( 休む意味 )
  ストックを背負子の荷の下に置き 重さを軽くし立って休む事

 

〇 一定の段差(30㎝ぐらい)があれば 座るところがなくても

    後ろの板だけを地面に載せて重さを軽減し,立って休むことが出来る

 

 

    大倉高原山の家テント場

Dsc_0013

丸山さんがテントをセット

Dsc_0016

岩田さん

Dsc_0060

「 見て見て ! 」

佐藤 慧(あきら)君 昆虫の頭を手に、今日もハッスル

Dsc_0063

丸山さん一行 楽しい食事・歓談風景

Dsc_0035

以前にもお会いしました。

Dsc_0037

20年以上前から使用
風よけ。

「 登山道具は古い道具が多い。 
 大切に使っています          」

Dsc_0045

お湯をわかしてお茶を一杯

夕飯はスパゲテイを作る予定

Dsc_0046

明日の予定は?

 「 天気と気分次第 起きてから考えます 」

 

 見晴らし階段付近

 

Dsc_0068

荷揚げ途中 植物を観察している歩く
大津さん 田村さんにお会いする

16110530_1024x686_2

荷揚途中 前日(金曜日)から堀山の家に泊まり

小屋の改装を一人でやって、今日下山してきた

渋谷さんに会う。                大津さん撮影

Dsc_0069

一本松休憩場

Dsc_0072
17:00

日没近く 西の空に夕焼けが見える

 

        材木作り

 

    自然の倒木を活用 !

Dsc_0028

駒止茶屋近くの尾根道わきに

丸田を切って、皮を剥ぎ乾燥させている。

Dsc_0024

乾燥した丸太を切って チェーンソーで切り
加工した木を 置いている。

小屋改装の材木として使用する。

Dsc_0077_2

堀山の家 近くで 石川先生にお会いする。
加工した木を 肩に担いで運んでいる。
相当な重さ! 先生肩は大丈夫?

 

     堀山の家

 

Horiyama20161106_013

 

17:50   小屋へ到着

温かい料理を頂いて 小屋の皆さんと話し30分後下山。

   へっドランプ 電池の予備は欠かせない

   電池が弱くなると、灯りが弱くなり危険

真っ暗な道を一人で歩く。 誰にも会わない。

絶対に怪我をしない! 両手にストック。
しっかり前を見て一歩一歩ゆっくり歩く.

 高原に寄って 夏目さんと30分ほど話し下山
大倉バス停への到着  21時30分

 

予定期日の変更

 

雨降りの時に利用できる屋根を設置。
この下に 置くテーブルベンチを作る期日

当初
11月20日(日)に予定していましたが

11月27日(日) 変更いたします。 

                応援よろしくお願いします。 梶本

Dsc_0029

2016年11月 9日 (水)

11月5日(土゙)  手tk

11月5日(土゙)  手tk

2016年11月 3日 (木)

10月30日(日) 屋根付きベンチ作り

 

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

      10月30日(日)

>

        登山道前

 

Dsc_0088

梶本さんが屋根作りに使う材木を車で運んできた。

西川さん 田村さん 頼兼で 材木を分担して
荷揚げを手伝う。

 

      観音茶屋

 

Dsc_0095

小休止。 西川さんは両肩に担いで運ぶ!

すごい。

Dsc_0099

屋根の部分 ビニール波板と
梶本さんの大工道具は頼兼が担当
丸めて背負子で運ぶ。

 

    大倉高原テント場

 

Dsc_0101

昨日テント泊
テントを畳む小泉さん。
屋根作りに参加

Dsc_0114_2

蓮沼さん

堀山の家 故ひげさんと親しかった。
お会いするのは4~5年ぶり。
お酒大好き。 冗談も大好き。
「 指名手配が解けたので復帰してきた 」
「 ひげさん乾杯! 」
ビール片手に大放談。 笑いを振りまく。

Dsc_0120

酒井さん
塔ノ岳から下りてきて 屋根作りに参加。

 

    屋根作りスタート

 

組み立てに必要な部品は、
予め梶本さんがほとんど作っている。
後はそれを組み立てるだけ。

自分の本職の仕事の合間に
少しずつ作っているそうだ。

Dsc_0136
最初に大枠を組み立てる

Dsc_0138

Dsc_0155
ビニール波板を張る    大津さんも参加

Dsc_0187
小泉さん びょうを打ち付ける。
流れを見て 率先して行う。 仕事が素早い。

Dsc_0208
すべてにびょうを打ち付ける

Dsc_0209
屋根を支える下の部分を作る為
裏返しにする。

Dsc_0210
裏返しにした状態

Dsc_0218
予め作られている部品をドリルで打ち付ける

Dsc_0225
ここに柱を立てる

Dsc_0228
四隅に設置終わる

Dsc_0229
四隅に柱を設置していく。

Dsc_0202
土に 触れる4本の柱の下に保護材を取り付ける。

Dsc_0267
はすかいを取り付け、安定させる。

Dsc_0277

Dsc_0291
安定させる為 横板を取り付け強化

Dsc_0299
四隅に はすかいと横板を取り付ける。

Dsc_0300
仕上がり 完成

Dsc_0302
屋根を上にする為、ひっくり返す

Dsc_0311
予定した場所へ移動

Dsc_0320
夏目さんも見に来る。

「 強い風に倒れないようにする為
  ロープで周りの樹に
  つなげる必要があるね     」   夏目さん

Dsc_0333
雨水が流れるように少し 傾斜をつける。
所定の場所に設置   16時に終わる。

「 予定より早い時間に終わった! 明るいうちに帰れるよ 」

                                梶本さん

西川さん 田村さん 小泉さん 酒井さん 大津さん
応援ありがとうございます                 頼兼

 

 この後の予定

 

今回は雨降りの時に利用できる屋根を設置。
次は この下に 置くテーブルベンチ
11月20日(日)に設置予定。 

                また応援お願いします。 梶本

 

10月29日 高原テント・ 夜の荷揚げ

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

         29日(土゙)

 

Dsc_0003_2

ボラテイア活動の募集。 秦野戸川公園に。

 

          秦野戸川公園

      ボランテイア活動の成果!

