« | トップページ | 10月30日(日) 屋根付きベンチ作り »

2016年11月 3日 (木)

10月29日 高原テント・ 夜の荷揚げ

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

         29日(土゙)

 

Dsc_0003_2

ボラテイア活動の募集。 秦野戸川公園に。

 

          秦野戸川公園

      ボランテイア活動の成果!

Imgp0169

              2011年4月17日撮影

Imgp0517

           2011年4月17日撮影

 

 

   「堀山ノ家」 小屋ストック置き場

 

Dsc_0007_2
登山道入り口に見晴茶屋と共有で借りています

水谷さん

ボッカ駅伝 40kgクラス 強豪「 金盃登山クラブ」の第三奏者。

今日は堀山の家の荷揚をやっていただくことに
なりました。
千葉県から電車で来ているそうです。

Dsc_0010

ストック場の横に置いてある砂袋を
3袋 取り出す

Dsc_0014

20kgの砂袋を3袋  合計60kgになります

Dsc_0017

  10;23   早速 出発

とても60kg背負っているように見えません

Dsc_0020

同じく小屋ストック置き場の前に トタン板が17枚

今日はその内3枚を荷揚げすることに 
背負子にセット。           頼兼

 

       観音茶屋

 

Dsc_0028

大津さん、小泉さんにお会いする。

「 学生の一団が下に来ていますよ。
  高原テントにに行くみたい     」 小泉さん

16102916_1024x746
トタン板が長く、背負子を背負うのに大苦戦
台のある場所でしか休めない

16102923_1024x705

 やっと背負って 出発       大津さん撮影

 

      大倉高原テント場

 

Dsc_0035

高原に到着

Dsc_0065

久しぶりにたくさんのテントが

Dsc_0036

学生もテント泊  合計9張  最終12張

久しぶりにたくさんの学生さんが

 

ゴビ砂漠マラソン250kmを走りました

 

Dsc_0042

社会人のグループです。

 「 ここは初めてです 」
 「 私は通りかかったことあります」
「 どちらから来られたんですか?」
「 グリーンのコート着た 彼は愛知県から 」 女性
「 横浜とか東京とか」 皆さん社会人

「 皆さんどんな仲間なんですか?」
「 ゴビ砂漠マラソンの仲間です。 まだいるんですが 一部です」 
  250km 泊まりながら皆で分担して走ります  」
「 私は 応援で参加しました」 女性

「 今回はどうして集まったんですか?」
「 ゴビ砂漠マラソン以来 久しぶりテント張ってみたかったんです」 女性
「 名古屋からも来やすいし、ここはどうなかと 」 女性
 今夜は飲むぞ!左の男性は日本酒大好き?

「 4大砂漠 ... 中国からモンゴルに広がるゴビ大砂漠を6日間をかけて自らの
 足 だけで走破する過酷なマラソン
  荒涼としたゴビ砂漠の中を走り抜く過酷な155マイル(約250km)の
   エクストチーム マラソンレース 」

 

「 晩御飯はよせ鍋 ・ ラーメン おじやも 」 

Dsc_0062

「 空気もうまいし何をたべてもおいしい」  皆さん
「 明日天気が良ければ 塔ノ岳から丹沢へ」  皆さん

「 どれだけ今日ご飯が食べれるかで決まります(笑い) 」 

Dsc_0066

笑顔が絶えない、明るい4人でした。

 

      見晴階段

 

 

Dsc_0069_2

荷物背負った私を見て声をかけていただきました。

 「 仕事じゃないんです。好きでやっています」頼兼

 東京と埼玉から来ました。社会人です。
 丹沢初めてです。
 鍋割山荘で 鍋焼きうどん食べてきました。
 金冷やしから。

Dsc_0079
16:05

後ろから来て追い越されました。
水谷さん 今日2回目の荷揚です。
最初の荷揚は 堀山の家に午後一時ぐらいに着いて
直ぐに下山。2回目でまた上がってきました。

 

        堀山の家

 

Dsc_0083

17:55     堀山ノ家到着。

 

30分ほど小屋の皆さんとお話し

 

Horiyama20161030_014

白井さん 頼兼  渋谷さん  水谷さん

水谷さん

今日 一日2回荷揚げk。 20kg砂袋を最初3袋・2回目2袋。
 一日で合計100kg荷揚げした水谷さん。 
ただただびっくり。 今日は泊まり
「水谷さん明日また砂の荷揚げやってくれるんですって!」 
 嬉しそうな なっちゃん

Horiyama20161030_002
小屋の補修を手伝っていただいている渋谷さん
プロの料理人ながら大工仕事もプロはだし。

白井さん

「 厚木飯山温泉 の上山の畑で 自然薯(じねんじょ)をもってきて
  家の畑に植えたんだけど4~5年経つと普通の芋になっちゃった。
  また取ってこなくちゃ」  白井さんの興味深い話聞く。

棒状の長芋・ 山芋・人手の形をした大和芋、自然薯(じねんじょ)と
種類いろいろあるなかで、すり下ろしたときにすごく粘々しているのが
自然薯です。希少な物で値段が高いようです。

 

 絶対怪我をしない!

帰りは ライトの灯りを頼りに、
しっかり前を見てゆっくり下山。
二本の杖が大きな支え。

大倉高原に寄り、夏目さんとちょっと話して
結局 大倉に着いたのは9時45分

« | トップページ | 10月30日(日) 屋根付きベンチ作り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215914/64431683

この記事へのトラックバック一覧です: 10月29日 高原テント・ 夜の荷揚げ:

« | トップページ | 10月30日(日) 屋根付きベンチ作り »