« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月24日 (火)

1月14日(土)  高原テント場

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

   大倉高原テント場

 

 

      1月14日(土)

 

Dsc_0011

テントが一張り

 

 

  2014年2月22日  記録

 

Img_0915
藤沢からこられた富士渓(ふじたに)さん

「ゴールデンウイークに八ヶ岳へ行こうと思っています。
残雪期にあたるので 冬山のイメージがつかめるかなと思い
雪の高原テント場にきました」

今日はテント泊。 明日はできれば丹沢山へ。
大雪の後なので状況を見て 慎重に行動します」

「 丹沢はよく来るんですか?」 頼兼
「 寒くなるときます 」 富士渓さん

「 夏は真鶴でスノーケリング、 ウエットスーツを着て
  ゴーグルで青い魚、黄色い魚、いろんなきれいな魚を
 観察して楽しんでいます 」 富士渓さん

 インドネシア バリ島沖のダイビング漂流事故が話題になりました。
 現場は 「ドリフトダイビング」 と呼ばれる手法で潜るポイント。
 潮流を利用して 移動することで危険を伴うため、中・上級者
 にしか許されていない方法という。

「 波が湾に入ってくると 押されて出ていく波があります。
 出ていく波に乗ってしまうと沖へどんどん流されてしまいます。
 離岸流とかタレント(流れの意味)といいます    」
             富士渓さんにくわしく教えていただきました。

 

 またお会いしましたね

 

Dsc_0032

「 頼兼さん 覚えていますか? 富士渓です」

 職場の友人 船田さんと

  

Dsc_0015

友人 船田さん

「 丹沢は3回ほど ここにテント泊は初めてです

 富士渓さんの影響受けて登山は去年の夏からです  」 

Dsc_0046
 食事の準備中

 テントの中に居た富士渓さんの息子さん
 休んでいたのでお話しできませんでした。 残念!

 

「 山が白くなると 山に行きたくなります」

 


「 今 綾瀬に住んでいます。もっぱら 丹沢ばっかりです。
 明日は 日が変わったら夜中に出ようかなと、状況次第です。
 風が強ければ考えます。
 塔ノ岳目指します。 コンデション次第では丹沢山 ・
 蛭ガ岳まで考えます。帰ってきてテント撤収です     」 富士渓さん
 
 

 

震災を経験

 

「 出身は?  」 頼兼

「 宮城県出身です。 震災大変でした。
 幸い 身内で亡くなった人いないんですが同級生や
 前勤めていた職場の同僚が亡くなっています 」 富士渓さん 

 

自転車で三浦半島走りました

 

「 昨年年末 息子と自宅から伊豆半島の先まで行って
 戻って来る 約160kmを走りました。
 年末12月24日に出発。キャンプ場で一泊 夜通し走って26日に
 自宅へ帰って来ました  」     富士渓

「 どうでしたか!」 頼兼

「 毎日自転車に乗っているので 身体は痛くならなかったですが
 ただただ疲れました。 眠かったです 」 富士渓さん 

 

 

 冷えてきました

 

Dsc_0050
16:24

小屋前 温度計は1度。 ぐっと冷えてきた。

 

 

海霧発生

 

Dsc_0008
15:54

暖かだった昨日、今日は気温が急激に下り
一気に寒くなった。
暖かな海面が冷たい空気と触れ海霧が発生。

Dsc_0052_2
16:38

  夕焼けで海霧が赤く染まる

2017年1月 6日 (金)

12月30日(金)  荷揚・高原テント場

 

写真クリックすると、画像大きくなります  

 

 

       12月30日(金)

 

 

今年最後の堀山の家へ荷揚げ

 

Dsc_0003_3

丹沢ベース

中味はお正月商品がぎっしり詰まった2ケース。

Dsc_0018

紅葉の葉がすっかり落ちた見晴し階段

Dsc_0022

一本松休憩場

Dsc_0023
駒止休憩場

青い空 三ノ塔がくっきり見える

 

   堀山の家到着

 

Dsc_0031

今日は誰もいない。

 年末・年始営業は明日31日から2日まで。
 小屋改装に使用している
  ブロック、セメント袋、砂袋が整然と並ぶ

 

      小屋内部

 

船長、渋谷さん 金井さん 臼井さん、沼ちゃん等を中心に小屋改装。
古い柱が取り替えられ、窓もとりかえられ大きくかわりましたl

すっかりきれいに変わりました

まだ完成ではないが新年にあたり整理整頓

Dsc_0033
年末を迎え、整理整頓されている

Dsc_0034
なっちゃんが住んでいた部屋が取り壊され
奥まで見渡せる。

Dsc_0037

壁面には新しい窓が

Dsc_0036

入り口がすっきり。

Dsc_0039

山側も削り取られ
しっかり道が確保されていた。

大変だったと思う。 皆さんのご苦労を想う。

 

     テント場に到着

 

Dsc_0041
午後5時過ぎ 高原テント場に到着

  テントは2張

 

    温かい味噌汁を作る

 

Dsc_0048_2

大倉で100円で買ってきたほうれん草
を洗って鍋へ

Dsc_0042

業務スパーで購入。普段家で使っている冷凍野菜を持参

ジャガイモ ・かぼちゃ・ ナス ・・ 刻み青ネギ

 

Dsc_0057
先日の餅つきでついたお餅を ほうれん草と一緒に
入れインスタント味噌汁を人パックいれる

 

        温かい味噌汁に舌鼓

 

     小山さん到着

 

 

Dsc_0081

午後5時半、

「 頼兼さん ?  小山です。
  青根から歩いてきました。 11時間もかかって
  しまいました。  今夜はここでテント泊です。
  テント設営したら 食事準備です        」 小山さん

2017年1月 1日 (日)

1otuki

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »