« 12月10日 (土)高原テント場 | トップページ | 12月23日(金) 高原テント場 »

2016年12月21日 (水)

12月18日(日)  餅つき

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

      12月18日(日)

 

 

        餅つき

 

    戸沢山荘前 広場

 

川あり、広大な広場。周りの景色が素晴らしい。

好天に恵まれ、絶好の餅つき日和!

13人が集まる。

 

Dsc_0010

40kgのもち米をお餅に。 

 

Dsc_0013

若林さん 前日は塔ノ岳を登り下山、その足で
戸沢山荘まで来て、駐車場でマイカー宿泊。
登山の時は、いつも布団を積んであるそうだ。

早朝から戸沢山荘関係者と一緒に餅つき。
皆が集まる前、4人で餅つき。

 

 

 

       全員到着

 

Dsc_0035

10j時には全員揃う。 酒井さんはご夫婦で参加
梶本さんの息子さんは、奥さんと娘さんも一緒。
蒸しあがり状態を見る梶本さん。

 

蒸し上がり、臼へ運ぶ西川さん。

 

 

    若林さん                     酒井さん

餅をこねる。おいしいお餅の一番のポイント、お餅をつくより大変。
パワーだけでなく技が必要。

     梶本親子で餅つき。 息子さんが返し。

 

梶本さん息子さんの奥さんと娘さん (由理菜ちゃん1歳4ケ月)
お母さんの餅つきを見る

 

つき上がったお餅を袋詰め。 酒井さん奥さん

<

由里菜ちゃん  きな粉餅をどうぞ!  酒井さん奥さん

 

Dsc_0056_2

お汁粉を作る

大福を作る。 酒井さん奥さんの見事な出来栄え!

Dsc_0204

アンコいれて大福作り。

 

お餅の袋詰め。  お土産用にきれいに伸ばす。

 

Dsc_0027

  若林さん    酒井さん奥さん

つきたてお餅を袋詰め
  

 

Dsc_0061

お餅を袋に入れ伸ばす。  頼兼

 

Dsc_0195

よもぎを入れた草餅を袋詰め。よもぎの香りが懐かしい!

 

        恵里菜ちゃん  平内さん   

 

            親子で餅つき

 

Dsc_0083

  由理菜ちゃん 楽しいね !

 

つき上がった後、臼にこびりついたお餅を、お湯を入れてそぎ落とす。

 

>

Dsc_0055

車から袋に入った材木の歯切れを運ぶ。薪替わりに使う。

 

Dsc_0044

まき用に枝を集めてくる   梶本さん

 

Dsc_0170

蒸篭で15個分。 次の蒸篭蒸し上がりを待つ。
信頼の仲間達、皆で協力。 最高に楽しい時間だ。

 

Dsc_0091

次々と蒸し上がる。 釜にお湯を足していく。

 

Dsc_0179

洗って次の蒸篭に入れるもち米

 

 

Dsc_0045_2

交代で餅をつく

 

                 酒井さん

                                   若林さん

                                    西川さん

 

                 田村さん

 

            ブログ担当   頼兼

 

パワフルな二人。 スピードと音が違う。

 

登山者が山を下りてくる。自分の車に戻る

 

Dsc_0258

下りてきた登山者にお餅を振る舞う。

 

« 12月10日 (土)高原テント場 | トップページ | 12月23日(金) 高原テント場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215914/64648261

この記事へのトラックバック一覧です: 12月18日(日)  餅つき:

« 12月10日 (土)高原テント場 | トップページ | 12月23日(金) 高原テント場 »