Imgp0169

              2011年4月17日撮影

Imgp0517

           2011年4月17日撮影

 

 

   「堀山ノ家」 小屋ストック置き場

 

Dsc_0007_2
登山道入り口に見晴茶屋と共有で借りています

水谷さん

ボッカ駅伝 40kgクラス 強豪「 金盃登山クラブ」の第三奏者。

今日は堀山の家の荷揚をやっていただくことに
なりました。
千葉県から電車で来ているそうです。

Dsc_0010

ストック場の横に置いてある砂袋を
3袋 取り出す

Dsc_0014

20kgの砂袋を3袋  合計60kgになります

Dsc_0017

  10;23   早速 出発

とても60kg背負っているように見えません

Dsc_0020

同じく小屋ストック置き場の前に トタン板が17枚

今日はその内3枚を荷揚げすることに 
背負子にセット。           頼兼

 

       観音茶屋

 

Dsc_0028

大津さん、小泉さんにお会いする。

「 学生の一団が下に来ていますよ。
  高原テントにに行くみたい     」 小泉さん

16102916_1024x746
トタン板が長く、背負子を背負うのに大苦戦
台のある場所でしか休めない

16102923_1024x705

 やっと背負って 出発       大津さん撮影

 

      大倉高原テント場

 

Dsc_0035

高原に到着

Dsc_0065

久しぶりにたくさんのテントが

Dsc_0036

学生もテント泊  合計9張  最終12張

久しぶりにたくさんの学生さんが

 

ゴビ砂漠マラソン250kmを走りました

 

Dsc_0042

社会人のグループです。

 「 ここは初めてです 」
 「 私は通りかかったことあります」
「 どちらから来られたんですか?」
「 グリーンのコート着た 彼は愛知県から 」 女性
「 横浜とか東京とか」 皆さん社会人

「 皆さんどんな仲間なんですか?」
「 ゴビ砂漠マラソンの仲間です。 まだいるんですが 一部です」 
  250km 泊まりながら皆で分担して走ります  」
「 私は 応援で参加しました」 女性

「 今回はどうして集まったんですか?」
「 ゴビ砂漠マラソン以来 久しぶりテント張ってみたかったんです」 女性
「 名古屋からも来やすいし、ここはどうなかと 」 女性
 今夜は飲むぞ!左の男性は日本酒大好き?

「 4大砂漠 ... 中国からモンゴルに広がるゴビ大砂漠を6日間をかけて自らの
 足 だけで走破する過酷なマラソン
  荒涼としたゴビ砂漠の中を走り抜く過酷な155マイル(約250km)の
   エクストチーム マラソンレース 」

 

「 晩御飯はよせ鍋 ・ ラーメン おじやも 」 

Dsc_0062

「 空気もうまいし何をたべてもおいしい」  皆さん
「 明日天気が良ければ 塔ノ岳から丹沢へ」  皆さん

「 どれだけ今日ご飯が食べれるかで決まります(笑い) 」 

Dsc_0066

笑顔が絶えない、明るい4人でした。

 

      見晴階段

 

 

Dsc_0069_2

荷物背負った私を見て声をかけていただきました。

 「 仕事じゃないんです。好きでやっています」頼兼

 東京と埼玉から来ました。社会人です。
 丹沢初めてです。
 鍋割山荘で 鍋焼きうどん食べてきました。
 金冷やしから。

Dsc_0079
16:05

後ろから来て追い越されました。
水谷さん 今日2回目の荷揚です。
最初の荷揚は 堀山の家に午後一時ぐらいに着いて
直ぐに下山。2回目でまた上がってきました。

 

        堀山の家

 

Dsc_0083

17:55     堀山ノ家到着。

 

30分ほど小屋の皆さんとお話し

 

Horiyama20161030_014

白井さん 頼兼  渋谷さん  水谷さん

水谷さん

今日 一日2回荷揚げk。 20kg砂袋を最初3袋・2回目2袋。
 一日で合計100kg荷揚げした水谷さん。 
ただただびっくり。 今日は泊まり
「水谷さん明日また砂の荷揚げやってくれるんですって!」 
 嬉しそうな なっちゃん

Horiyama20161030_002
小屋の補修を手伝っていただいている渋谷さん
プロの料理人ながら大工仕事もプロはだし。

白井さん

「 厚木飯山温泉 の上山の畑で 自然薯(じねんじょ)をもってきて
  家の畑に植えたんだけど4~5年経つと普通の芋になっちゃった。
  また取ってこなくちゃ」  白井さんの興味深い話聞く。

棒状の長芋・ 山芋・人手の形をした大和芋、自然薯(じねんじょ)と
種類いろいろあるなかで、すり下ろしたときにすごく粘々しているのが
自然薯です。希少な物で値段が高いようです。

 

 絶対怪我をしない!

帰りは ライトの灯りを頼りに、
しっかり前を見てゆっくり下山。
二本の杖が大きな支え。

大倉高原に寄り、夏目さんとちょっと話して
結局 大倉に着いたのは9時45分

2016年11月 2日 (水)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »